伊江島タッチューのような山盛りのレタス!吉祥寺のタコライス専門店「ハモニカクイナ」

こんにちは。タコライスライター、略してタコライターのyozacchiです。

このページではタコライス大好きなyozacchiが、独断と偏見で選んだ美味しいタコライスのお店についてご紹介します。

さて、今回はご紹介するのは関東のタコライス3強と呼ばれるタコライス専門店最後のお店、吉祥寺にあるハモニカクイナ。

今まで行った板橋のタコスマイル上野の3Bタコスとどう違うのか?タコライス好きとして非常に楽しみ。

役者の養成所時代に毎日乗っていた中央線に久々に揺られて、吉祥寺に行ってきました。




JR吉祥寺駅から徒歩3分の位置にある「ハモニカクイナ」

住みたい街ランキングのトップ3に必ず入ってくる街、吉祥寺。

実は降りたことは2、3度しかないんですが人が多いですねぇ。

さすが人気の街、吉祥寺。

駅前には大きいクリスマスツリーが飾られていました。

お店の場所は吉祥寺駅北口のハモニカ横丁の中

ハモニカクイナはハモニカ横丁と呼ばれる飲食街の中にあります。

小さい路地を入ると、そこにはディープな雰囲気漂う昭和の街みたい。

おしゃれな雰囲気のオープンな居酒屋や、こじんまりとした中華などさまざまなジャンルのお店が所せましと並んでいます。

長い行列ができているお店もいくつか見かけ、至るところから美味しそうな匂いが。

その匂いに惹かれながらも、目指すはタコライス専門店ハモニカクイナ。

このためにお腹を空かせてきたんです。

にしても、本当に美味しそうな店がたくさん。今度はハモニカ横丁目当てに来ようかしら。

ハモニカ横丁|GO TOKYO

赤い看板とオリオン提灯が目印のハモニカクイナ。

横丁内をふらふら歩くこと約10分。やっと見つけたハモニカクイナ。

横丁自体はそこまで広くはないんですが、いくつかの路地が交差しているので曲がるところを間違えて迷ってしまいました(笑)

赤い看板とオリオンビールの提灯が目印のハモニカクイナ。

路地の中のちょっと開けたところにあるので、気を付けて見ていれば辿り着けるはずです。

ちなみに帰りは駅まで3分でした(笑)

まずはレジで「注文してから席へ」というスタイル

ハモニカクイナのタコライスメニューは季節のタコライスも合わせて6種類。

店内に入ると、まずレジで注文というスタイルなので、入る前に店の外のメニュー表で決めておいた方がいいかもしれません。

狭い店内だけど、ランチタイムは結構混むんですよ。

メニューのほかには、ライスの盛り、ソースの辛さ、トッピングが選べます。

今回はもちろん一番オーソドックスなチーズで普通盛り。ソースはHOT(辛め)にしました。

注文を済ませ、席に着くとクイナのタコライスの召し上がり方なるパネルが。

郷に入っては郷に従え。

タコライスが来るまでの間、クイナ流のタコライスの食べ方を学びます。

野菜たっぷりが売りのタコライス

「時間とらずに野菜とろう」をコンセプトに2006年3月27日吉祥寺で創業したタコライス専門店「ハモニカクイナ」。

ここのタコライスの特徴は千切りのレタスが山盛りのところ。

文字通り、野菜がたくさん取れるヘルシーさがウリです。

僕の席に届いたタコライスはたしかにレタス山盛り!

横から見ると、まるであの伊江島タッチュー1)沖縄北部にある有名な山を思わせる盛り!

関連画像

そんな伊江島タッチュー張りのレタスの山盛りをさっき読んだ作法の通りに平たくならします。

そして、そこにサルサソースをかけます。

ちなみにサルサソースは細切れのトマトが入ったタイプ。

早速いただきます!

多分、今まで食べたタコライスの中で一番細かいレタスの千切りでそのシャクシャクとした食感と、下のご飯とタコミートの層と混ざり合って美味しい。

だけど正直言うと、ちょっとレタスの量が多いのと水っぽいので味が薄い印象でした。

レタス抜きで食べてみましたが、タコミートとチーズが弱いのか僕にはちょっと物足りないかも。。

おすすめにも合ったマヨネーズとかもかけて食べてみましたが、やっぱり物足りない。

美味しい。けど、惜しい。

美味しいおしゃれなカフェのタコライスといった感じで、僕みたいにジャンキーなタコライスを求めて行った人には味・量ともにちょっと物足りないかもしれません。

逆に女性にはヘルシーで、辛すぎず美味しくいただけるかも!

季節のタコライスやトッピングなどバリエーションが豊富。

後で調べてみると、その季節限定の「季節のタコライス」がバリエーション豊富で人気なよう。

毎月新メニューを開発しているようで、そのアイディア豊かな新しいタコライスは確かに試してみたいものばかり。

Twitterなどに新作情報などをアップしているようです。

 

View this post on Instagram

 

ハモニカ・クイナさん(@tacorice917)がシェアした投稿

今回も冒険してみればよかった!ぜひ今度は季節のタコライスでリベンジしたいところ!

そして、ここハモニカクイナはタコライスだけではなく、同じ建物の2階に琉Q麺伝というお店でソーキそばの提供も行っています!

タコライスと並ぶくらい沖縄県民のソウルフードの沖縄そば。

こちらで沖縄そばというのをまだ食べたことがないけど、一体どんな感じなんだろう?気になる。。

これはまた、ハモニカクイナに行くしかない!

でも、ハモニカ横丁の他のお店も気になるから次訪れる時はもっとお腹ペコペコにして行かねば。

店舗情報

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

アクセス:JR吉祥寺駅北口から徒歩3分

TEL:0422-21-6607

営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:30~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)

定休日:不定休

席数:26席

公式アカウント:Twitter Quina@tacorice917

Instagram tacorice917

References   [ + ]

1. 沖縄北部にある有名な山

スポンサーリンク




シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト