20代最後の冒険。青春18きっぷで日本縦断前半戦:0日目【前日移動】




20代の最後の記念にと勢いで始めた青春18きっぷでの日本縦断旅行前半戦。

20代最後に何かしたい。そう思って青春18きっぷを使って日本縦断旅行をすることにした。

2018.03.18

日本縦断旅行の0日目の今日は明日の出発駅でもある鹿児島中央駅に前乗りするために、飛行機で成田空港から飛行機で鹿児島へ移動する日です。




いよいよ出発。

音声はこちら。

いよいよ、日本縦断旅行のスタート。

そう思うと、何だかドキドキしてくる。

今までの人生で1度しか行ったことがない鹿児島。確かその時は大学生で児童演劇の旅公演で来たような。

まさか10年後に今度は日本縦断するために鹿児島に行くとは。

大学生の頃の自分に言ってやりたい。「お前、10年後に日本縦断なんて大変なことするためにまた鹿児島に来るよ」って。

さて、家を出る前に最終確認。

なにせ次にこの部屋に帰ってくるときはもう俺は30歳。

何か忘れてないか念入りにチェックして家を出発しました。

大宮→東京駅→成田空港

電車と高速バスを乗り継いで、成田空港へ。

ここの流れは地元の沖縄に帰省する時いつも通ってるルートなので割愛。

さすが東京駅。人が多い。

京成バス(片道1000円)で東京→成田へ

見慣れた成田空港第3ターミナル。

ただ、いつもと違うのはこれから人生で2回目の鹿児島に行くという事。

やべえ、ワクワクしてきた。

鹿児島空港に到着。

LCCのジェットスターで成田空港から約2時間のフライトを経て鹿児島空港へ到着。

鹿児島には一度来たことあるけど、空港に降り立つのは初めて。

空港はその県の空気感みたいなものが感じられて好きなんですよ。

その県の空の玄関でもあるので、ここでの印象が旅のその後に影響するといっても過言ではない。

南だからか、我が地元の沖縄を思わせる温かさが心地いい。これは良い旅になりそうだなぁ。

そう思ったのもつかの間、ゲート外の売店を眺めていたら、一瞬でそんな思いは吹き飛びました。

「ちんこ団子」の画像検索結果

ちんこ団子。

 

おそらく29年生きてきた中で一番キレイな二度見をしたと思う。

ただ、二度見ようが三度見ようが文字は変わらない。

 

ちんこ団子。

 

なんだ、ソレは。鹿児島に入っていきなり衝撃を受けた。しかも地元のおばちゃんが道行く人におススメしているではないか。

我が故郷、沖縄のちんこすこうも大概だと思うが、こんな卑猥個性的な名前の団子を堂々と販売しているなんて見損なったぞ!鹿児島!

と思い、ワクワクしながら調べてみたら「ちんけ(小さい)」が訛ったからだからとか、原料の新粉と呼ばれる米の粉、「しんこ」が訛って「ちんこ」となったとか諸説あるそうだ。

見損なわれるべきは俺の方でした。すいません。

にしても男子はいつまでもうんこちんちんが大好きな生き物だから、この名前を見てはしゃいでいるのは俺だけじゃないはず。と、信じたい。

ちんこ団子の誘惑を振りきり、外に出ると、天然温泉足湯の看板が。

そう、鹿児島空港には足湯があるんです。

なんと素敵なところだろう、いきなり旅行者を労ってくれるなんて。

もう俺は鹿児島に忠誠を誓います。到着30分足らずで魅了されてしまった鹿児島。

今日はすでに4時間近く移動に使って、さらにまだこれからも移動がある。

ここらで疲れた体を足湯で癒そうではないか。

近くにあった薩摩揚げのお店で揚げたての薩摩揚げを2~3個買って食べながら、足湯に浸かる。

元気のいいおばちゃんですごい好感が持てる。

ここ最近温かかったのに、また冷えだしたので足湯の熱さがちょうどいい。

もう帰っていいかな。そう思うほど、疲れた体に足湯が染みわたる。

そういえば、周りの人が話す言葉も気付けば聞きなれない地元の言葉に変わっている。

そりゃそうか。ここは鹿児島。

俺、今鹿児島にいる。まだ鹿児島に着いて数十分。まだ観光地を巡ったり街を見たりしたわけではない。

でも見知らぬ土地というのは、その空気を感じたり、ただいるだけで楽しい。

ふと正面を見ると、鹿児島弁講座の看板がありました。

他はまったく違うけど、適当・ほどほどという意味の「てげてげ」という言葉だけ、沖縄の方言と似ている。

ちなみに沖縄では同じ意味で「てーげー」

沖縄と鹿児島って距離だけじゃなくて、いろいろ近いのかもなぁとぼんやり考えながら足湯でしばらくまったり。

鹿児島空港から鹿児島中央駅

調べていた知ったのだけど、どうやら鹿児島空港から出るにはバスしか方法がないらしい。

鹿児島市内行きのバスは2番乗り場から

という事で1250円で鹿児島空港から明日のスタート地点でもある鹿児島中央駅に向かうバスに乗ります。

外はまだしとしとと雨が降っている。こんなんで明日は大丈夫なんだろうか?

30~40分でバスは鹿児島中央駅に到着。

あれ?何か観覧車とかあるし、大きいショッピングモール目の前にあるし、大宮より都会じゃない??

明日はここ鹿児島中央駅からスタート。

本当は枕崎駅に前乗りしようと思っていたんだけど、ここから想像以上に遠いのと宿が取れなかった。

そのため、明日はここから始発で終点の枕崎に行き、そこから折り返して日本縦断がスタートするという寸法なのですよ。

まだ宿のチェックインの時間まで多少時間があるので、付近を散策することに。

前来た時も思ったけど、地方では路面電車があるっていうのは普通なんだろうか?

路面電車は結構好きなので羨ましい。沖縄にも出来ないかな。

そして、ここら一体だけなのかどうか、分からないが町のあちらこちらに銅像やパネルがある。

町全体が歴史展示館みたいで歩いているだけで結構楽しい。

天文館まで歩いて、いろいろと見て回っていると、そろそろチェックインの時間に。

鹿児島最大の繁華街「天文館」

慌てて来た道を戻って、本日の宿へ。

本日の宿

本日の宿は鹿児島中央駅から徒歩5分の位置にあるゲストハウス「リトルアジア」

中は子どもの頃行った少年の家のような作りだったけど、なにせ駅チカという1泊1500円という破格のお値段。

最高じゃないですか。

ひとまずチェックインを済ませて、ベッドに横になる。ふう。始まる前から結構クタクタ。

明日から日本縦断旅行が始まる。一体これからどんな旅になるんだろう。

明日は4時51分発の指宿枕崎線に乗らなきゃいけないので、今日は9時と早めに床に就くことに。

しかし、この時の僕は旅が始まって早々、最大のピンチを迎えることになるとはまだ想像してませんでした。

そう。多分もう想像つくと思うけど、それです。

続きはこちら。

20代最後の冒険。青春18きっぷで日本縦断前半戦:1日目【枕崎~博多】

2018.03.20

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト