20代最後の冒険。青春18きっぷで日本縦断前半戦:3日目【岡山~鳥取~大阪】

スポンサーリンク




前日までの旅はこちら。

3月23日、私よざっちは30歳になりました。

今回、20代最後の冒険と題して始めた日本縦断旅行ですが、いろいろ日程の変更があって前半戦を終える前に30歳になってしまいました。

だけど、ここからタイトル変えると、それはそれでややこしくなるので便宜上こう表記させていただきます。

さあ、30歳になって一発目に行ったのは鳥取砂丘。まるで日本じゃないみたいな景色という事なので楽しみです!

 

スポンサーリンク




岡山~上郡(山陽本線)

7:43発 岡山駅(岡山県)

8:41着 上郡駅(兵庫県)

30歳の誕生日当日の朝。

今までと心持ちが違うというか、少し晴れやかな気分。

今日も長い移動になるのと、いつもより少し出発がゆっくりなので、岡山駅内のマックで朝マック。

駅前の桃太郎御一行にも別れを告げて、

3日目、鳥取駅を目指します。

上郡~鳥取(智頭急行)

8:50発 上郡駅(兵庫県)

10:55着 鳥取駅(鳥取県)

姫路駅より数駅手前の上郡駅に到着。ここで乗り換えのために下車します。

なぜここで降りるかというと、鳥取方面に向かう智頭急行に乗り換えるためです。

実は事前にめちゃくちゃ調べたんですけど、鳥取方面ってJRの在来線だけだとものすごくアクセス悪いんですよ。

岡山から始発で出ても、鳥取に行くのに片道6時間。帰りも同じくらいかかることを想定すると移動だけで半日も費やしてしまう事になります。

すると、移動時間ばっか気になって砂丘を楽しめないじゃないですか。

なので、不本意ながらこの日だけは青春18きっぷで乗れる路線以外の智頭急行を使う事にしました。

これを使うだけで片道3時間くらい移動時間を減らせました。

正直、鳥取に行くなら智頭急行の利用をお勧めします。

 

こういう風に鳥取駅への道中を楽しむ旅なら別なんですけどね。

【乗車時間13時間57分の旅】青春18きっぷで東京駅から鳥取駅まで1日で強行移動してきました|とっとりずむ

 

でも俺の場合、鳥取に行って、また別の場所に行きたかったのでこういうルートになりました。

JRの在来線だけだと、正直大変かも。スーパーはくととかの智頭急行の特急だとさらに早く着くからね。

というわけで、智頭急行の1日フリーきっぷを1200円で購入。

上郡⇔智頭間で1300円かかるので、フリーきっぷの方が100円安いです。

しかも今回は帰りも同じ路線に乗るので、こちらの方が断然お得。

上郡からの運賃|智頭急行

電車は1両編成のワンマン運転。

本来はここから終点智頭駅で鳥取行きの電車に乗り換えするんですが、今回JR因美線に入る直通電車に乗れたので鳥取駅まで乗り換えなしです。ラッキー。

この智頭急行は、ほぼ全線が高架線とトンネルで走ってて非常に気持ちがいい!

途中、面白い駅もちらほら。

全国でも数少ない人名駅「宮本武蔵」駅。

宮本武蔵の生誕地との伝承があるらしく、駅のそばには若かりし頃の宮本武蔵の銅像があるんだとか。

そして、山間部を走る智頭急行の駅の中でもひときわ目を引いたのがこちら。

ピ、ピンク。

日本に4つしかない名前に恋が付く駅の1つ「恋山形」駅です。

恋がかなう駅としてPRされているんだけど、さすがに全部ピンクはやりすぎでないの…(笑)

恋がかなう駅 恋山形駅|智頭急行

 

ちょうどイベント車両のあまつぼしに遭遇!

自然豊かな智頭線沿線の澄みわたる夜空をイメージしてデザインされた「あまつぼし」

カッコいい。

ちなみに「あまつぼし」とは「天空の港に集まる星」の意味なんだそう。

鳥取駅(鳥取県)

上郡駅を出発してから約2時間。ついに鳥取駅に到着。

駅の構内に砂像を発見!

因幡の白兎をイメージしたウサギ。

ヤマトタケルノミコト。

ウサギもそうだけど、人の顔の細かい表情なども砂と水でここまで作れるってすごい!

本当は今回、砂の美術館も行きたかったんですけど、お休み期間中ということで残念だったので、まさかの砂像を見られて感動!

ちなみに砂の美術館ではこんなのが見られるそう!行きたかった!

もし鳥取砂丘に行く機会がある方は、期間狙って行ってみてほしい。

鳥取駅~鳥取砂丘(路線バス)

11:30発 鳥取駅

11:52着 鳥取砂丘・砂丘会館

そして、これから鳥取砂丘に向かうためバスに乗ります。

鳥取砂丘に向かうバスは0番乗り場から。

迷っていると親切な鳥取のおっちゃんが教えてくれました。

0番乗り場から出ています。

さらに教えてくれたのが、鳥取砂丘行のバスは「ループ麒麟獅子バス」と「路線バス」の2つあること。

ただ「ループ麒麟獅子バス」は休日のみの運転なので、平日は路線バスしか動いていません。

路線バスは30分おきの運行なのですが、、11:30と12:30の間だけは1時間感覚が空いてしまいます。

なので鳥取駅に着く時間も計算しとかないと駅前でだいぶ待つ羽目になってしまうので注意が必要。

事前にチェックしておいてよかった。

あとバスはSuica等ICカードは使えず、支払いは現金のみです。

もし鳥取砂丘に行く際には、バスに乗る前に片道370円、往復740円をしっかり用意しといてくださいね。

鳥取砂丘

滞在時間 約1時間30分

路線バスに揺られること約30分。

ついに鳥取砂丘・砂丘会館前に到着。

ここ砂丘会館にはレストランやお土産店が入ってます。

石に刻まれた鳥取砂丘の文字。

目の前の階段を上がれば、待ちに待った砂丘です。

ドキドキするね。

一気に見たいので、少し下を見ながら階段を一段一段登っていきます。

そして、てっぺんについて顔を上げると、

すげーーーーーーーーーーーー!

見渡す限り、砂!

砂漠だよ!砂漠!有料って言われたから写真は撮れなかったけど、ラクダとかいるのよ!もう砂漠じゃん!

Kana Uchidaさん(@kana_uchida7)がシェアした投稿

日本にいるはずなのに、海外に来たような気分。これは楽しい。

最初は靴で歩いてたんですけど、もうガンガンに砂が入ってくるので諦めて裸足になりました。

足裏に感じる砂が気持ちいい。

真っ新な砂に足跡をつけてみたり、

頂上でバンザイして写真を撮ってみたりしました。

最初イメージしてたのは平地だったんですが、実際行ってみて分かったのがかなりのアップダウンがあるということ。

ゆるやかな坂を下っていくと、いきなりドカンとでっかい砂の丘がある感じです。

この上り下りだけで結構大変なのに、さらに砂に足を取られるので小一時間歩いただけでも足がパンパン。

早速、30歳の目標のひとつに体力づくりを加えました(笑)

そして、ずっと気になってた丘の手前にあるオアシスのようなもの。

これは砂丘の地下水が湧き水となってできた水たまりだそう。

写真じゃわかりづらいかもしれないけど、砂と空の色が混じったようなちょっと変わった色でなんともキレイ。

丘の上からも眺めてみました。

写真だと遠近感は分かりづらいかもしれないけど、結構な高さ&急斜面にいます(笑)怖い。。

そして、登るまで気づかなかったんですけど丘の向こうはすぐ海なんです。

砂丘の頂上から見えるオーシャンビューは最高!景色を見るのに夢中で写真を撮っていませんでした(笑)

登っている途中に右手に海が。

前は海、後ろは砂丘と2つの絶景が同時に楽しめる鳥取砂丘はまさしく絶景でした。

1時間でだいたい主要なコースは見られるんですが、気持ちよくて30分くらいボーっとしてました(笑)

テンション上がって全然気にしてなかったんですが、思ってたより疲れていたみたいだったので鳥取砂丘をあとにすることにしました。

ああ、名残惜しい。。また今度来ます。

鳥取~大阪(山陽本線)

14:10発 鳥取駅(鳥取県)

14:54着 15:32発 智頭駅(鳥取県)

16:59着 17:04発 上郡駅(兵庫県)

17:17着 17:19発 相生駅(兵庫県)

17:38着 17:41着 姫路駅(兵庫県)

18:43着 大阪駅(大阪府) 

ここからは上郡駅まで元来た道をたどり、そこから大阪方面に進むことに。

さすがに誕生日当日を電車の中だけで過ごすのは嫌なので、今日は早めに宿で体を休める事にしました。

もうちょっと行けるけど、今日は大阪でストップ。

貧乏旅行だけどせっかく誕生日なので好きなものを食べようということで、551の豚まん、焼売、タコ焼きを腹いっぱい食べてやりました(笑)

初めて食べてから、虜になって大阪来たら必ず食べるってくらい好きです、豚まん。

しかし、何事もほどほどが肝心。

食べ過ぎで胃もたれして、そのあとはずっとうっぷうっぷしていました(笑)

大阪での宿

今晩の宿は前回の青春18きっぷの旅でも使ったゲストハウスわさび。

御堂筋線なんば駅から徒歩5分で、近くにたこ焼き・串カツ・551蓬莱の豚まん、自由軒のドライカレーなどのグルメが揃ってて、有名な道頓堀も近いという立地の良さ。

しかも割と新しいので設備もキレイだし、部屋は少し狭いけど清潔感があります。

コンセプトが「Bed&Library」という事でマンガなどがたくさん読めるフリースペースがある、コスパ最高なゲストハウスなのであります。

3日目の移動距離

3日目は縦移動が多かったので前に進めていない感じだけど、それでも鳥取砂丘は見に行く価値のある場所でしたよ。

いやーすごかったなぁ。

さて、4日目はいよいよ一気にゴールの埼玉県大宮を目指します。

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト