【日記】札幌と小樽の街と味噌ラーメンを堪能してきました!北海道旅行2日目!

北海道旅行2日目!

今回の旅のお目当て「さっぽろ雪まつり」は昨日だいたい楽しんだので、今日は北海道を軽く堪能してきました。




北海道味噌ラーメンの人気店「彩未」へ。

昨日は北海道グルメのスープカレーを食べたので、今日はこれまた北海道で有名な味噌ラーメンを食べに行くことに。

今日行ったのは、さっぽろ駅から地下鉄東豊線で5駅の「美園駅」から徒歩5分の位置にある麺屋 彩未。

札幌を代表とするラーメン店としてその名を知られているほどの人気店らしいので、開店時間ちょうどくらいに行ったのに既にこの行列。

さらに、この写真の外にもお店の中にも待っている人がたくさんいます。人気店をなめていた。。しかたなく行列に並んで待つことに。

しかし、この日の天気は雪。しかも、待っている間にどんどん吹雪いてきて気づけば両肩と頭に雪山が!

北海道では美味しいラーメンを食べるのも命がけです。

待つこと10数分、ようやっと暖かい店内へ。

さすが有名店。芸能人たちのサインがたくさん飾られています。

外で並んでいる間に注文は済んでいるので、席に着くとすぐラーメンが届きます。ありがたい。

濃厚な味噌スープと中太ちぢれ麺が見事にマッチ!

席に着くと、すぐ届いた味噌ラーメン(750円)

俺が想像していた味噌ラーメンと違って、ラードが浮いた濃厚そうなスープに、ゴロっと入ったチャーシューにおろし生姜。

なかなかにこってりしていそうな見た目ですが、食べてみてびっくり!

濃厚ではあるけどくどくなく、サッパリしていて美味しい!おろし生姜もいいアクセントになっていて、飽きが来ません。

うまく説明できないけど、こってり好きにもサッパリ好きにも愛されるスープなんじゃないだろうか。

北海道に行ったならとにかく一度は食べてみてほしい!

麺ももっちりシコシコとコシがある中太麺でよくスープに絡みます。美味い。

チャーシューは食べ応えのあるものと、ホロっととろけるものの2種類。一杯で二度楽しめるなんて贅沢!

並んだ時間の半分の時間であっという間に完食!いや美味かった!

温かいスープと生姜のおかげで体もポカポカ。大満足でした!

昼の雪像を見に「大通会場」へ。

昨日は夜のライトアップされた雪像を見たけど、昼の真っ白な雪像も見てみたいので再び大通会場へ。

色とりどりのライトに照らされていた夜と比べて、真っ白な雪像はより彫りの細かさや雪の質感が見られて、また違った面白さがありました。

氷の彫刻が美しい「すすきの会場」

大通会場のある地下鉄「大通駅」から一駅の「すすきの駅」では、雪まつりのもうひとつの会場が。

こちらの「すすきの会場」では、美しい氷の彫刻を楽しむことができます。

曜日と時間によって車道を封鎖し歩行者天国になるので近くで鑑賞できるそう。

ですが、残念ながらこの日はそうではなかったので、歩道から氷像を鑑賞することに。

雪と違って、氷は硬いのでより細かい彫刻が施されています。

大通会場の雪像のダイナミックさとはまた違った魅力があります。

期間内は地下道で雪まつり関連イベントも開催

さっぽろ雪まつり期間中は地下街で関連イベントも開催中!

普段は有名なクラーク博士像がある、さっぽろ羊ヶ丘展望台の「さっぽろ雪まつり資料館」で展示されているものを無料で観ることができます。

今まで雪まつりの歴史や雪像作りの背景などを知ることでより楽しめると思うので、是非見てほしい!

こちらは過去の雪まつりのポスターの展示。

こうして今までのポスターが並んでいるのを見ると、改めてその歴史の長さと、雪まつりへの北海道民の愛を感じます。

ポスターにはそれぞれの時代の色があって、見ているだけで結構楽しいです。

第1回から第8回までポスターは同じだったんですね。

そして、個人的に興味深かったのが雪像模型。いわば実際に雪像の安全性やデザイン性を検討するための設計図みたいなものでしょうか。

粘土や木材で作られているのですが、これがかなり精巧に作られていて、これだけでも結構な見ごたえがありました。

ミュージカル好きの自分としてはライオンキングの雪像は実際に見てみたかったですが、こうして過去に作られた雪像の片鱗を感じられるのはありがたいですね。

他にも雪像の作成風景を記録した映像などもあるので、興味ある方は是非行ってみる事をオススメします!

札幌駅周辺を散策

札幌市時計台

ビルが立ち並ぶ市街地の中に、突然あらわれる札幌時計台。

がっかり観光地のひとつとして有名な札幌市時計台ですが、建物として普通にカッコいいよね。

中は資料館みたいになっているそうですが、今回はスルー。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

ふらふらと札幌駅周辺を歩いていたら、見つけた赤レンガの建物。

何でも現在使われている新庁舎ができるまで約80年に渡って北海道を担った旧本庁舎だそう。

白い雪景色の中に浮かぶレンガの赤が映える。綺麗。

小樽へ。

雪まつりも大体楽しんだし、札幌付近も散策したので少し足を延ばして小樽に行くことに。

電車が途中、海岸沿いを走りますが、やっぱり北国の海は南国と違って厳しさがありますね。

快速いしかりライナーに乗って40分くらいで小樽に到着。

小樽に着いたら是非見てみたかったのが小樽運河。

このままでも結構きれいですが、夜景はもっと綺麗だそうなので夜まで周辺を散策する事に。

小樽駅から南小樽駅へと向かう通りは観光街といった感じで、オルゴール屋やガラス細工などの工芸品のお店や海鮮、小樽スイーツのお店が立ち並びます。

六花亭でバターサンドとコーヒーで一息。

途中、寒くなってきたので一休み。

色んなカフェがある中で今回選んだのは六花亭。

バターサンドでも有名なここ六花亭は商品だけでなく、買った商品を店内で飲食もできます。

シュークリームを買うとコーヒーが無料サービスでついてくるので、ちょっと休むのにちょうどいいんですよ。

せっかくなので、マルセイバターサンドも買ってみました。

シュークリームも美味しいけど、バターサンドは安定の美味しさ。

お土産に1箱買いました(^^♪

夜の小樽運河

日も暮れてきたので、再び運河へ。

日も暮れて気温もまたグッと冷え込んできましたが、夜の運河は綺麗!

あと1日遅ければ、小樽雪あかりの路という灯篭流しも見られたそうだけど、日程が合わず残念。。

ちなみにこの川がこんな風になるそう。見てみたかった。。

 

View this post on Instagram

 

しほさん(@ciao_chacha_)がシェアした投稿

今日の〆は「らー麺とぐち」の味噌ラーメン。

小樽から札幌に帰ってきて、晩ご飯。

一日の〆もせっかくなので、味噌ラーメンにすることに。

晩ご飯は、白味噌にバターやコーンの入った、これぞ北海道の味噌ラーメン!

昼に食べた味噌ラーメンも美味しかったけど、こちらも良い!

こってりしているけど、白味噌とコーンの甘いけど味噌の風味豊かなスープが中太麺によくからんで美味しい!

全くタイプの違う味噌ラーメンと小樽の街を堪能して、2日目は終了!

明日は埼玉に帰ります!

 

今日のボイスブログはこちら↓

スポンサーリンク




シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

記事の感想はこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト