20代最後の冒険。青春18きっぷで日本縦断前半戦:2日目【博多~岡山】

スポンサーリンク




前日までの旅はこちら。

どうしても晴れた日に観たい場所があったので、昨日は天候待ちのために博多に1泊。

なので日本縦断列車旅としては2日目ですが、旅としては実質4日目。

始発~ほぼ終電のコンボの連続はさすがに疲れてきました(笑)

昨晩は博多でも最近話題の泊まれる立ち飲み屋「STAND BY ME」に宿泊。

料理も酒も美味しいし何より安い!そして飲んで酔っ払ってすぐ寝れる!最高のゲストハウスでした!

さて、そんな素敵なゲストハウスに別れを告げて、今日は本州は岡山を目指します。

 

スポンサーリンク




博多~小倉(鹿児島本線)

6:09発 博多駅(福岡県)

7:48着 小倉駅(福岡県)

早朝の博多駅。

九州最大のターミナル駅でも朝早いとさすがに人はまばら。

1日滞在した博多から、九州大陸の窓口の門司駅を目指して2日目最初の電車に乗ります。

直通電車はなかったので、門司駅の手前の小倉駅まで。1日目とは違って、今日は少し明るくなってからの出発だったのでスタートから車窓からの景色が楽しめました。

朝でボケーっとしてたので写真撮るのすっかり忘れてましたが、終点の小倉まで要塞のような工場が続きます。

知らなかったけど、北九州の工業地帯って結構有名なんですね(笑)旅すると色々勉強になるなぁ。

小倉の街と工業地帯 北九州の中心地だよ|お写んぽ

途中、去年の12月に閉園したスペースワールドの前を通りました。そういえば一昨年元カノの誕生日にスペースワールド来たなぁ。

近年こそ寂れた地方の遊園地という印象だったけど、俺がまだ中学生だった頃は三井グリーンランドとスペースワールドは憧れだったんですよ。

もうスペースワールドはなくなっちゃったけど、駅名に残っているっていうのがなんだか嬉しい。

小倉~下関(鹿児島本線~山陽本線)

7:48 小倉駅発(福岡県)

8:01 下関駅着(山口県)

博多と並ぶ福岡で有名な小倉駅。ここで有名なのと言えば、駅前に立ち並ぶ松本零士作品の銅像。

銀河鉄道999くらいしか知らないけど、かっこいいんですよね。

以前来た時撮った写真。

ここからまた乗り換え。

そして、いよいよ長かった九州大陸ともお別れ。

ついに九州最北端の門司駅へ。

ひらがなで書かれると何かかわいい。

ここから関門海峡を渡って、いよいよ本州に渡ります。

前回、青春18きっぷで四国に行った時は瀬戸大橋を電車で渡ったので、今回も絶景が拝めるのか!とワクワクしながら窓際にスタンバイしてました。

しかし、実際通ってみると、

出典:ハルの旅行記

ゴーーーーーーーーー。

トンネル。

関門海峡は水底トンネルで渡るんですね。

知らなかった。このワクワクのやり場はどこに…(笑)

トンネル自体もそんなに長くなく、ものの数分で抜けました。

あれ、意外とあっけなかったな。。

下関駅(山口県)

ついに来ました、下関。

ここからは29年生きてきて一度も来たことのない中国地方。

なんだかワクワクしてきた。

赤、青、黄の感じがかわいくて撮った1枚。

ホームからは海も見えます。

ぶっちゃけ手前の歯周病予防歯科の看板が気になる(笑)

たった今渡ってきた関門海峡かと思っていたら、また別の海峡だそうです。

そして下関といえば、ふぐ。

駅構内に飾られている提灯もふぐでかわいい。

さて、ここから次の電車に乗って今日のメインイベントの宮島へ向かいます!

下関~新山口(山陽本線)

8:11発 下関駅(山口県)

9:23着 新山口駅(山口県)

海の見える下関駅を出発すると、一転また山間部を走る山陽本線。

車窓には緑豊かな田園風景が広がります。

ここでなんと嬉しい事に空に大きな虹が。

写真だとちょっと見えづらいかも。

ここまでの道中、ずっと雨で残念だったけど、雨が降って良かったと思えるほど綺麗な虹でした。

まるでこれからの旅を祝福してくれているようじゃないか!

そして途中、「はぶ」駅という駅に遭遇。

「ハブ」と聞くと思わず反応してしまうのは沖縄県民の性。

思わずパシャリ。

漢字は沖縄のそれとは違いますが、なんだか勝手に親近感。

新山口~岩国(山陽本線)

9:27発 新山口駅(山口県)

11:18着 岩国駅(山口県)

そして乗り換え駅の新山口駅に到着。

やっぱ山口駅よりも”新”山口駅の方が新幹線も停まるし、すごいんだね。

そして、ここから先の新山口~岩国間は山陽本線の中でも海沿いを走る絶景区間!

まずは下松駅~光駅間の車窓から。

そして、こちらは大畠駅から。

天気がいいから海の青も映えて気持ちいい!

電車の窓を開けて、写真を撮っていたら後ろの席の方に渋い顔をされました。。

はしゃぎ過ぎてごめんなさい。。

でも、それくらい気持ちのいい景色!

ちなみに下松~光間は周防灘、大畠からは瀬戸内海と見える海は違うみたいです。

岩国~宮島口(山陽本線)

11:23発 岩国駅(山口県)

11:46着 宮島口駅(広島県)

電車は岩国駅に到着。

ここから宮島行きのフェリーが出る宮島口駅はもうすぐそば。

ここで次に乗る電車はレッドウィングという電車。

本当に先頭に羽っぽいのがついててカッコイイ。

そして九州と本州の玄関口の山口県を抜けて、電車は次の広島へ。

宮島口駅(広島県)

博多を出発して約6時間。ついに今日の第一目的地、宮島口駅に到着!

ここからフェリーに乗って宮島に向かいます!

楽しみ!

宮島口駅(広島県)からフェリーで宮島へ!

事前に調べておいたのだけど、青春18きっぷを使って宮島行きのフェリーに乗ることが可能です!

しかし、青春18きっぷはJRが販売している切符。なので、もちろん使えるのもJRのフェリーのみです。

デカデカと書いてあるので、すぐに見つかりました。目の前に鳥居もあるのでわかりやすい。

電車と同じように、受付に青春18きっぷを見せると、スッとすぐ通してもらいました。

今回乗るのはこちら!

丸まじやみ。みやじま丸です。マジ病みに見えたのは俺だけでしょうか(笑)

これに乗って約10分ほどの海の旅。ここまで陸をずーーーーっとひた走ってきたので海は気持ちいい!

遠くにある鳥居がどんどん近くなってきました。それに合わせて俺のテンションもどんどんあがる。

というか弁天島のような何もない神社だけのところを想像していたんだけど、ビックリするほどお店とかあって賑やかなんだね。いやー知らない事ばっかりだ。

到着しました!

宮島(広島県)

本当は厳島神社だけ見て帰るつもりだったんですが、当初の予定をオーバーして3時間くらいいました!

それでも全然足りなかった!

まず野性の鹿が普通に道を歩いてるのに驚き。もちろん角は切られているけど、それでもドキドキします。

しかし、さすが世界遺産のある土地に住む鹿。人慣れしているのか、われ関せずといった感じ。

もの欲しそうに中をのぞく鹿

そりゃそうだ。元々いたのはあなた方で我々観光客はよそ者ですものね。

それでは先輩、お邪魔します。

神の島と呼ばれる宮島なので、てっきり神社だけの神聖な雰囲気漂う場所なのかと思いきや、商店街もにぎやか。

伝統的なお店から、個性的なお店まで様々。

ただ歩いてみて回るだけでも十分楽しいけど、食べ歩きもまた楽しい。

広島といえば牡蠣!ということで焼き牡蠣。熱々をポン酢でいただきました!

表通りよりも一本中に入った商店街の方が100円安くてお得。

そのあと銘菓もみじ饅頭を焼き立てで!

ここ岩村もみじ屋さんのもみじ饅頭がカステラみたいにふわふわで美味しかった!

そして、メインである厳島神社。

海に浮かぶ神社とはなんて幻想的なんだろう。

有名な鳥居。

神社の赤に、松の緑、海の青がとてもきれい。

宮島についてもまた別で記事を書こうと思いますが、とにかくめちゃくちゃ素敵な場所でした。

青春18きっぷで旅をするなら、ここは是非行くべき!

宮島口~広島(山陽本線)

15:52発 宮島口駅(広島県)

16:20着 広島駅(広島県)

さて、そんな素敵な宮島を後ろ髪をひかれる思いで後にし、今日もう一か所行きたい場所目指して電車での移動を再開。

と言っても、さほど遠くないのですがどうしても暗くなる前に行きたかったのですよ。

ここまで乗ってきた山陽本線に乗って広島へ。

広島駅(広島県)

中国・四国地方最大の都市でもある広島市の中心駅「広島駅」に到着。

駅前にはでっかい駅ビルが。初めて来たけど、めちゃくちゃ都会じゃないのよ、広島。

さて、ここから広島に来たら一度行ってみたかった原爆ドームを目指します。

都内ではほとんど見ないけど、それ以外の大きい都市では割と路面電車って普通なんでしょうか?この旅でよく見るなあ。

ちょうど原爆ドーム前を通る電車があったので乗ることに。

10分ほど乗ると、原爆ドームの最寄りの停留所「原爆ドーム前」駅に到着。

電車を降りて、信号を渡ると、原爆ドームはすぐに目の前にあらわれました。

見た瞬間、なぜか鳥肌が立った。

日も傾いてきて少し冷えてきてたけど、決して寒さのせいだけではなかったはず。

写真では伝わらないかもしれないけど、建物からひしひしと伝わってくる圧倒的な、、なんだろう。凄惨さ、恐怖、激しさ。一言で言えない負のエネルギー。

もっと観光地然としているのかと思ったら、ドーム自体と解説パネルだけだったけど、それでも何かを強烈に感じた。

原爆ドームなんて名前の付く前の建物の姿

今の姿

原爆ドームをバックに記念撮影をしているカップルの外国人がいたが、なんだろう、この違和感。もやもや。

違うだろうよ、そうじゃないだろうよ。

普段は形式的にしかこんな事しないのだけど、この時ばかりは心の底から平和を願って「平和の鐘」を鳴らした。

それくらいなんか衝撃だった。

長居すると、ただでさえ長旅で疲れてるのに何か引っ張られそうなので、ドームを見るのはほどほどに市内をさんぽ。

福岡のゲストハウスで「広島でお好み焼きは食べるべき!」と言われたので、ふと見つけたお好み焼き屋で早めの晩ご飯。

ちんちくりんn大手町店。

「営業中」じゃなくて「焼いとるよ」の看板に惹かれて入ったのはちんちくりん大手町店。

1人だったのでカウンター席に案内されると、目の前の鉄板で店員さんが焼いてくれるシステム。

うおー、テンション上がる!

見事な手際で生地を薄ーくのばして焼きながら、次々と具材をのせていく店員さん。

先に注文しておいた生を飲みながら、お好み焼きが出来るのを見る至福のひと時。

完成!今回は麺も野菜も倍の横綱焼きにしてみました。

いやーこれがまた美味いのなんのって!お好み焼きの生地は大阪のに比べると薄いのね。

そこに中にあるカリッとした麺だったり、具沢山の野菜や肉だったり、色んな味と食感が一度に楽しめて最高。

店員さんと鉄板を挟んで軽くお話もしながら、ビール飲み飲み、食べるお好み焼きは最高でした!

広島~三原~岡山(山陽本線)

19:16発 広島駅(広島県)

20:31着 20:34発 三原駅(広島県)

22:05着 岡山駅(岡山県)

腹もふくれたので、広島を離れて本日の宿の岡山に向けて出発。

途中、観光するのも大事だけど、少しでも前に進んでおきたい。

途中、三原駅でこの日最後の乗り換え。

1日目に引き続き外も暗くなってきて、身体も疲れてきたので割愛。

岡山駅(岡山県)

ついに岡山駅に到着。

さすが桃太郎の町、岡山。駅前には桃太郎がお供を引き連れて立っていました。

これ見てる方角は鬼ヶ島の方なのかな?そして駅前には岡山県限定と思われるコンビニを発見。

ら・む~マート。岡山弁だったりするのかな?こういうのも旅の楽しみ。

【岡山県がスゴイ】キミは岡山市だけのコンビニ「ら・む~マート」を知っているか? |Photrip

岡山での宿はこちら。

この歳になって恥ずかしいのだけど、福岡でちょっと贅沢をしすぎたので、この日はネカフェ泊。

しかし、この駅前カフェ、ゲストハウス等を含めても岡山市内で最安値。しかも平日休日関係ないというのがかなりお得。

ナイトパック8時間コースで1800円はかなり安い。シャワールームもあるし、備品はタオルも含め全部貸してくれるので、どうしても安く済ませたいという人にはオススメ。

ちなみに本当は、ここに泊まろうと思っていたけど時間とお金の関係で断念。

ここも見た感じ、めちゃくちゃオススメ。

2日目の移動距離

そんなに移動したつもりはないけど、1日目と40kmしか変わらないのでそこそこ移動したみたい。

だけど、そんなに大移動感がないのは途中観光できたのと乗り換え待ちが少なかったからかな?

やっぱり電車の本数が多いというのは正義!

そして、今日で20代も終わり。明日からは30代に突入だー!

 

30歳になって1発目の旅はこちら。

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト