【鉄道で日本縦断2日目】青春18きっぷで最南端の鹿児島の枕崎から北海道の稚内まで行ってみた。【八代〜博多】

  • URLをコピーしました!

どうも。よざっちです。
2022年3月25日から4月8日までの2週間、ずっとやってみたかった『鉄道で日本を縦断する旅』をしてきました!
実は4年前にも20代最後の記念としてチャレンジしたのですが、お金と時間の都合で埼玉県は大宮駅で断念。

そんな前回の旅も踏まえて、今回は10日間南の始発駅鹿児島県「枕崎駅」から北の終着駅北海道「稚内駅」までの日本縦断旅行をしてきました。

青春18きっぷでの日本縦断旅行2日目。

この日は熊本県の八代駅から福岡県の博多駅までの移動

「そんなに移動してないじゃん」と思われるかもしれないですが、実はどうしてもトルコライスを食べたくて、長崎に寄り道しました。

というわけで縦の移動こそ少ないですが、乗車時間は約7時間とそこそこ。

日本縦断旅行としてはあまり進捗はないですが、その分約20年ぶりの長崎なので思いっきり楽しんできました。

目次

八代駅 06:39 〜 鳥栖駅 09:06(鹿児島本線)

八代 06:39 → 鳥栖 09:06

今日の旅のスタートは熊本県の八代駅から。

駅に到着したのは朝の6時頃だったのですが、駅前の煙突は変わらずもくもくと煙を吐いていました。

もしかして24時間稼働しているのかしら。まるで不夜城。

2日目の今日、目指すゴールは福岡県の博多駅。

縦の移動としては少ないのですが今日はちょっと寄り道して長崎に行くので、下手に進むよりも博多で一泊して明日一気に進んでしまおうという作戦です。

まずは長崎本線の入口、佐賀県の鳥栖駅を目指します。

駅構内に入ると、最初に目に入るのは今は不通の『肥薩線0起点 八代駅』の看板。

前回このJR八代駅のホームに降り立ったのは4年前。

青春18きっぷでは無料で特急列車に乗ることができる区間がいくつかあるんですが、その一つがここ肥薩線。

特急列車『いさぶろう・しんぺい号』で吉松駅からここ八代駅まで来られるんですよね。

4年前に乗った時の写真。
4年前に乗った時の写真。

また、あの素敵な列車で肥薩線の素敵な景色を楽しめる日が来ると嬉しいなぁ。

(現在は肥薩線不通に伴い、博多~門司港間[全車指定席]で運転しているようです。)

でも、特急いさぶろう・しんぺい号とまではいかないけど、こちらの車両も黒とシルバーの車体がスタイリッシュでかっこいい。

まずはここ八代駅から最初の乗り換え駅である鳥栖駅を目指します。というわけで2日目の旅スタート。

鳥栖駅 09:14 〜 長崎駅 10:54(長崎本線)

鳥栖 09:14 → 長崎 10:54

佐賀の鳥栖駅に到着。本当ならここからさらに北上して博多へ向かうべきですが、今回の旅では寄り道して長崎へ。

ここからは特急かもめに乗って、長崎へ向かいます。

青春18きっぷでも乗車できる特急列車はいくつかありますが、残念ながら特急かもめは対象外。

片道4330円と大きな出費ですが、これ使わなかったら片道4時間往復8時間とそれだけで日が暮れてしまいます。

長崎で楽しむ時間を作るためにも、これは必要経費!と自分を言い聞かせて、車内へ。

さすが特急列車。普通列車と違って乗り心地抜群。

ちなみに2022年9月23日の西九州新幹線の開業により、この在来線特急かもめも名前と運行区間を変更するそう。

”特急かもめ”としてのこの列車に乗れたのは、それはそれでラッキーかも。

と、さらに自分への言い訳を強化して長崎に向かいます。

『長崎駅』に到着

特急かもめに乗って、約1時間半で長崎に到着。

なんかかっこいい車両。

長崎に来るのは約20年ぶりなので前来た時の風景なんて全く覚えていませんが、なんか懐かしいこの感じ。なんだろう。

今回長崎に来た目的はトルコライス。

しかし、往復1万円近くかけてトルコライスだけを食べて帰るなんてあまりにも大富豪。

時間もそれなりにあるのでトルコライスを食べる前に、周遊バスに乗って長崎観光を楽しむことに。

さすが江戸時代の日本の玄関口、長崎。

長崎駅のすぐ近くに港があるんですが、街並みと港が上手く混ざり合っている感じがなんとも素敵です。

同じ港町の横浜とも違った、異国情緒あふれる街並みというやつですか。めちゃくちゃ好きな感じです。

約20年ぶりに出島へ

長崎の観光地で真っ先に思い浮かんだのが『出島』

20年前も訪れましたが、記憶の中ではもっと大きい場所だと思ってました。実際に訪れてみると、想像以上に小さくて驚き。

もちろん当時の出島とは変わっているんでしょうが、それでもこんな一地域の小さな区画が世界と繋がっていたと思うと面白い。

中は江戸時代のような街風景でありながら、随所に垣間見える西欧風の装飾や色彩。

でも、それがケンカせずむしろ調和して、ひとつの新しいものになっているから不思議。

日本家屋に緑の手すりや窓枠、壁や襖にはカラフルな模様があって、見ていて全然飽きないんですよね。

一見すると、奇抜にも思えるのに、むしろどこか懐かしさを感じるのはなんでだろう。

時期的にもちょうど桜の開花時期で、建物の緑と桜の淡いピンクがとても綺麗。

日本であって日本でない。もちろん海外でもない。この和洋の歴史が入り混じったハイカラ文化、良き。

長崎新地中華街で食べ歩き

そういえば今朝から何も食べていませんでした。

これからトルコライスを食べに行くのだけど、あまりにもお腹が空いたので小腹を満たしに長崎新地中華街へ。

中華街といえば横浜が有名ですが、ここ長崎中華街は日本三大中華街のひとつ(あと2つは神戸と横浜)

横浜の中華街より小さい気がしましたが、その分凝縮されているような印象。

中華風な賑やかな装飾が多くて、歩いているだけで楽しい。

つい浮かれてしまい、これからトルコライスを食べるというのにちょっと食べ過ぎました。

あと、全然関係ないんだけど面白い名前の喫茶店を発見。

「めっちゃ気になるのに休みでした。」

とツイートしたところ、友人から「マキシム・ゴーリキー」と返ってきました。さすが役者。(わかんない人はググってください。)

老舗喫茶店「ツル茶ん」で念願のトルコライス

次はいよいよ本命のトルコライスを食べに。

今回訪れたのは、トルコライスやミルクセーキで有名な「ツル茶ん」

創業は大正14年、今年(2022年)で創業から97年の歴史を持つ喫茶店で、九州最古の喫茶店と言われています。

改装はしているようなのですが、それでも戦火を乗り越えていると思うと、感慨深いものがありますね。

そんな喫茶店でトルコライスを食べられるなんて。幸せ。ああ、幸せ。

さすが老舗だけあって、トルコライスだけでも10種類くらいあるのですが、ここはやはり定番の昔なつかしトルコライス(税込1,380円)

バターライスに、ナポリタン、とんカツにカレーがひとつの皿に。

小学生が自分の好きなものをとにかくつめ込んだ最強お昼ご飯みたいですが、これがまぁ美味い。

ひとつひとつは至って普通の、昔ながらの喫茶店の定番メニューたち。

なのに、ひとつの皿に盛り付けるとなんでこんなにもワクワクして、そして美味しく感じるんでしょうね。

しっかりとした味付けでボリュームもあって、身も心も大満足でした。

ご馳走様でした。

お目当てのトルコライスも食べ、長崎の街もある程度観光したので駅へ向かうことに。

にしても数時間街をぶらぶらと歩いただけなのだけど、長崎の街はなんだか開放感があって心地いい。

路面電車が走っているから道も広いし、坂も多いから街に奥行きを感じるんでしょうか。

今回巡れなかった観光地もあるし、長崎には他にも美味しいものがいっぱいある。

旅のついでではなくて、今度は長崎目当てに旅に来たい。

長崎駅 16:17 〜 鳥栖駅 17:53(長崎本線)〜 博多駅 18:45(鹿児島本線)

長崎 16:17 → 鳥栖 17:53 → 博多 18:45

さて、ここからは消化試合。

来た道を戻って鳥栖駅から、今日のゴール博多駅に向かいます。

ただ戻るだけでは寂しいので、旅のおともに長崎駅で文明堂のカステラと牛乳を購入しました。

ふかふかの座席に座って窓の外を眺めながらカステラを頬張る。至福の時間。

そういえば沖縄の人って「カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂」のフレーズでお馴染みの文明堂のCM知らないんですよね。

神奈川から沖縄に引っ越してきた時に、友達に文明堂のCMの話をしたら「は?」って顔をされました。

逆に沖縄のCMもローカル色強くて、内地の友達に「お米が歌って踊るCMがあるんだよ」って話をしたら、「は?」って顔されます。

さて、ムダ話はこれくらいで。

途中、鳥栖駅で普通列車に乗り換え。次の電車まで時間があったので改札外に出て駅舎を撮影。

見た目は古くて歴史を感じる駅舎なのだけど、15もの路線が停車するターミナル駅なのが面白い。

鳥栖駅

調べてみると鳥栖駅は130年もの歴史を持つ駅で、九州鉄道(初代)開業時より現存する九州最古の駅の一つとのこと。

交通の要衝ってどんどん新しく開発されていくイメージだけど、こういう古い歴史ある建物とか駅舎もしっかり残しておいてほしい。(原宿駅とか)

今日のゴール福岡県博多駅に到着。

長崎駅から約3時間かけて、2日目のゴール「博多駅」に到着しました。

というわけで、2日目は熊本県八代駅から福岡県博多駅までの移動。

移動距離としてはそれなりにあるものの、縦の移動としてはそこまで進展のない1日でした。

2日目

移動駅:八代駅〜長崎駅〜博多駅
移動時間:約6時間30分

ちなみに今日のゴール、博多駅でも行きたい場所があったので宿にチェックインしてからダッシュでお目当ての場所へ。

ずっとネットで見ていた場所ですが、現地に来ると空気感も感じられるのでいいですね。

天神のVIORO7FにあるGarraway F

実は当初旅の予定にはなかった、今日の長崎への寄り道。

「ただ旅程をこなすだけではつまらない。心の赴くまま自由に旅をするのも鉄道旅の醍醐味じゃないか。」と思いつつも、計算してみると思いのほか散財していました。

移動2日目(調整日などもろもろ入れると、実は4日目)でまだ九州から出られてない。明日からは少し節約しなきゃ。

本日の宿は『ナインアワーズ 中洲川端』

本日の宿は、全国チェーンのカプセルホテル『ナインアワーズ 中洲川端』

ナインアワーズ中洲川端
宿泊代:1700円

博多などの都市部だともう少し良いホテルにも泊まれますが、日中贅沢をしたので帳尻合わせで宿は少し抑えめに。

といっても駅直結だし、清潔感はあって綺麗なホテルではあるので寝るだけなら問題なし。

ただ、どうしても福岡グルメが食べたくなってもつ鍋だけ食べに行きました。めっちゃ美味かった。

旅の前半も前半、しかも九州をまだ出れてないけど大丈夫だろうか(笑)

明日から。明日から本気出すから。

\ このブログのWordPressテーマはこちら!! /

\ アナタの”やってみたい”の
チカラになるプロが見つかる! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる