疲れ果てて、本当にしたかった事も分からなくなったまま日々が過ぎていくのはどうしたらいいだろう。

Twitterで知人がこんなことをつぶやいていた。

このツイートを見た時、もうヘドバンぐらい頷いた。

よく「仕事をしながら勉強や副業ができないと、仕事を辞めたところで行動しない」という話を聞く。

これは間違いなく正論だと思う。正しい。ごもっとも。異論はない。

でも、そんな余裕もないほど疲弊してしまったら、いったいどうすればいいのだろう。

仕事に慣れるまで2~3年待たないといけないのだろうか?

今の会社に入る前、あれだけやりたいことがあったはずなのに、疲れ果てて気づけばただ週末の休みを待つ日々が続いている。

もちろん、未経験の自分を雇ってくれた今の会社には感謝しかない。

しかし、”本当にしたいことを考えるゆとりが無くなる。ゆとりがないから自分が求めてるものが分からなくなってくる。わからないまま日々がなんとなく過ぎてしまう。歳だけ取ってく。”

この状況が堪らなく怖い。

正直、今年の春に一度体をおかしくしてからは、実は完全には回復できていない。

現状、休日は頭が回らず、勉強しても頭に入ってこない。
じゃあ、息抜きに何か趣味でも始めようかと思っても、仕事のことを考えると「そんなの無駄」だという考えが頭をもたげてくる。

結果、たいして見たくもないスマホの動画やゲームに時間を費やして後悔する週末。

仕事をしたくないわけではないのだけど、一度いったん離れて集中的に学んでスキルの基礎体力を身につけたい。

今の仕事をしても多少の余裕と余力を残せるようにして、新たな技術を身につけられるような。

そのためには金銭的に少し下がっても体力的に問題ない勤務体系を選ぶか、純粋に体力をつけるか、時間配分を変えられないのならエネルギー配分を変えるかのどれかなのだと思うのだけど。

正直、それを考えるほどの頭も回らず、何をしてもぼーっといます。

どこから解決の糸口を見つけていこうか。

最近のもっぱらの課題です。

0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神奈川生まれ、沖縄育ちの31歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。
大学卒業後は何年か役者やってましたが、今はWEB制作会社で働いています。たまにイベントスタッフも。
トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。
 
>>詳しいプロフィール
>>よざっちの欲しいものリスト

コメント

コメントする

目次
閉じる