【随時更新】AdobeXDを使う際に参考にした記事・役立つプラグインまとめ

  • URLをコピーしました!

illustratorよりも使いやすくて、Webサイトのワイヤーフレームやプロトタイプ作成にめちゃくちゃ役立つXD。

通っていたプログラミングスクールの卒業制作で使ってみてから、その便利さに重宝しまくっています。

卒業制作で使用したXDのデザイン案

本番に近い形でサイトデザインや使い心地を試せる、AdobeXD。

今でも十分お世話になってますが、使い方次第ではまだまだ可能性が広がりそうです。

 

そんなXDを使う際に参考にした記事を、自分の備忘録用にまとめてみました。

誰かのお役に立てれば幸いです。

他にも参考になる記事等ありましたら、コメント欄で教えていただけると嬉しいです。

目次

基本的な使い方

応用的な使い方

ドロップダウンメニューやモーダルを作る時に役に立つのが、こちらの記事。

こういった動きをXDで再現できると、グッとサイトのイメージがつかみやすくなりますよね。

こちらの記事は自動アニメーションでスライドショーとかを実装しています。

原理を知ると「意外と簡単!」と思いましたが、自分ではなかなかこの発想に辿り着かないですね。

こういう事例をたくさん知ると、自分の中の幅が広がりそうです。

役立つプラグイン

画像ではなくGoogleマップを実際に入れられるプラグインです。

いちいち画像を用意する必要もなく、緯度経度の情報を入れると表示してくれるから便利。

気になるサイトのURLを入力するだけでWebサイトからカラーやフォントの情報を取得できるプラグイン。

mimic(真似る、模倣する)という、そのものズバリな名前も最高です。

アイコンを使うときに素早く挿入できるプラグインIcon drop。

わざわざ別のサイトで探してくる手間が省けるので助かります

\ このブログのWordPressテーマはこちら!! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる