パスポートサイズのバインダーが登場!リフィル保管はこれで安心。

毎年3月になると、新しい定番ラインアップが発表されるトラベラーズノート。

ここ数年はブルーやオリーブの限定カラーやキャメルなどの復活などの新色の登場が主でしたが、今年はリフィルやファイル、クリップなどバラエティに富んだ商品が多数登場しました。

HPの文言を見ると、今回の新商品はユーザーの声を反映させたとのこと。

SNSで検索すれば膨大な数のトラベラーズノートの写真を見ることもできます。そんな皆さまの声や使い方から生まれた新しい仲間がラインアップに加わります。

トラベラーズノート公式HPより

確かにトラベラーズノートは人の数だけ使い方があって、かつカスタマイズもしやすい自由度の高いアイテム。

やってみてよかったトラベラーズノートのカスタマイズ&活用法まとめ~CUSTOMIZE MY TRAVELER’SNOTE~

2017年10月5日

俺も自分好みのリフィルを作ったりとかしましたから、公式が使い方の幅を広げてくれる新商品を出してくれるなら、こんなに嬉しい事はありません。

そして今回の新商品についに長年待ち焦がれていたあの商品が登場しました!

それがパスポートサイズバインダー!

これで思う存分パスポートサイズが使えるよー!うひょー!




リフィルの保管がネックだったトラベラーズノートパスポートサイズ。

今までトラベラーズノートのリフィルバインダーって何故かレギュラーサイズだけしかなかったんですよね。

ただデザインはパスポートサイズリフィルの方がオシャレなものが多い。けど、中綴じ製本なので使ったリフィルの保管に困る。

色々工夫はしてみましたが、やっぱりしっくりこなくてパスポートサイズリフィルは敬遠してたんですよね。

使い終わったパスポートサイズのリフィルは製本して保管することにしてみた。

2016年12月7日

しかし、これで安心してライフログにパスポートサイズを使える!この商品の発表を聞いた時は歓喜しましたね!

パスポートサイズのリフィルの保管もこれで安心。

仕様はレギュラーサイズと一緒。サイズがそのままパスポートサイズになっただけですが、このバインダーの登場をどれだけ待ちわびた事か!

レギュラーサイズのバインダーを自分でカットして作り直そうかと思ってたくらいなので、大満足です。

早速リフィルを挟み込んでみます。

おー!いい感じ!いい感じ!挟めるリフィルは5冊まで。

厚みはレギュラーサイズと変わりませんが、高さがない分ちょっと分厚い文庫本くらいで管理も楽そう。

今は写真とライフログは別で記録していくスタイルを実験中。

最近、手帳としっかり向き合う時間をとれずライフログもおざなりになっていたので、パスポートサイズでライフログを書こうと思っていたんですが、リフィルの保管方法だけがネックでした。

でも、これなら使い終わったリフィルもちゃんとまとめて保管できるので安心してパスポートサイズをガシガシ使えます。

今までメモ帳として使っていたパスポートサイズにライフログを書けるので書き忘れも大分減ってきました。

紙面が小さくなった分、手帳に写真は貼れなくなったんですが、TOLOTというアプリで月ごとにフォトブックにしてまとめています。

64ページ(写真64枚)で540円と安い上に、デザインも多くてしっかり製本して届くので割と重宝しています。

今までコンビニで1枚30円でプリントしていたのと比べると安いからオススメです。

ドット方眼や水彩紙、カードファイルなどパスポートサイズのアイテムが充実。

他にも代替品の無印パスポートメモにあったドット方眼や、パスポートにはなかったMDクリーム、今までなかった水彩紙など新しいリフィルが多数登場しています。

俺個人の印象としてはレギュラーサイズよりもパスポートサイズのリフィルが充実してきた感じ。

しかし、これだけトラベラーズノートの楽しみ方、可能性を広げてくれるリフィルやアイテムが増えるとせっかく落ち着けていた手帳熱が再燃してしまうではないか!

うーん。悩ましい。

シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

記事の感想はこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト