世界トップレベルの試合が間近で!卓球「Tリーグ」を初観戦!

2018年10月より始まった卓球のプロリーグ「Tリーグ」

今まで日の目を見なかった卓球が、近年の日本選手の活躍により注目され始め、ついにプロリーグを開設するまでになるとは!

中学、高校と卓球部だった自分としては、こんなに嬉しい事はありません!

Tリーグ T.LEAGUE(卓球)

かねてから行きたいと思っていたのですが中々行けなかったのですが、去る12月23日にやっと念願かなって、春日部ウイングハットで行われたT.T彩たまvsKM東京の試合を観てきました!

感想は一言で言うなら最高!

 

世界でもトップレベルの試合がこんなにも間近で見られるなんて本当に最高でした!Tリーグ!

野球、サッカー、バスケと並び一般層の人たちに身近なものになっていくのでしょうか?

今後が楽しみです!

そこで今回は初Tリーグの観戦の感想とおすすめポイント、後個人的に思ったことをお届けします!




Tリーグの試合日程の確認は公式サイトから!

T.LEAGUE|公式サイト

Tリーグに行くなら、まず必要なのが公式サイトでの試合日程の確認!

その月によって試合の開催が平日の夜や休日だったり、もしくは月前半や後半に集中したりと試合スケジュールは不定期になっています。

数か月先の試合スケジュールまで公式サイトでは発表されているので、事前に確認しておいて予定を調整するのがオススメです!

よざっち
俺はこの調整が上手くいかず、2ヵ月くらい行けませんでした…(泣)

ということで、Tリーグの試合日程の確認は公式サイトで事前に確認しておきましょう!

Tリーグのチケットは事前購入がオススメ!

そして、Tリーグのチケットは事前購入がオススメ!

当日ふらっと行ってチケット買えるかなあと思っている方、甘いですよ!(笑)

今回行って驚いたのが、人の多さ!

事前にチケット購入済みでこの入場待機の列の長さです。

実際に行って分かったのですが、意外に注目度の高いTリーグ。

特に2000円くらいで見られる自由席はすぐに埋まってしまいます。

より確実に見たいなら是非事前にチケットを購入しておくのがオススメです!

試合会場の春日部ウイングハットへ!

というわけで、事前にチケットを購入して今回の会場春日部ウイングハットへ!

春日部駅前から無料シャトルバスが出ているとのことでしたが、ここでも驚いたのが人の多さ。

本数が少ない上に、人が多い!

残念ながら乗れなかったので自腹を切って公共交通機関を使って会場に行くことにしました。

調べてみると、最寄り駅から試合会場が遠い場合がそこそこあるので観戦に行く際は早め早めの行動と、会場までの行き方を確認していた方がいいです。

直通のバスがなかったので、近くまで行ってから徒歩で目指すことに。

こう言っちゃ悪いけど、春日部って田舎なのね…街灯がない道をとぼとぼ歩くのは不安でした(笑)

会場内ではTリーグオフィシャルグッズなどを販売!

そんなこんなで今回の試合会場のウイングハットに到着。

お酒を飲みながら、卓球を観戦できると聞いていたので前もってスーパーで缶ビールを2本購入していました。ふふふ(´艸`*)

しかし、なんと会場内は缶・ビンの持ち込みNG!

「こっそり持ち込めばバレないだろう( ̄ー ̄)ニヤリ」と思っている人もいるかもしれませんが、入場の時に持ち物検査がありますので普通にバレちゃいます!

ただ、紙コップに移せば持ち込みOKとのこと。何でだろう?

試合中に音が鳴ることとかを心配しているのですかね?

とりあえず、会場入り口に大き目の紙コップが備え付けられているのでそれに缶ビール2本を移し替えて入場しました。

館内では地元埼玉の県産品や和菓子を販売。

にしても中も観戦客で大賑わいです!こういう形で地元の産業が潤うのはいいですね(^^♪

反対側ではTリーグのオフィシャルグッズの販売も!

選手の名前入りタオルやユニフォームなどが売られています。

こちらは若い子たちに大人気!地元の卓球部の子たちかな?

そして、いよいよホール内へ!

液晶ビジョンに、解説席、会場内に鳴り響くBGMと、一般の卓球の大会とは違った雰囲気!

そして何よりも選手たちが近い!

それぞれのチームが公式練習を行っていて、間近でプロのプレーが見られます。

さすがプロ!練習でもめちゃくちゃハイレベルです!

ここらへんで期待値はすでにマックス!

Tリーグ見るならおすすめの席はここ!

今回俺が購入したのは5000円のアリーナサイド席。

Tリーグには、

  • 自由席2000円
  • アリーナサイド5000円
  • アリーナエンド(ホーム&アウェイ)7000円
  • コートサイド8000円
  • エキサイティングシート12000円

の計5種類の席がありますが、個人的に一番オススメは今回買ったアリーナサイド5000円。

というのも、一番いいアングルで試合が見られて、お値段的にちょうど良いからです。

詳しくは別の記事で紹介しますが、自由席以外は基本1階で試合を観戦することができます。

そして、それぞれの席の距離はこんな感じ。

ほんの数メートルしか変わりません。

もう、かぶりつきで見たい!という人にはエキサイティングシートとかはオススメですが、アリーナサイドでも迫力、見やすさともに問題なしです!

いよいよ試合開始!目の前で繰り広げられる激しいラリー!

そして、ここまで色々と説明してきましたが、いよいよ今回のメインである試合が始まります!

ちなみに写真・動画の撮影ですが、試合が始まるまではOK。

試合が始まってからはフラッシュなしの個人利用の範疇ならOKだそう。

ですので、残念ながら試合中の写真は載せられません。(m´・ω・`)m ゴメン…

なので、公式が配信しているダイジェストをどうぞ。

この動画でも今回の試合のすごさが十分伝わってきますが実際生で観ると、この数十倍は凄いからね!

テレビとは違って、横のアングルから見ると選手たちの打ってる球の速さや威力、そして選手たちの気合などがビンビンに伝わります!

両選手が全力でぶつかる激しいラリーには思わず手をあげて、拍手してしまいました!

いやあ、すごかった!これは絶対に生で観るべき!

今回の試合の勝者は、ホーム開催だったT.T彩たま!

あの水谷、張本擁するKM東京はここまで強かったので今回も圧勝なのかと思ってましたが、あわやストレート負けというところを張本が一矢報いた印象。

にしても張本選手がすごい!彼の声がうるさいとか言っている人は一度生で観てほしい!

プレーを生で観たら、全く意見が変わると思う!彼は日本卓球界の宝だよ!

Tリーグの今後の課題

さて、ここまでTリーグの説明と見た感想を一通り書いてきましたが、ここでイチ観戦者として思ったTリーグのもっとここをこうしたらいいのになあと思った点をいくつか。

最寄り駅から会場へのアクセスが悪すぎる。

これは今回に限った事なのかもしれないけど、最寄り駅から会場へのアクセスが悪すぎましたね。

公共交通機関を使っても結構かかる距離なのに、直通のシャトルバスが1時間おきに1本の計2本だけ。

しかも、今回の来場者数は1833人ということでしたが、バスに一度に乗れるのは30~50人程度とちょっと厳しいものでした。

さらに、帰りも同様。

しかも今回は試合時間も長かったため、帰りは公共のバスもない状態。

俺は電車の時間もあるので、ヒーローインタビューを見る前に急いでシャトルバスに駆け込み何とか帰れたという感じでした。

どうにか、もう少し駅近くの会場にするとか、送迎バスの本数を増やすとか色々対策を講じてほしいなあというのが正直なところでした。

これに関してはバス内で言っている人も何人かいたので、感じたのは俺だけじゃなかったはず。

音楽やチアダンスなど応援がもっとあってもいい

T.T彩たまには応援歌とダンスチームがついていて、観覧客に応援の仕方や簡単な振り付けを教えてタオルタイムや試合の合間などに入れて会場を盛り上げていました。

これが非常に良い!

卓球というスポーツの性質上、サッカーや野球のようにずっと賑やかにはできず、サーブの時は静かにしないといけないんです。

そこを上手くリードしてあげながら、かつ他のプロスポーツのように会場を盛り上げてくれるので、一体感があるんです!

対するKM東京の方は通常の応援というか、数名の男性が主導で(あれは社員さんでしょうか?)野太い応援をしていました。

あれはあれで悪くないけど、エンタメ感があるのはT.T彩たまの方かなぁ。(野次に見えない事もないし)

もっとパフォーマンスやエンタメ性に力を入れられれば、色んな層が取り込めそう。

もっとフードやお酒は出せないかな?

フードやドリンクが今回ほとんどなく会場の外にちょこっと小さい屋台があるだけでした。

もっと会場内外にプロ野球みたいにフードやドリンクがもっとあれば、嬉しいなあというのが正直なところ。

ただ、さっきも書きましたが常に試合が動いている野球やサッカーと違って卓球は1ラリーごとに区切りがあります。

特にサーブ前には選手の集中を乱さないために静かにしないといけない。

そういうスポーツの性質上、お酒の販売っていうのは難しいのかもしれないなぁと思ったり。

 

特に卓球はよく知らないけど「興味がある!」もしくは「プロスポーツ観戦で盛り上がりたい!」っていう卓球をあまり知らない人とのズレとかが生まれそう。

ただ、お酒飲みながら何かフードをつまみながらスポーツ観戦するって割と楽しみでもあるし、丁度いいところで折り合いつけられないですかね。

まとめ:それでもTリーグは最高!

良い事も、悪い事も色々書きましたが、それでもプロの試合が見られるTリーグはめちゃめちゃ良いです!

だって、まだ始まって数か月のプロリーグ。

まだ模索中の段階だろうし、その段階でこれだけ楽しませてもらったのだから本当に可能性しかないですよ!

だって、俺が卓球やっていた頃なんて世界レベルの選手の試合はビデオでしか見られなかったんだから!

そんな世界レベルのプロ達の試合が定期的に、しかもこんな間近で見られるなんて本当に最高です!

料金も2019年から改正され、もう少し安くなるのでより馴染みやすくなるんじゃないでしょうかね?

1月、2月開催試合分のチケット販売価格について

ただ、残念ながら来月は試合数が女子の2試合のみと大幅に少なくなってしまいます。

男子の次の試合は2月からとちょっと間隔が空いてしまいますが、興味を持った方は是非一度行ってみてほしいですね!

シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

記事の感想はこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト