今まで寂しさを埋めるためにお金を使ってたことに気づいた。

節約を始める前にまず考えるべきなのは寂しい時間を埋めることなのかもしれないなぁと思ったお話。

 

昨日ね、家に帰って溜まったレシートを一つ一つ見ながら、家計簿をつけていたらあることに気づいたんですよ。

他の週に比べて、先週1週間だけ支出が極端に少なかったんです。

1週間前と言うと、ちょうど沖縄の実家に帰っていた頃。

実家に帰ってるんだから、もちろん支出が少ないのは当たり前なんだけど、それでも極端に少ない。

「なんでだろう」と思って調べてみるとね、外食費(カフェなど)や晩酌代がほぼゼロに近かったんです。

この2つは元々少しずつ減らしていこうと思ってたけど、中々減らせなくて困ってた出費だったんですよ。

今まで色々試してたけど、中々減らなかった出費が、実家だと特に意識してないのにピタッとなくなりました。

 

そこで気づいたんですよね。

ああ。

家に帰ったら家族がいて満たされてたから使う必要がなかったんだな、今までは寂しさを埋めるためにお金を使っていたんだな、って。

ビックリするほど茶色い食卓(笑)

埼玉だと、友達には気軽に会えなくて休日は割と一人で過ごすことが多くて。

だけど、家に籠るのは好きじゃないんで近くのカフェに行ったり、映画観に行ったりしてたんです。

夜だって仕事終わって、まっすぐ家に帰って「はい、おやすみ」って寝るのがなんだか虚しくて、帰りにカフェに寄ったり、何かイベントが欲しくてお酒飲んでたのかなぁと。

この前試したチョコミントハイボール

そういえば、マンガ「NARUTO」の我愛羅のセリフでこんなのがあったのを思い出しました。

己にとって大切な者が必ずしも”善”であるとは限らない。

たとえそれが”悪”だと分かっていても人は孤独には勝てない

出典:NARUTO

「我愛羅 孤独には勝てない」の画像検索結果

これは人だけでなく、対象がモノでも同じことなんだろうなぁ、と。

たとえ体に悪いと分かってても、家計を圧迫すると分かっていても、きっとそれは孤独を埋める役割をはたしているんじゃないかと思うわけです。

そういえばjmatsuzakiさんも人は「人は見返りのあることをやっている」って言ってましたな。

ダイエットに関連する言葉で「エモーショナル・イーティング」という言葉があります。

これは「偽物の食欲」と呼ばれているもので、お腹は空いてないけどストレス解消のために食べてしまうというもの。

これと似たような事が「食事」に限らず普段の生活にもあるんじゃないか、と。

さすがに食べ過ぎじゃないか。

節約節約という前にまず、今やっているその行為が自分のどんな感情を満たすためにやっているのか。

そこに思いを馳せることの方が大切なんじゃないかなと思ったわけです。

その結果、自分の心に必要であれば「たまには」許してもいいのかなと。

 

お金の使い方をその費目ごとではなく、欲しい感情で考えてみる。

『勘定=感情』

もし、その欲しい感情が他のものでも得られるなら、その他のものを試してみる。

そういう風に感情ベースで考えると、もしかしたら無駄な出費が減るかもしれないなぁと、そんな事を思いました。

0




シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

記事の感想はこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの31歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 大学卒業後は何年か役者やってましたが、今はWEB制作会社で働いています。たまにイベントスタッフも。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト