【山口県】日本橋で出逢う山口の逸品。おいでませ山口館に行ってみた。




富士の国やまなし館と同じ日本橋プラザビルの中にある『おいでませ山口館』

山口といえば幕末維新ゆかりの地であるとともに、下関のふぐと有名な日本酒「獺祭(だっさい) 」の生まれた土地でもあります。




金魚が空を泳いでいる店内

店内はゆったりとした雰囲気。

よく分からないけど、なぜか金魚がたくさんつり下がっている。

店員さんに聞いたら金魚ちょうちんというそう。かわいい。

獺祭だけじゃない。知る人ぞ知る酒処、山口県

さて、山口県といえばふぐ、外郎、瓦そばなどいろいろ美味しいものがありますが、ここで注目したのは地酒。

最初にも書きましたが、山口県の日本酒として有名な獺祭。

実は獺祭だけでなく、他にも美味しい地酒がたくさんがある山口県。

知る人ぞ知る日本酒の名産地ということで山口の地酒がたくさん!

他にもふぐや外郎など山口の美味しいものがたくさんあります。

月曜と水曜限定で生外郎が食べられます。

今回食べたのはやまみうにの『海鮮うに醤油漬』

ふぐや日本酒とも悩んだんですが、今回選んだのはこちら。

食べる前に写真撮るのを忘れたので空瓶を(笑)

一応、中身が入った写真も。

食べるウニ醤油ということで、そのままでも美味しいウニ醤油にイカ、ちりめん、小柱を配合した食べる調味料。

ウニの芳醇な磯の香りと、コリコリとした食感が最高に美味いごはんのお供です!

ごはんにのせて食べたんですけど、これはごはんが止まりません(笑)

香りがかなり強いので、好きな人にはたまらないです。

店舗情報

おいでませ山口館

住所:東京都中央区日本橋2丁目3−4 日本橋プラザビル 1F

TEL:03-3231-1863

営業時間:10時30分~19時

公式HP:おいでませ山口館

 

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト