28歳フリーターがもう一度ミュージカルに挑戦することになりました。

F太さんのステキなつぶやきがあったので、お裾分け。

現状に満足はしていないけど、行動する勇気がない人にぜひ読んでほしいつぶやきです。

これは本当に真実だと思います。

ボクにも似たような経験がありました。




大きく動こうとすると動けなくなる。

コンクリートジャングル

ボクは5年前に役者を目指して地方から上京してきて養成所に入ったんですが、とある理由で現場を離れてしまってからは怖くなって再度チャレンジするということができなくなってしまいました。

 

「挑戦したい、でもコワい。じゃあやめる?でも諦められない。」

 

じゃあどうしよう?

そうだ。

レッスンに行って、力がついたらオーディションを受けよう。

そう思って、レッスンに通い始めました。

 『〇〇したらやろう!の〇〇は一生来ない』

結論から言うと、力なんてつきませんでした。

だって役者の力なんて行動することでしかつかないんだから。

レッスンに行くのもお金がかかるので、バイトをいくつか掛け持ちしながら、しばらくはレッスンに通い続けました。

しかし、だんだん家計が苦しくなってきて、気付けばレッスンには行かなくなりバイトばっかり。

いろいろやりました。

舞台に立つことなく、あっという間に3年たってました。

今あるちっぽけな勇気でできる小さな行動はなんだろう?

このままじゃ何も変わらない。

焦りは募っていくけど、でも動けない。

でも、動かないと多分一生このままだ。

まるでアクセルとブレーキを同時に踏んでる気分。

ただただ、心だけがすり減っていきました。

アクセルだけ踏めたらガンガン進めるのに。

こんな考えがグルグルと頭を常に回って悶々としている、そんな時に冒頭のつぶやきを見つけました。

僕の場合、経験はあるので、情報はある程度足りています。

足りないのは勇気でした。

 

じゃあ今度は「今あるちっぽけな勇気でできる小さい行動」はなんだろう。

これについて考えました。

その時に思ったのが「お金を取れるほどのクオリティの高い演技を求められない、ただの発表会なら出来るかも」ということ。

すると、とある劇団でちょうど初心者向けのミュージカル体験講座の受講生を募集しているのを見つけました。

 

本来、舞台俳優を目指すなら自分でオーディションを受けて、仕事をゲットしていくもの。

でも、今の僕にそんな勇気がなく、3年も無駄にしてしまった。

だったらお金はかかるし、初心者向けだけど、その分ハードルは下がるからできるかもしれない。

そう考えたんです。

ミュージカルっていいよね。好きです。

そこで思い切って、今回その講座に申し込む事にしました。

この情報を見てから申し込みするまでの期間、たったの3日。

3年も動けなかったのに、小さく動こうとしたら3日で動けたんですよ。

不思議なものですよね(笑)

というわけで、ミュージカルに挑戦することになりました。

 

学生時代以来のミュージカルで、どうなるか全くわかりません。

でも、今はとてもワクワクしてます。

小さく、こっそり動く。

ここから先はボクの思ったことですが、小さく動く時はこっそりと動いた方がいいと思います。

いっそのこと誰にも言わないくらいの方がいいかもしれない。

バレないように。

バレないように。

というのも、今回ボクがこの講座に参加したいという話を友達にすると、

「養成所行った人が今さら初心者向け?失敗してもいいから大きいことやれよ、チャレンジしろよ!」

と言われました。

 

それが出来ないから困ってるのに。

 

周りは自分の基準でいろいろモノを言ってきます。それはもちろん悪い事じゃないし、当たり前の事なんだけど。

せっかく小さい勇気を振り絞って一歩踏み出したのに、もし周りに知られたら

「そんなに小さく動いて何の意味があるの?」

そう言って、あなたを元の位置に引っ張り戻しかねません。

ものすごい力です。

病弱な人にはまずお粥から、それから体に優しい薬をあげますよね?

いきなり精のつく食べ物をあげたり、強い薬を飲んだら逆に体をこわしちゃう。

それと一緒。

だから、勇気のない人は小さく、かつこっそり動くことをオススメします。

小さくても一歩を踏み出せば、何かが大きく変わる。(2016年11月8日追記)

動けなくて焦ってるときって、一発逆転を狙って大きく動こうとしてしまうのかもしれません。

僕がそうでした。

でも、大きな変化を生み出すのに大切なのは必ずしも大きな一歩とは限りません。

小さな小さな、周りからしたら踏み出したかも分からないような小さな一歩でも動き出せば何かが変わると思います。

 

ちなみに僕はこの一歩がきっかけで過去参加した舞台の中で一番レベルも規模も大きいミュージカルへの参加が決まりました。

しかも、オーディションなしです。

ちっぽけな勇気で出来る小さな行動を起こしたら舞台出演のお話をいただけました。

2016年11月8日

最初に一歩踏み出した時にはこんなことになるなんて思ってもみませんでした。

大きく踏み出そうが、小さく踏み出そうが一歩は一歩。

前に進めば、何かが変わるかもしれません。

同じように「やりたいことがあるけどできず苦しみ悩んでいる」人へ

この記事にたどり着いた人の中には、『やりたいことがあるのに進むも退くもできなくて苦しんでる人』がいるかもしれません。

そんな人は、まず諦めないでください。

そして出来ない自分を責めないで、やりたいことを今自分にできる範囲まで小さくして、こっそりやってみましょう!

大丈夫ですよ!あなたが幸せになる事を願っています(^^♪

こんな風になれますように。

スポンサーリンク




シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

記事の感想はこちらから。

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの31歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 大学卒業後は何年か役者やってましたが、今はWEB制作会社で働いています。たまにイベントスタッフも。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト