【1人の誕生日を楽しんでみた①】築地虎杖 魚河岸千両で海鮮ひつまぶしを食べる。

一昨日3月23日に私よざっちは29歳になりました!

20代最後の歳ということに当日の朝に気付いてかなりビックリ!

昨年末に彼女とお別れしたので1人なのと、やりたいことも特になかったんだけど。

20代最後の誕生日と考えると何かしなきゃいけない焦りにかられて、あてもなく街へ繰り出してみることに!

いくら強がってみても、一人は寂しい!(笑)

こんな事なら働いときゃよかった!

そんなことを思わないでもなかったけど、せっかくの誕生日楽しまなきゃ損ってことでいろいろやってみましたよ!

 

まずは美味しいご飯をということで築地に海鮮を食べに行きました!

目指すは築地場外市場にある「築地虎杖 魚河岸千両

そこの名物の海鮮ひつまぶし!

平日だというのに観光客でにぎやかな築地。

そういえば場外市場は築地に残るらしいね!

この素敵な風景もここに残るわけだ!

良かった!良かった!

 

1回で3度楽しめる海鮮丼

築地虎杖 魚河岸千両」は元祖海鮮ひつまぶしのお店。

普通のひつまぶしと同じで1つの海鮮丼をいろんな味で楽しめるんですよね。

スタッフの方が説明から準備まで全部やってくれるので安心。

店先には本マグロの頭が。

 

1杯目 普通に海鮮丼

おひつに入った海鮮丼と薬味と取り分け用の小椀。

まずはこれを半分に分けて、普通に海鮮丼として食べます。

刺身だけじゃなく、いくらのプチプチや数の子のコリコリなど食感でも楽しめる海鮮丼でこれだけで十分美味い!

全部これでもいいくらいなのだけど、まだまだ楽しみはあるので我慢我慢。

次のために残しておきます。

 

2杯目 かき混ぜてウニ飯に。

2杯目は海鮮丼の残り半分をウニと混ぜ合わせてウニ飯に!

1杯目を食べてる間にお店の人がかき混ぜてくれるので、こちらは食べるだけです(笑)

左のは締め用なので、右側のウニ飯を小椀に移していただきます。

これも美味い!

そのままで美味しい海鮮丼にウニの苦みと風味が広がる大人の味に。

ウニが加わると味がもっと深く濃くなって、さっきの海鮮丼とはまったく別物。

ただ濃厚になる分、量はこれくらいがちょうどいいかも。

もしかして味のバランスも考えての配分なのか??

だとしたらなんと素敵な!

 

3杯目 出汁をかけてお茶漬け。

締めはウニご飯の残りに熱い出汁をかけて海鮮茶漬け!

濃厚な海鮮の味に舌が疲れてはじめてきたところでサッパリとしたお茶漬けがくると、箸がすすむ!すすむ!

熱いけど美味い!美味いけど熱い!

ハフハフいいながら一気にかきこみます!

あっという間に完食!

気付けばおひつ1杯分の海鮮丼をたいらげてしまいました!

いやー本当に美味しかった!

味もさることながら、食べ方を変える事で気分も変わって身も心も大満足です(^^♪

 

味もいいけど雰囲気も良い。

あとは個人的な感想だけど、店の雰囲気がよかった!

カウンター内の板前さん(であってる?)とホールのスタッフさんが冗談を交わしながら仕事をしていたり、活気あふれる店内を見てると「ああ、なんか下町っぽくっていいな」と思ったり。

苦手な人は苦手かもしれないけど、僕は割といいなと感じましたよ。

 

店舗情報

店名 築地虎杖 魚河岸千両(うおがしせんりょう)

住所 東京都中央区築地4-10-14 樋泉ビル1F

時間 [月~土]7:00~23:00(22:30LO) [日・祝]7:00~21:00(20:30LO)

メモ 朝食営業、ランチ営業、夜10時以降入店可

 

海鮮ひつまぶしは並2380円、うに特盛2880円と割高。

でも味は美味しいのでオススメです(^^♪

 

さて腹がふくれたら次はこんなことをしてみました。

    ――つまらない日常を面白がろう。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です