コーヒーオイルを楽しむための抽出法をメモしておく。

ねえねえ、コーヒーが甘い味がするって言ったら信じる?

あ、もちろんブラックで。

そんなことをね、友達が言ってたんですよ。

 

先週、自分でお店を出すためにカフェで働いてる友達と久しぶりに一緒に飲んだんですけど、その飲み会の中で出たお話。

彼の話によると、ステンレスのフィルターで淹れたコーヒーは甘みがあるんだそう。

ちなみにこんなやつ。

E-PRANCE® コーヒードリッパー ステンレスフィルター

なんでもコーヒーオイルというものがコーヒーに出てくるそうで、

紙のフィルターだとそのオイルが紙部分に残ってしまうので、あまり出ないんだって。

 

「コーヒーの甘みってどんな感じなんだろう」

 

 

小説「タレーランの事件簿」の中の格言に、

良いコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い

なんて一文があったけど、フィクションだと思ってたよ!

 

コーヒーオイルどころか、ステンレスフィルターの存在すら知らなかった僕ですが、コーヒー豆をちゃんと専門のお店で買ってきて飲む前にコーヒーミルで挽いてハンドドリップで淹れる程度にはコーヒーが好き。

甘みを感じるコーヒーなんてのがあるのなら是非飲んでみたい。

ただ今すぐにステンレスフィルターは買えないから、今は買えた時のためにコーヒーオイルに関していろいろまとめておくことに。

 

スポンサーリンク



コーヒーオイルを楽しむための抽出方法

このサイト、おしゃれで説明が分かりやすいから是非見てみて。

コーヒーのオイル分を楽しむ|抽出方法による差

この記事の説明だと、

  • ステンレスフィルター
  • フレンチプレス

の2つがコーヒーオイルが多く出る抽出方法らしい。

コーヒーオイルが多く抽出できると、油分があるからかシロップのような口当たりなんだとか。

 

ステンレスフィルターの抽出方法

ステンレスフィルターは表面を薄く覆うくらいのオイルが抽出できるみたい。

オイルが出るってことは、その分フィルターの目が粗いってことだから、コーヒーに粉がちょっと混じることも。

でも、オイルを味わえるのならそれでもいいかもなぁ。

ドリップする時に紙のフィルターとの違いとかはあるんだろうか?

 

フレンチプレスで淹れる方法を書いてくれてる記事はこちら。

フレンチプレスの良い所は美味しいコーヒーが簡単に、しかも安定して淹れられること。

淹れ方もコーヒー豆をお湯に浸して時間を置いたら、取り除く浸漬式。

パックのない紅茶のティーパックみたいな感じだね。

そもそもフィルターを通してないから、この方がオイルもたくさん出るらしい。

 

ただ、ドリップするのも楽しいしなぁ。

今回は淹れる時々によって味が違うみたいな面白さもコーヒーの楽しみでもあるし。

 

オイルの量によってリッチ感が楽しめる

一番オイルが少ないのがペーパードリップ、

一番オイルが多いのがフレンチプレスってことみたい。

littlepepper / Pixabay

そしてオイルの量が増えれば増えるほどリッチ感が増して、

コーヒーに入る粉の量も増えるそう。

オイルうんぬんっていうよりドリッパーの目の細かさってことだよね。

 

ちなみにこちらは5種類の淹れ方で味を比較してた記事。

美味しいコーヒーを楽しむために! 5種の抽出方法を比較しました【後篇】

これを見ると、フレンチプレスは良くも悪くも豆の個性がそのまま出るみたい!

淹れ方は簡単だけど、お湯や豆の条件はしっかりする必要がありそう。

この記事ではサイフォンも試してて評価も結構安定してるみたいです。

サイフォンは憧れるよなぁ。

あ、サイフォンって科学実験に使いそうなやつね(笑)

HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン テクニカ 

 

まとめ

いろいろ調べてみた結果、やっぱりステンレスフィルターがバランス的に良さそう!

給料入ったら買ってコーヒーオイルを堪能してみようと思います。

 

スッキリ飲みたいときはペーパーで、

リッチ感を楽しみたい時はステンレス。

 

豆の種類だけじゃなくて、気分に合わせてフィルターも使い分けられたら、

家で飲むコーヒーにも幅が出てきそうで楽しそうだね。

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。