あまりに美味しそうだったのでマックの期間限定バーガー『チキンタルタ』を食べてみた。

スポンサーリンク

どうも。

マックに行ったら大体チキンクリスプかコーヒー(あと、ときどきポテト)しか注文しない僕です。

 

だってマックの売りって安さと早さでしょ?

マックのファンには失礼かもしれないけど、

正直、味を求めるならちょっと値が張ってもモスバーガーとかバーガーキングに行こうと思ってしまいいます(^^;

だから、マックで300円以上するバーガーを買おうなんてそうそう思わないんですが、

今回は『ぐるりみち。』のけいろーさんのこの記事にやられてしまいました。

 

上手いブロガーというのはこういう人を言うんだろうか。

相手が興味ないものを自分の文章で興味を持たせてしまうんだから。

写真もそうだけど、文章が変に気取ったグルメ記事じゃなくて自然な文体で、

でも言葉のチョイスが絶妙だからスッと心に入ってくるよね。

ああ、腹がへった…(´Д`)

 

とにかく!この記事のせいで胃袋がチキンタルタ以外を受けつけないモードに入ってしまった!(笑)

しかも夜中に!

ということで昨晩は翌日にチキンタルタを食べることを楽しみに就寝。

そして今日、早速ランチタイムにマックへ行って食べてきました。

 

スポンサーリンク




ランチタイムにマックへ。

お昼休みにマックに行って『チキンタルタ』を注文。

380円あればモスで大好きな海鮮かき揚げライスバーガーを頼んでもお釣りがくるじゃないか!

そんな言葉が頭をよぎらなくもなかったけど、胃袋はもうチキンタルタ完全受け入れ態勢。

モスライスバーガー海鮮かきあげ(塩だれ)

モスのメニューの中でダントツで好きです。

モスバーガーメニュー情報

 

実際どんな味なのか楽しみ。

チキンタルタが僕の手の元に。

記事にもあったけど、黄色い箱にシンプルに「タ」と「ル」の文字。

シンプルでインパクトがあるデザインにちょっとワクワク。

このデザインかわいいな。考えた人すごい。

まだ食べてないけどすでに好感がもてる(笑)

 

そういやこんな箱入りのバーガーをマックで頼むなんて何気に人生初だったりして。

こうなりゃ僕の初めてをチキンタルタにささげようじゃないか。

 

いざ実食!

バーガーを食べるのに箱を開けるなんて普段ないからちょっとドキドキしながら箱を開ける。

すると、姿をあらわしたチキンタルタ。

いつも食べてるバーガーと一目でわかる違い。

なんか思ってたよりも小さい…。でもちゃんとバーガーしてる!

これは期待大。

それではいただきます!

 

…。

 

うんまぁ!

詳しい食レポは冒頭に紹介した記事を読んでほしいので割愛するけど、

とにかくバンズがふわっもちっとしてすごい美味い!

こんなに柔らかいのは初めてかも。

かぶりつくと、ある程度までそのモチモチ感で受け止めてくれながら、

ムチっと噛みきれるこの食感も気持ちいい。

 

 

でもって、そこにタルタルソースの甘さとチキンの旨みがくわわって

これは美味い!

全体的に甘めの味付けの印象だけど、甘ったるくなくて絶妙なバランス。

味付けも嫌いじゃない。むしろ好み。

 

あっという間に完食してしまいましたよ。

いやーこれはまた食べてしまうわ。

誘惑に負けてチキンタツタも食べてみた。

1個のボリュームが個人的にちょっと物足りないのと、

『チキンタルタ』が美味すぎたので『チキンタツタ』も食べてみることに。

結果、2つ食べるという(笑)

2つ合わせて872kcal

うわ、あとで運動しなきゃ。

こちらもシンプルに「タ」と「ツ」だけのデザインの箱。

箱を開けると生姜の香りがふわっと香ります。

タルタルソースで全体をまろやかに優しく仕上げた「チキンタルタ」とちがって、

生姜醤油とチキンの旨みと香りがダイレクトにくる「チキンタツタ」

さすが名作。正統派な美味さ。

バンズも同じはずなのに、受ける印象が全然違うので面白い。

 

期間限定なので食べてない人はお早めに!

今回「チキンタツタ」と「チキンタルタ」は期間限定販売!

といってもはっきりいつまでって発表はないみたい。

 

こちらのブログによると、3月初旬までっぽい。

チキンタツタ2017の発売期間はいつからいつまでか/Study Boys Project

となると後約1ヵ月くらい。

380円は個人的には割高だけど、あと3回くらいは食べたい。

 

こんな美味いバーガーと出会いをくれた『ぐるりみち』に感謝!

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。