俺が思った初めてコンタクトを買うときの注意点




28歳にしてコンタクトデビューしました。

「眼球に直接触って、レンズつけるとか絶対ムリ!怖い!」

と出来れば一生お付き合いしたくなかったコンタクトレンズ。

 

だけど今週末に舞台の本番があって、さすがにメガネをかけて出るわけにはいかないので、今回観念してコンタクトにすることに。

コンタクトってすごいね!

 

メガネ歴13年。

といっても数年前まではちょっと眼が悪いくらいだったけど、気付けばかなり悪くなってたらしく視力検査の一番上の段のもちゃんと見えないくらいに…orz

そんな俺の視界にはいつもメガネのフレームがチラついてうっとうしかったんですが、

コンタクトにするとなんという開放感!

 

世界はこんなに輝いていたのか!と感動の嵐!

 

今は

コンタクト最高! 

って気分です。

ただ初めてのコンタクトを買うのにいろいろと手間取ったり、不安な部分もあったので、これからコンタクトを初めて買う人のために自分の感じたこととオススメ情報も合わせておすそわけ!

 




初めてコンタクトを買う人は最低1時間は見たほうがいい

コンタクトを買うためには眼科に行って検査を受けた上、コンタクトの付け外しの練習をします。

それが上手くできて初めてお店でコンタクトレンズを買えるようになるわけですが『付ける』のも『外す』のも両方自分で出来るようにならなきゃいけないんですよ。

この練習が思いの外時間がかかる。

 

早い人で30分以内、遅い人だと2時間くらいで出来るそう。

 

俺は1時間くらいで出来ました。(だいたい平均1時間らしい)

ちなみに俺はキツキツのスケジュールの合間を縫ってコンタクトを買いに行ったので、なんとか予定時間内におさめるのに必死でした(笑)

初めてコンタクトを買いに行く時は時間に余裕を持っていくことをオススメします!

 

店員さんがちゃんとアドバイスをしてくれる。

付け方、外し方に関しては店員さんがちゃんと教えてくれるので安心して大丈夫です。

中々上手く付けられない時は店員さんが見てくれて「どこをどう直ししたら上手く付けられるのか?」をちゃんとアドバイスしてくれるんです。

そのアドバイスをききながら、自分で付け外しが出来るまでトライ&エラー。

怖い怖いと思ってたコンタクトも短い時間にだんだんと自分が上達していくのを感じるのはそれはそれで楽しくもあったり。

スッとコンタクトを付けることが出来た時の喜びといったら!

 

ドラクエのレベルアップのファンファーレが鳴ってる気分です(笑)

 

正攻法じゃないけど俺が思ったコンタクトを付けるコツ

コンタクトをつける時、何が一番怖いって、

眼球に触る事

だよね(笑)

始めはこの瞬間がマジで恐怖(笑)

コンタクトの正しい付け方には『黒目の上にコンタクトを乗せる』とあるんだけど、

自分の目に自分の指が向かってくるのってやっぱ怖い(^^;

「まばたき禁止ですよー」なんて言われても、いや、無理だし。

コツを聞いたら「我慢と慣れですね~」なんて「根性論」しか言ってくれないし(笑)

 

そこで1時間いろいろ試して俺が感じたのが、

  • 最初はコンタクトを見ない。(ちょっと上を向く)

ということ。

 

最終的にはレンズを黒目の上に乗せるんだけど、まずそこにすらたどり着けない時にはもういっそコンタクトを見なくてもいいと思うんですよ。

自分の指が自分の目に向かってくるのを見て、まばたきしちゃうくらいならコンタクトを直視ぜす上の方を見ながらコンタクトが自分の目に触れる感覚を体験する。

そうすると「あれ?こんなもんなんだ。」と恐怖感がちょっとだけ薄れます。

 

そして、あともう一つ大事なのは

  • イメージはコンタクトが目に吸い付く感じ

 

コンタクトを付けるには自分で自分の眼球を触らなきゃいけないと思ってたけど、それは半分間違い。

コンタクトってちゃんとした角度に眼球に触れると、スッと瞳にくっついてくれます。

だから目を触ろうとするよりもコンタクトを触れさせるといったイメージの方がいいのかも。

 

初めてのコンタクトのオススメ情報

コンタクト会社の初めての人の向けのサイトをまとめてみました。

どうしても怖いなという人は眼科に行く前にこのサイトを見て勉強しておくと気持ちラクになるかも。

コンタクトってすっごくいいよ!

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト