ノリが悪いのノリって何?自分を殺してまで合わせていじられキャラでいる必要はなし!

image

「ノリ悪いなあ~」というこの言葉。

俺は大嫌いな言葉だから絶対言わないようにしてるこの言葉。

 

友達からのフリにいちいち乗っかり続けて、それに疲れてしまって乗らなくなったら

「お前ノリ悪いなあ~」

と言われて違和感を感じたから考えてみた。

 

ちょっと待って。それってホントにノリが悪いのか?

スポンサーリンク



そもそもノリってなんだ?

「ノリが悪いなあ~」の「ノリ」ってそもそもなんだ?

だからノリって何なのか調べてみました。

 

実用日本語表現辞典によれば、

その場の雰囲気に合わせて調子づくこと。場の空気に乗る形で物事を行うこと。

ということらしい。

 

ほうほう。「ノリ」っていうのは、その場の雰囲気とか、場の空気ってことか。

 

でもさ、よく言われる「ノリが悪いなあ~」って時の「ノリ」って、

よくよく考えてみると7、8割、

「相手の思い通りにこちら側が動かなかった」

って時に使われる気がするんだよね。

 

こちらにはこちらの考えや思いがあって生きているんだから、それを一方的にこちらが悪く言われる筋合いはなくない?

 

挙句、場の空気を引き合いに出して自分を正当化しているこの感じ。

それってちょっと卑怯じゃない?

 

確かにのる事が必要なときもそりゃあるけど、

本当にのった方が良い時なんてそうそうないよ。

いじりに乗った方がおいしいとかいう奴は完全に無視した方がいい。

あと、いじられキャラを嬉々としていじってくる自称いじりキャラが言ってくるのがこれ。

 

「のっかったらおいしいのに~」

 

そんなことをいう奴のイジりにのっておいしい事は何もない。

芸人さんは人を笑わせることが仕事で、いじられキャラというのも笑いをとるための役割分担。

芸人でもない僕ら一般人が、自分を殺してそんなイジりにのって得するの?

それを見た周りがさらにいじってくるだけ。

 

いじられるにも信頼関係が必要。

人をいじるにも、「相手を殺す人」と「相手を生かす人」がいると思うんだよね。

だからちゃんとその人を見極めた方が自分のためだと思う。

キングコングの西野さんも本で書いてますが、人をいじる/いじられるには信頼関係が必要。

 

まずは自分をいじってくる相手との信頼関係があるかどうか、考えてみよう。

そもそも信頼関係もないのに「こいつには何をしても大丈夫」ってこちらをダシにして自分を大きく見せようとするやつなんて論外。

信頼関係があって、かつ相手に愛をもって、場も一緒に盛り上げる手段として『いじる』人であって初めて自分がのっかるかどうかを考える価値があると思います。

 

ただ、これもあくまで基準であって、いくら場が盛り上がったりノリが良くても自分がしんどかったら乗っかるのはやめた方がいい。

ちゃんとしっかり相手をみよう。

そして嫌な相手だったらどんどん離れて行こう。

まずは自分を大事にしよう。

あなたは優しい人だから、最悪乗らなくても大丈夫。

この記事を読んでくれるアナタはきっと優しい方なんだと思う。

そうじゃないとそもそもこんな記事読まないから。

 

自分を殺してまで、その人のノリに合わせる必要がこちらにあるのかなあ?

乗らなかったらやんや言われる。

乗っても自分はしんどい。

 

そこまでしてでも仲良くしたい人だったらいいけど、

そこまででもなかったらそんなことする必要ないと思う。

 

大丈夫!優しいアナタならそんな人に乗らなくても

ちゃんとまた仲良くなれる人に出会えるから!

 

自分が楽しくなるように心をラクにしていこう!

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

2 件のコメント

  • Wow, marvelous blog layout! How long have you been blogging for? you made blogging look easy. The overall look of your website is great, as well as the content! baagdfedddgf

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    よざっち

    神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
    中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

    それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
    今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

    演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。