どうせなら誰かのお守りになるような発信を。

「あ、ヤバい。」

エラー続きで、先週想定したラインまでメインで進めている案件が進まなかった。

そこに急遽お願いされる締め切りが近い細かい仕事のせいで、メインの仕事がより押して、ストレスMAXだった今週のあたま。

久々に「あ、ちょっとヤバいかも」と思っていたのだけど、ドングリFMのこの回を聴いて少し心が軽くなった。

以前、体調を崩した時に「これくらいの考え方でもいいよなぁ」と思い、それから仕事でしんどくなると度々聴いている。

内容をざっくり説明すると、仕事でストレスを感じ て、これがコレから先も続いていくと想像するだけで辛い人に向けて「頑張って働かなくていいよ。もっと自分の人生大事にしていいんじゃない?」って話。

(ざっくりまとめたけど、実際はもっとしっかりしてます)

このふたりのゆるーいトーンで話されると、何だかふっと腹落ちするんですよね。

辛い時やしんどい時に聞き返したくなる、僕にとってお守りみたいなポッドキャストです。

このポッドキャストはおすすめ!

ゆるくて面白くて、たまに役に立つ情報もあるのでおすすめです。

お守りっていいですよね。

役に立つか?と聞かれると、お守りで写真は撮れないし、電話できないし、ゲームできないし、暇はつぶせないし、スマホの方が100倍便利。

でも、不安でたまらない時、誰かの幸せを願う時にお守りって心の拠り所となるじゃないですか。

役にはあまり立たない、でも誰かにとって意味はあると思うんですよね。

熱田神宮で買った男守(ますらお)お守り

これって何かを発信する時も同じなんじゃないかなと。

案件を取れる情報でも、売り上げを上げる情報でも、フォロワーを増やす情報でも、そもそも有益な情報でもないけど、なんか誰かを救ってる発信ってあるんじゃないかなあ、と。ないですかね。

まぁ、全部が全部とは言いませんが、僕も誰かのお守りになれるような、そんな発信を少しずつ増やしていきたいなと思うわけです。

辛い時、しんどい時に読み返したくなるような、見返したくなるような、聞き返したくなるような。

どうせなら誰かのお守りになるような発信を。

0

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神奈川生まれ、沖縄育ちの31歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。
大学卒業後は何年か役者やってましたが、今はWEB制作会社で働いています。たまにイベントスタッフも。
トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。
 
>>詳しいプロフィール
>>よざっちの欲しいものリスト

コメント

コメントする

目次
閉じる