駅前の喧騒を忘れさせてくれる上質な空間。大宮駅東口のドトール珈琲農園で過ごす至福のひと時。 

スポンサーリンク




関東地方も先週から梅雨入りし、しとしとと雨が降る日が続きますね。

せっかくのお休みも雨だと、途端に外に出たくなくなってしまいます。

こんな日は室内で美味しい珈琲でも飲みながら好きな漫画や本を読んだり、動画を見まくるに限る。

いつものカフェもいいけど、せっかくなら新境地を開拓したい。

という事で、以前から気になっていたドトール珈琲農園に行ってみました。

ドトール珈琲農園

さすがドトールさん。安定の品質。珈琲も食事も美味しかったです。

これは珈琲とゆったりとした時間を味わいたい時に行きたい。

 

スポンサーリンク




大宮駅東口にあるドトール珈琲農園

大宮駅東口のラクーンの斜め向かいに2018年4月にオープンした「ドトール珈琲農園」

入口こそ小さいけど、その存在感たるや。

ずっと気になってたんですが、お値段の高さに中々行けずにいました。

なんと珈琲1杯540円から。

出典:公式サイトより

なかなか高めなお値段。

だけど、ドトールって珈琲・食事ともに美味しいんですよね。フードで特に大好きなのはあつあつハムチーズ。

よざっち
きっとハズレはないはずだし、たまの贅沢だからいっか

そう思い、今までは開ける事のなかったドアを開け、店内へ。

珈琲農園主の邸宅に招かれたような上質な空間

ドアを開けると、ふわっと香る木の匂い。

目の前の階段を登り、2階に上がると現れたのは駅前の喧騒が嘘のような静かでゆったりとした空間。

店内も見えず、入口も狭く目立たなくて、一見、客を拒むような作りだけど、中に入るとこんなにも落ち着いた空間が。

バーと似た「ハイドアウト」な雰囲気にちょっとワクワクします。

公式サイトによると、

珈琲農園主の邸宅に招かれたような上質な空間で、心ゆくまで珈琲の味わいを愉しむ。

そんな空間を目指して、ドトール珈琲農園はうまれました。

とのこと。

まさしく珈琲とゆったりとした時間を味わえる上質空間。

池袋の梟書茶房もそうだけど、ドトールさんはスタバとはまた違った、珈琲時間を楽しむ空間を提供してくれますよね。

禁煙、喫煙スペースがあり、そのどちらもゆったりとした雰囲気。

(すいません。喫煙スペースの写真撮り忘れました)

個室もあるので、小さいお子さんを連れていっても大丈夫そう。

サイフォンで淹れたコーヒーとスキレットのパンケーキ

形態としては、通常のドトールコーヒーと違ってテーブルにメニューがあって注文するスタイル。

残念ながら、お昼を食べてしまっていたので、今回は珈琲とパンケーキをいただく事に。

珈琲はサイフォンで1杯1杯丁寧に淹れたこだわりの1杯。

パンケーキは梟書茶房と同じものかしら。

スキレットで出てくるパンケーキは注文してから出てくるまで20分ほどかかりますが、その分膨らんだ期待にばっちり応えてくれます。

西口にあるオシャレなパンケーキ専門店とは違った、絵本に出てくるようなふっくらした素朴な、でも洗練されたパンケーキ。

池袋で食べた時にめちゃくちゃ美味かったので、これが大宮で食べられるなら幸せ。

チェスの駒をもってお会計

お会計の際にレジに持っていくのは伝票ではなく、チェスの駒。

注文した食事が届いた際にテーブルに駒が置かれ、お会計時にはレジに持っていきます。

思わず心の中で「チェックメイト」と言いました。

普段は中々目にすることのないチェスの駒。それがテーブルにあるだけで何だか気分が変わるから不思議ですよね。

珈琲を楽しみながら、ゆったりと珈琲農園主とチェスを楽しむ時間を妄想してしまいました。

単にオシャレというだけじゃなくて、物語があって素敵です。

おわりに

少々お値段張るけど、贅沢な珈琲時間を楽しめるドトール珈琲農園。

混んでなければ好きなエリアの席に座れるとのことなので、今度は窓側の豪華なソファ席に座ってみたい。

これからの季節は窓の外の雨を見ながら、ここで珈琲と読書でまったりなんて時間、幸せだろうなぁ。

たまの自分へのご褒美にまた来たい。

 

より詳しく店舗の情報が知りたい人はこちらのブログの記事がオススメです。

特にフードメニューについて色々紹介してくれています。オムライスが超美味そう。

参考:ドトール珈琲農園へ行ってきた!【大宮東口店】|さいたまカフェガイド

店舗情報

ドトール珈琲農園 大宮駅東口店

住所:〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町1-94 やすなビル2F

アクセス:JR・東武東上線「大宮駅」より徒歩2分

TEL:048-643-2665

営業時間:7:30~22:00(L.O.21:30)

定休日:無休

支払い方法:現金、クレジットカード可

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト