30歳フリーターがスキルを身に付けたくてAdobe Creative Cⅼoudに登録してみました。

スポンサーリンク




今月からAdobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)に登録しました。

これだけのソフトが使えるってすごいよね。

以前から興味があったんだけど、なかなか登録できなかったAdobe。

よざっち

デザイン系の仕事をしてるわけでもないのに、月々5000円払う意味はあるのか?

というか、それだけ払って使いこなせなかったらどうしよう?

途中で契約解除したら違約金発生するし…

と色々モヤモヤ考えてたら、半年経っていました。いや、お恥ずかしい。

だけど、最近この2冊の本を読んで迷いが吹っ切れました。

没頭力「なんかつまらない」を解決する技術を読んでの感想と勉強になったポイントまとめ

2018.05.05

手ぶらで生きる。~見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法~を読んでの感想と勉強になったポイント

2018.05.03

意味を求めすぎると、動けなくなる。

何がためになるか、より何がやりたいか?

悩む暇があったら、さっさと買う。さっさと捨てる。

 

お金は後から取り戻せるけど、時間は取り戻せない。だから、一番貴重な時間という資源を無駄にするのが一番愚かだと。

もうすでに30歳。これ以上何かに迷って時間を無駄にする余裕はない。

という事で腹くくって始めてみる事にしました。

月5000円なら、サーバー代とか合わせても、今のブログの広告収入でトントン。

学生は3000円もお安い。うらやましい。。

それにお金を払った分、強制力というか何かスキルを身に付けようと必死になれるんじゃないかと。

最近思うのが、人間年取ると人生恐ろしく守りに入るということ。

「このままじゃいけない」と分かってるのに失敗が怖い。でも今の自分を守ったところで未来はない。

自分を動かすためにも多少リスクをとってみることにしました。

出典:ハイキュー280話より

まあ、今回の投資が仕事やお金につながらなかったとしても、自分の思いつきを形にするスキルがあるとそれだけで人生楽しくなる気がします。

自分がやりたいと思ったことを形に出来るスキルが前から欲しかった。

スマホや色んなサービスのおかげでやりたいと思った事は大抵自分で出来るようになったこの時代。

こんな時代に生きていて、それを活用しないのは非常にもったいないじゃない。

 

スポンサーリンク




今は自分次第で何でもできる。

はあちゅうさんもツイートしていたけど、本当に自由に自分を選べる時代。

本出したいと思ったらDTPソフト1)デスクトップパブリッシングの意味で本やチラシなどの出版物を作れるソフト使って自分でデータ作れれば1冊からでも自費出版できる。

何かメロディが思い浮かんだ時に、DTM2)デスクトップミュージックの意味でパソコンで音楽を作れるソフトの事ソフトが使えればそれを曲にできる。

イラストが描けるようになれば、何かアイデアを思いついた時、それを説明しやすい。

自分次第でプロに負けないくらいの映像やラジオ配信もできる。

(あ、ちなみにAdobeにDTMソフトはありません。)

あとは、やるかやらないか。

はあちゅうさんの言う通り、自分で選べるけど言い訳は出来ない時代になりました。

今まで言い訳ばかりしてきた俺。

このままじゃいけないので今回思い切って挑戦してみようと思ったわけですが、今回新しいことを始める前に1つだけ方針を決めました。

気合を入れずに、淡々とやる。

新しいことを始めたい。

俺がそう思う時に、いつも心の中にあったのは「早く結果を出したい」でした。

それはそれで間違いじゃないと思うけど、自分の中のエネルギーが少ない時って全力疾走が出来ないし、出来たとしても続かない。

だから今回はマラソンのように淡々と、だけど確実に前に進むやり方にしてみようと思いました。

参考:エネルギーがない人が新しいことをはじめる時のコツみたいなやつ|けんすうブログ

気合いを入れない。淡々とやる。

やる気を勘定に入れずに、優先的に取り掛かる。

今はその先に何かを得ようとしない。

没頭力」にも書いてあったように、まずはその行為を楽しむところから始めようと思います。

俺が今戦うべきは自分の中にある「早く変わりたい」という気持ち。

筋トレもダイエットもウソみたいに続けられる『小さな習慣』

2017.05.17

結果、楽しかったら続くし勢いも増していくだろうし、向いてなかったらその時はその時。

最後に

とはいっても、やっぱりちょっと気合い入っちゃいます。

だって、これ使いこなせるようになったらマジで色々出来ちゃうもんね。

最終的には、

  • illustrator(イラストやグラフィック)
  • Photoshop(写真加工、修正)
  • indesign(本などの印刷物のデータ作成)
  • After effect(動画作成)
  • audition(音源編集)

まで使いこなせるようになりたい。あ、書き出してみると結構あった(笑)

特にauditionは早く使えるようになりたい。

「アドビ オーディション アイコン」の画像検索結果

そしたら今までラジオの音源編集する時にsound engineとRadio lineの2つのソフトを使い分けていた手間が減りそう。

だけど、あれこれ手を出したらダメなので、ここはグッとこらえて一番メジャーなイメージのillustratorから。

「自分でイラストを描けるようになったら、世界が広がるだろうな」と未来にワクワクしながらも、今淡々とやっていきたいと思います。

 

追記

illustrator練習記録、近日公開。

初心者が独学で学ぶ「はじめてのillustrator」レポート(1~7日目)

2018.05.22

References   [ + ]

1. デスクトップパブリッシングの意味で本やチラシなどの出版物を作れるソフト
2. デスクトップミュージックの意味でパソコンで音楽を作れるソフトの事

スポンサーリンク








シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト