世界の未知なるハンバーガー達をご紹介!日本初のハンバーガー漫画「本日のバーガー」が面白い!

スポンサーリンク




パンと食材、その可能性は無限にあるハンバーガー。

ハンバーガーというのはこんなにも自由な料理なんだ!と読んでいて楽しくなる『本日のバーガー』

スマホアプリの試し読みで、初めて知ったんだけど面白かったので、とりあえず1巻買ってみた。

そしたらどんどん続きが気になってついには全巻買ってしまいました(笑)

ストーリー展開としてはグルメ漫画の定番でもある『料理を通じて人々のトラブルを解決したり悩みを解消したりする』もの。

ただ普通のグルメ漫画と違って、出てくる料理はハンバーガーに絞られます。

でも、毎回こんなハンバーガーがあるんだ!と驚かされるほどハンバーガーの種類の豊富さと器の大きさにびっくり。

ジャンクなイメージを覆す高級なものや、パティを使わずミートソースを使ったり、味付けにチョコレートを使ったもの、などなど今まで見たことないハンバーガーが知れるのが面白い!

しかも、これがすべて完全創作ではなくちゃんと実在するものって言うんだからハンバーガーの可能性ってホントすごい。

でもって、そのハンバーガーの後ろにある物語を見せてくれるから面白い!

ハンバーガーは世界料理なんだという主人公『神宮寺』の言う通り、その土地の個性が生活がハンバーガーにあらわれていて読んでいて楽しいんですよ。

実際に世界のハンバーガーが食べられるお店はないかなぁと思って探してたら、2017年に期間限定でハードロックカフェがイベントを開催していたそう。

今年もやるかしらん。

 

漫画の雰囲気としては、スーパージャンプで連載されてた大好きな「バーテンダー」に雰囲気が似てなくもない?

(このマンガ、めちゃくちゃ好きで全巻持ってました。長友健篩さんの作画の方が好きでしたが)

こんなハンバーガー屋が実際にあればいいなと思いながら、なかなか身近にないのでこのマンガを読み漁っています(笑)

今まで紹介されてた中で個人的に食べてみたいのは、シルパンチョ。スパイシーで美味そう。

 

スポンサーリンク






シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの30歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代はサークルでミュージカルに熱中していました。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 トラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。   >>詳しいプロフィール >>よざっちの欲しいものリスト