消える短編小説?!ピース又吉おススメのミステリー小説『生者と死者』を読んでみた。

スポンサーリンク




人って隠されると何でその中身を見たくなっちゃうんだろうね。

例えば、ロックがかけられた恋人のスマホしかり、DVDショップの大人のカーテンの向こうしかり。

どうも人間というのは隠されたものを見たいという心理には勝てないようです。

今回も誘惑に負けてしまいました。

普段はミステリーとか推理小説とかあまり読まないんですけどね、つい買ってしまった。

 

スポンサーリンク




泡坂妻夫著『生者と死者』

生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術

この本、何が面白いかって袋とじになってるんですよ。

その袋とじのまま読むと短編小説、袋とじを開けると長編小説。

1冊で2度楽しめるんです。

ストーリー構成やトリックに仕掛けを施してる小説というのは多いでしょうが、本自体に仕掛けがある本というのは少ないんじゃないでしょうか?

30ページくらいなので本が苦手な人でもサラッと読めるくらいのボリューム。

そして、ここがよく考えられてて凄いんですけど、袋とじされてるのに、しっかりと短編小説として成り立ってるんですよね。

短編小説として楽しんだら、今度は袋とじを切り開きます。

本にカッターを入れるなんて、以前遊んだゲームブック『武器と防具は文房具』以来。

中々ない経験なのでドキドキします。

全部の袋とじを開けると、短編小説は消えて長編ミステリー小説になりました。

 

そして、この長編ミステリーがまた短編で読んだ話と全く違った顔を見せます。

1ページ目から「あれ?そっちだったの?」という展開に、どんどん物語に引き込まれます。

最初からそのまま読んでいたら、1ページ目からここまで引き込まれなかったんじゃないでしょうか。

 

結局、約200ページもある小説をあっという間に読んでしまいました。

これ面白いよ、ホント。おすすめです。

新しいアイデアとは新しい場所に置かれた古いアイデア

仕事は楽しいかね?にも書かれていたけど、新しいアイデアというのは、新しい場所に置かれた古いアイデアなんだそう。

たしかに袋とじ自体は何も新しくないし、むしろ昔からある手法。

ただ、これを小説に使う、しかも袋とじを上手く活用して短編小説にしてしまういうのは非常に面白い画期的なアイデアだと思うんです。

同作者の別作品。こちらにも何か仕掛けがあるそう。

置く場所を変えると、そのものが持つ性質・性格が変わるというのは思考の整理学でも言われていたこと。

僕らが当たり前に思っているモノやコトも置く場所を変えたら、新しく面白いものになるのかもしれない。

もしかしたら、僕ら自身も置く場所を変えることで全く新しく別のものになれるのかもしれない。

そんなことを思いました。

スポンサーリンク






シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの29歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。 それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 お仕事ください。 演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。