新しい演劇のかたち『スイッチ総研』が楽しすぎる。秘密の夜の学校見学会@アンスティチュ・フランセ東京

スポンサーリンク




自分が行動すると、それをきっかけに何かが起こる。

それは日常生活において、当たり前のことです。

だけどプロの手にかかると、その当たり前があっという間に物語に変わります。

 

劇場で座席に座って見るだけが、演劇じゃない。

新しいかたちのお芝居『スイッチ総研』が楽しすぎたので、ぜひ名前だけでも覚えて帰ってください(^^♪

 

スポンサーリンク




スイッチ総研ってなに?

友人
こんなのあるけど、行ってみない?

友達から誘われて初めて知ったスイッチ総研。

一体何をするところなの?と思って調べてみたら、3~30秒の短いお芝居をする演劇ユニットだそう。

ただ1つ特徴的なのが、スイッチを必要とするところ。

「スイッチ」を押すと「何か」がおこる3 秒~ 30 秒の小さな演劇。

スイッチの側に書かれている「あるお願いごと」を実行することでスイッチON。スイッチを押したとたん貴方は物語の観客、はたまた主人公に。道ばたから生まれた唯一無二かつ変幻自在な新しい形の演劇。

出典:スイッチ総研

そこに書かれている行動をすると、それをきっかけに短いお芝居がはじまるという新しいかたちの演劇。

こんな感じです。

初めて見たらビックリするだろうね(笑)

でも超楽しそう!

初のツアー型スイッチ『秘密の夜の学校見学会』

これだけですでにめちゃめちゃ楽しそうなんですが、今回は初のツアー型スイッチということで、舞台は夜の学校。

夜の学校?なにそれ、シチュエーションも最高じゃない。

image

何が起こるんだろう?

所要時間30分で3500円とはちょいお高めだけど、好奇心には勝てずチケットを購入。

今回はどんなスイッチが用意されているのか??

どんな物語を楽しめるのか??やばい、めっちゃワクワクしてきた。

今回の会場となるアンスティチュ・フランセ東京に到着!

当日、早めに着いてしまったので駅付近を散策して時間をつぶしてから会場へ。

飯田橋駅から徒歩5分ほどの距離に、今回の会場のアンスティチュ・フランセ東京はありました。

こういうところ初めて来たよ。

書店にフレンチレストランもあるの?すごいなぁ。

案内に導かれながら奥に進むと校舎を発見!

おお!夜の学校って感じ!これだけですでにワクワクしてくるね。

入口の黒板にしっかりとスイッチ総研の文字が。

にしても「秘密の学校見学会」なのに、ここにデカデカと書いてていいのかな(笑)

受付を済ませ、今回のツアーとスイッチの説明を受けます。

中に入ると、オシャレな雰囲気。さすがフランス!

画像はGoogleからお借りしました。

キレイなお姉さん方がいる受付で、手続きを済ませると、

今回のツアー参加のルールとグループ分けの紙をもらいます。

今回はツアースイッチということで、何人かでグループになって夜の学校を回るんですね。

お!これが噂のスイッチ!

校内にこれと同じものがいくつもあるようです。

一体どんな事をさせられるんだろう?

スタッフさんによると、怖がらせたりすることはないということなので一安心。

いよいよ、スイッチの旅へ!

ツアーのカンタンな説明を受け、グループごとに別れると、いよいよ夜の学校見学会へ!

今回あったスイッチは全部で16個。

そこに書かれたお願い事を実際にやってみると、巻き起こるお芝居の数々!

こういうお芝居のかたちもあるのかと感心させられるとともに、自分が物語の中に入っているような気分になってワクワクしました。

(イベントの性質上、写真を撮る事ができなかったのでスイッチ総研公式ツイートからお借りしました。)

スイッチを押せば何かが起こる。

予想の斜め上をいくものもあれば、スカされるものもあったりと、たった30分の中にもいろんな見せ方があって凄い楽しい!

そして、スイッチを前にしたときのワクワクは人を仲良くさせる力があります。

たった数分前に「はじめまして」だった人たちと数分後には楽しくおしゃべりしながら、学校見学会を楽しみました。

こんなオシャレな本屋さんもありました。

夜の暗い校舎の中を懐中電灯をもって回ったり、生徒と一緒にテストを受けてみたり、

ただ目の前で起こる演劇を見せられるというより、この学校の日常を覗き見してるみたいな感覚が面白い!

 

そして、色々なスイッチを体験しているうちに学校にいる人、みんなが役者さんに見えてくる不思議。

(普通に学校のスタッフの人とか、レストランのお客さんとかもいるんですよ)

非日常が日常で、日常が非日常でみたいな訳分からない感じになってきました(笑)

たった30分だけど、濃密体験。これはやばい。楽しい。30分3500円でも文句なし。

下手な演劇見るより、ずっと有意義な時間でした。

まとめ

劇場で座席に座って、見るだけが演劇じゃない!

新しい演劇体験『スイッチ総研』これは是非体験しなきゃ損ですよ!

スイッチ総研

次の公演はいつだろう?早く次のスイッチを押したい!

スポンサーリンク






シェアしてくれたら嬉しくて小躍りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの29歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。 それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てるフリーター。 お仕事ください。 演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。