オムライスはやっぱり昔ながらのケチャップで。

んだか知らないけど、無性にオムライスが食べたくなりまして。しかも、お店で出てくるようなオシャレな味のオムライスじゃなくて、家で食べるオムライス。

お腹がオムライス以外は受けつけないなんて言うもんですから、今日の晩ご飯はオムライスを作ることにしました。

子どもの頃にも自分で何度かつくったりしたことはあったけど、子どもの頃とは違うのはオムレツをふわとろに焼くという知恵を身につけたところ。

しっかり焼いた玉子をのせるのもそれはそれでいいんだけど、そこはちょっとだけこだわって、中は半熟にしてみたりしました。

バターでオムレツを焼くと出来上がりの香りが違います。

家でつくるオムライスの醍醐味はなんといってもケチャップで文字をかくところ。

子どもの頃はよくオムライスが出るたび、ケチャップで文字やら絵を描いたりして楽しかったけど、大人になったいまはちょっと恥ずかしかったりするじゃない。

けど、いまはワンルームの一人暮らし。誰にも見られる心配はなし。

かいてて自分で恥ずかしくなったら、スプーンで文字を消してしまえば証拠隠滅すればいいだけのこと( ̄ー+ ̄)

この厚焼き玉子を開くと、ふわとろの黄色いキャンパスが。

という事でドキドキしながら、まだ湯気があがるオムライスの上にケチャップでお絵かき。

一体いつぶりだろう?多分小学生の時以来なんじゃないかな。それからだいぶ年を取って、いい大人になったけど、不思議と今やっても案外楽しい。

だけど出来上がった絵がひどかったので、すぐスプーンでなかったことにしました(笑)上手く書くには絵心とは別のケチャップを使いこなすスキルが必要なのね。。

さて、肝心のオムライスの味といえばカフェのおしゃれなオムライスとはほど遠い子供っぽい味。だけど、なんだか懐かしい。

甘酸っぱいケチャップライスに、玉子がからんで「ふふふ」と笑顔になる美味さでした。

最近はデミグラスソースの方が主流になって、ケチャップの方ってあまり見なくなったよねぇ。

久々に食べたけど、やっぱりこっちの方が好きだなあ。オムライスはこうでなくちゃ。

ああ、にしてもケチャップでちゃんとかけなかったのが悔しい。次こそは上手くかきたいなあ。

 

あなたはどっちのオムライスが好きですか?

好きなオムライスはどっち?

View Results

Loading ... Loading ...

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。