音なきものに音を聞く。面白いことばの表現、日本語のオノマトペについて考えてみる。

文字だけを読んでいると、どこかおかしくなるおそれがあるが、いまの人たちは、そのことを考えない。

ことばは声で生きる。

古くなると消えるから、冷凍して文字化・文章にするのである。

文字、文章はいわば冷凍言語である。

『新聞大学』(外山滋比古著)より

僕らが発する声というのは文字という記号におきかえられた時点で、話した時の微妙なニュアンスがなくなってしまいます。

 

たとえば、

笑顔で優しく「こんにちは」というのと、元気よく「こんにちは」というのも文字にしたら全く同じじゃないですか。

変化をつけるとしたら、せいぜい「!」をつけて元気の良さをあらわすくらいしかできません。

だから文章だけで自分の思いだったり、その熱を伝えるのはその道のプロでもかなり大変な事だと思うんです。

(だからこそ文字で心を動かされた時はすげーって感動するんですが)

!って便利だよね。

そう考えると、声よりあやふやな音をことばにしたり、ましてや音じゃないものをことばにするオノマトペってめちゃくちゃ面白い冷凍方法だと思うわけです。

オノマトペとは「擬音語」と「擬態語」を総称した言いかたです。

擬音語は『ブクブク』や『コケコッコー』などの物音や動物の鳴き声など、人間の発声器官以外のものを人間のことばであらわしたものです。

擬態語は『ゆらゆら』や『どきどき』などの、ものの様子や心の動きをことばであらわしたものです。

たとえば、心臓の鼓動が早くなることを、胸が『ドキドキ』する、なんて言ったりするけど、実際に心臓から『ドキドキ』なんて音はしてないわけです。

毎回「心臓の鼓動が早くなってる」と説明するのは大変なので、その様子を『ドキドキという分かりやすくて、短いことばに置き換えたわけですね。

あとはニワトリが鳴く声は日本語だと『コケコッコー』と言うけど、英語だったら『cock-a-doodle-doo(クックドゥードゥルドゥー)』とあらわします。

もしかしてアメリカのニワトリは日本とちがって「クックドゥードゥルドゥー」と鳴くのか?いや、きっと聞こえてる音は同じはずですよね。

だとしたら、この違いは音に対する感性や世界の切り取り方の違いなわけです。

ちなみに中国語だと雄鶏は『喔喔(ウォウォ)』雌鶏は『咯咯(グーグー)』とオスとメスは鳴き声が違うと感じてるよう。ここらへんも面白いところ!

認識できないことは言葉にできませんから、きっと中国は僕らより、よりニワトリに馴染みがあるんだと思います。

だってニワトリの鳴き声がオスとメスでちがうって思ったことないもんなぁ。

こんな感じでオノマトペってその人たちの音のとらえ方や感性、世界の切り取り方がそこにあらわれるんですよね。

これは外国語と比べてだけではなく、日本語の中でもちがうし、さらには人によってもちがったりするんです。

このちがいが大学で語学を研究していた僕としては「あ、そんな表現もあるんだ!」って気づきがあって、面白くてしょうがない!

そこで今回はそんなオノマトペの面白さについて、皆さんにもちょっとでも知ってほしいと思い、まとめてみました。

マンガのオノマトペ(ジョジョの場合)

『ジョジョ立ち』と呼ばれるキャラクターの個性的な立ち方など、その独特な世界観で読む人を魅了する人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』

最新シリーズではジョジョリオンという名に。

このマンガ、オノマトペも独特で面白いんです。

まずはこちら。

何をしているかは見ればわかると思いますが、一応念のために説明させてもらうと、これは銃撃シーンではありません。キスです。接吻です。

普通キスの効果音って「チュッ」とか「ブチュッ」なんですが、ジョジョの場合「ズキュゥゥゥン」なんです。

「ズキュゥゥゥン」ですよ!「ズキュゥゥゥン」!間に「ゥ」が3つ入るほどの激しさです。

キスの表現として斬新すぎるでしょ!と思うけど、絵だけでは分からない激しさだったり、まるでピストルで撃ち抜かれるような、とりあえず普通のキスではないということがことば1つで伝わってきます。

さて、お次はこれ。

メメタァ!

メメタァ!ってなんだよ!

そんなツッコミを入れたくなりますが、これぞ荒木ワールド。

これ何が凄いかって意味が分からなくても受け入れるしかない言葉の強さ。

僕らは知らず知らずのうちに頭の中に蓄積された豊かなオノマトペの中から、僕らは似たものを探して、それがどんなものかイメージします。でもいっっくら探しても「メメタァ」に近い言葉が見つからないんです。

だから「もう荒木飛呂彦先生がメメタァというなら、この音はきっと『メメタァ』なのでしょう!」って受け入れるしかないんですよ。

『メメタァ』ってどんな感じ?と考え始めている時点で荒木飛呂彦先生の術中にはまっているわけです。

頭の中をのぞいてみたい。

絵という表現にくわえて、その使い方次第で独特な世界観が生まれるオノマトペ。特に空想の世界だとなおさらその言葉の力が引き立ちます。

にしてもよく『メメタァ』なんて言葉が思いついたなぁ(笑)

児童文学のオノマトペ(宮沢賢治の場合)

オノマトペでその人の世界の切り取り方っていうのが分かるとすれば、宮沢賢治のオノマトペはとても幻想的です。

宮沢賢治作品のオノマトペを見ると、この人には世界はどう見えていたんだろうと思います。

たとえば、これ。

風の又三郎の中に出てくる、このフレーズ。

吹く風がどれだけ激しいかというのをあらわしたオノマトペですけど、最近の大型台風でもこんな表現は出来ないですよね。せいぜい『びゅーびゅー』とか『ごうごう』がいいところ。

それよりももっと全てを吹き飛ばしてしまいそうな激しさと、さらにはなんかもっと異様な、あやしさを『どっどどどうど』からは感じます。

次は国語の教科書にも載っている『やまなし』に出てくるクラムボンの笑いかた。

2匹のカニがクラムボンは『かぷかぷ』わらったよ。と言います。

かぷかぷ…笑うの?それだけ聞いたら、何をあらわしてるか分からないオノマトペです。

クラムボンが何かは分からないけど、カニの仲間か、それとも水辺の生き物だとしたら『かぷかぷ』笑いそうな気がしないでもない。初めて聞いたけど(笑)

他にも有名な『銀河鉄道の夜』の中には、光が不規則に点滅するようすを『ぺかぺか』と表現したり、同じ光のオノマトペに『ガリガリ』というのがあったりします。

宮沢賢治のオノマトペには独創性がありながら、そのようすをちゃんとイメージさせる絶妙なことばの選び方なんですよね。

そして、宮沢賢治のオノマトペのおもしろいところってリズムがあるんです。

NHKの『にほんごであそぼ』でもあったけど、歌にしても違和感なく、すんなり入ってきます。児童文学のオノマトペというのはそのものがメロディやリズムをもっているものが多い気がします。

エロのオノマトペ(官能小説の場合)

あと面白いのが官能小説のオノマトペ。

エロの言葉の表現って割と似たようなものが多くて、マンガ全般に言えますけど絵で個性を出すことの方がおおいんですよ。女性には分からないと思うけど(笑)

でも官能小説となると文字だけになるから言葉の表現の幅がグッと広がるんです。それこそ官能小説のオノマトペについて研究してる人もいるくらい。

と、ここで問題です。

次の言葉はなにをあらわしているでしょうか?

『てぷてぷ』

『きゅうるり』

『じゅむン』

 

もしこれを読んでる人の中に女性がいたら、その人に嫌われたくないので、ここでは答えを書かないんですが笑(知りたい人は自分で調べてみてください)

ただ物語の内容だけじゃなく、オノマトペにまで気を配って表現しようとしていて、エロの世界もなかなか奥が深いんです。

たった1枚のヌード写真の破壊力に文字で対抗しなければいけないのだから、これはなかなか大変。

むしろSFマンガや小説のようなファンタジーの世界より、僕らにとってより身近でリアルなテーマだし、エロというのは視覚的な要素が強いジャンルな分、官能小説はことばの表現に気を遣うのかもしれません。

マンガや動画とは違った次元の上質な文学としてのエロ、一度読んでみたいと思うんだけど、なかなか勇気が出ないんだよなあ(-_-)

方言のオノマトペ(沖縄の場合)

ここまではジャンル別のオノマトペを見てきましたが、今度は地方で差があるオノマトペ。

僕は沖縄出身なのですが、標準語と思って話していた言葉があって東京で全然伝わらなくてビックリしたことがあります。

それが『むちゃむちゃ』ということば。皆さんはこの言葉を聞いて、どんなようすを想像しますか?

 

 

正解は『べたべた』

沖縄では『べたべた』することを『むちゃむちゃ』というんです。厳密にいうとちょっとしたニュアンスの違いはあるんですが…(;^_^A

上京した時、この『むちゃむちゃ』が伝わらなくて「これも沖縄だけの言葉なのか!」と驚いたことがあります。

日本にはたくさんの方言がありますが、オノマトペにもそれぞれの地域独自のものがあるようです。

たとえば、岩手や宮城では息切れや動機で胸が苦しいことを『はかはか』するというそう。もし病院に行って「はかはかする」と言ってもお医者さんが地元の人じゃなかったら伝わらなくて大変そうですね(;^_^A

あとは沖縄で言えば、忙しそうに『ばたばた』することを『あわてぃーはーてぃー』なんて言ったりします。あとは料理の人参しりしりの『しりしり』もそうです。

「『しりしり』ってどんなものか説明して」とよく言われますが、そうは言われても上手く説明できません。だって、『しりしり』は『しりしり』だもの!

こういう器具を使って人参をしりしりします。感覚的には「する」に近い。

各家庭のオノマトペ(僕の友達の場合)

最後は僕の友達の話。

僕の大学時代の友達は『しゃもじ』のことを『へごへご』と呼んでいました。

その子の住んでる土地の方言かと思いきや、なんでもその子の家オリジナルの言葉なんですと(笑)

その子の家では、炊き上がったご飯をしゃもじでほぐす様子を『へごへご』すると言うそうで、そこから『へごへご』する道具しゃもじ、そのものも『へごへご』と呼ぶようになったそう。

地域というくくりよりもさらに狭いその家だけ、自分たち家族だけにしか通じない言葉があるってちょっと面白いですよね。

おふくろの味じゃないけど、それぞれの家庭オリジナルの料理や習慣があるように、オリジナルのことばも生まれるのかもしれません。

そんなオリジナルのことば、あなたの家にはありますか?


日本語は数ある言語の中でもオノマトペがずばぬけて多い言語でその数はなんと5000種類!

英語は1000種類なので、その数は約5倍!僕らの話す日本語はこんなにも面白い表現をする言葉がたくさんあるんです。

なので、ぜひ今度本を読んだりするときはオノマトペについて、ちょっと考えてみてくださいね(^^♪

参考書籍・サイト

 

   

スポンサーリンク



シェアしてくれたら喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。 それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。 演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。