部屋に四季を取り入れる。男の一人暮らしでも花のある生活を。

僕だけなのか他の男性もそうなのか分からないけど、男性の一人暮らしっていうのは部屋に色どりが少ない気がします。

それが悪い事とは思わないけど、やっぱり黒・白・茶以外の色が欲しいなと思ったので、帰りに駅の構内にある花屋でミニブーケを買ってみることに。

小さいブーケならワンコインで、ちょっと大きめなものでも1000円以内で買えるんだよね。

左から378円、540円、810円とどんどん大きくなっていく。

ピンクはちょっと可愛すぎると思ったので、青と紫のミニブーケをチョイス。

一輪挿しなんて無かったので、この前飲んだ日本酒のとっくり瓶を花瓶がわりにして部屋に花を飾ってみる事にしてみた(笑)

ああ、いい!なんだかいいぞ!

花があるって、思ったよりいいなぁ。人工の色じゃなくて天然の色が部屋の中にあるってのは癒される気がしてくるね。

 

✿四季を部屋の中に取り入れる

一年中たくさん花が並ぶお花屋さん。その花にも実は季節ごとの旬の花があるそう。

言われてみれば野菜や魚にも旬があるんだから花にも旬があるのは当たり前なんだけど、思いもしなかったな。

ということはお花屋さんで花を買って、生けることは四季を部屋の中に取り入れるということにもなるのか。

殺風景な1Rの中でも春夏秋冬を取り入れられるのはなんだか楽しそう。春には桜、秋には紅葉とか部屋にあったら風情があっていいなぁ。

 

✿花の名前を調べる

今回買ってきた花も晩夏〜秋にかけての花なのかな?そう思って名前を調べてみたんだけど、これが中々見つからない。

1時間かけて調べましたよ。

おそらくストロベリーキャンドルと、リンドウではないかと…(誰か正解を知ってる人がいたら教えてください笑)

似てない?

ストロベリーキャンドルはクローバー(シロツメクサ)の仲間で他にもストロベリートーチ、ベニバナツメグサ、クリムソンクローバー、オランダレンゲなどの別名があるそう。別名多くない?

これがもしラッパーだったら『ストロベリーキャンドルa.k.aベニバナツメクサ』とかになるね。(変な例えですいません笑)

今までは彩りだけで選んでた花も、名前とか旬を知ると、また新しい世界が見えてきて楽しくなるね。道に咲く花も目が行ったりします。

 

✿花のある生活っていいかも

不思議なもので部屋の中の一点が華やぐと、それに合わせて部屋を綺麗にしなきゃなと思う気持ちがムクムクと湧いてきて、朝から部屋掃除をしてみた。

前よりスッキリした部屋だと、なんだか花も前より綺麗にみえる…気がする。

なくても別に困らないけど、あると生活を豊かにしてくれる。

部屋に花を飾るのって意外とアリかもしれない。

参考書籍

スポンサーリンク

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。