色ツヤと質感が全然違う!トラベラーズノートのお手入れクリームにラナパーを使ってみた。

スポンサーリンク




トラベラーズノートの手入れにラナパーがオススメ。

トラベラーズノートは革製品なので、こまめな手入れが必要。しっかりと手入れしたら長持ちするし、どんどんとその魅力を増してきます。

レザートリートメントにもいろいろありますが、今回はトラベラーズファクトリーでも販売しているラナパーを使ってみました。

取り扱い説明書とラナパーと塗布用のスポンジが中に入っています。今回買ったのはラナパーレザートリートメントプチ5ml540円(税込み)

少量をスポンジにとって、トラベラーズノートに塗り込みます。

のびがいいので、少量でも全体に行き渡ります。

ラナパートリートメントが染み込むまで、数分待ってからトラベラーズノートを手に取ると、なんだか手に吸い付くような感覚。なんかもっちりしてるというか、質感が柔らかというか、こんなの初めて!

前に使っていたエム・モゥブレイのクリームと比較!

今まではエム・モゥブレィのデリケートクリームを使っていたんですが、それよりもサラッとしていて手触りもいい!色ツヤもこちらの方がよく見えます。

image

今まで使ってたクリーム。

クリームも悪くないですが、使っていくとトラベラーズノートの色がどんどん暗くなっていきました。

イメージ的には茶色は黒に、キャメルは茶色に見えるくらい暗くなってしまった感じ。

革を柔らかくしたり、ツヤを出すのは必要ですが、色合いが暗くなっていくのは個人的に好きじゃないので、そういう点ではラナパーの方が個人的にいいかも!

シンプルな作りですが、決して安い買い物ではないトラベラーズノート。だからこそ、しっかりと手入れして長く付き合いたい。ラナパーは使いやすいし少量からでも購入できるのでおすすめです。

 

手入れをすることでトラベラーズノートは経年変化が楽しめる。

いとうせいこうさんの『ヒップホップの経年変化』という曲に

経年変化が最強の進化。

経年変化が人生の金貨。

という歌詞があります。

経年変化は退化でも劣化でもなく『進化』なんだと。カッコいい。

僕の大好きなトラベラーズノートは見事にその言葉を体現しています。

時間が経つと、なんとも色気が出てくる手帳。

でもそれは定期的な手入れがあってこそ。じゃないと表面がひび割れてきちゃう。だからお手入れにクリームは欠かせません。

たかが手帳にそんな手間を、と思う人もいるかもしれないけど、この楽しみはやっている人にしか分からない楽しみ。

無理して分かってもらおうとは思わないけど「手帳が育っていく、この楽しみを知らないなんてもったいねぇなぁ」と心の中で思ったりはしてます。

元々魅力的な手帳だけど、ちゃんと手入れをすることで何とも言えない味わいが生まれてくる。

ひとつひとつが手作りなので完全に同じものは1つもなくて、さらに使っているうちに傷や擦れがついてくきます。でもそれもいい味。

そうやって使っていくうちに世界に一つだけのトラベラーズノートが出来上がります。

定期的にお手入れもして、クリームを塗る事で柔らかくツヤが出てきて輝きをましてくる。比喩じゃなくて本当に輝きをましてくるんですよ。

今、僕の目の前にあるトラベラーズノートは3年目。使い始めた頃と比べて、柔らかくツヤが出てきてすごく色っぽい手帳になりました。

これなら間違いなく『最強の進化』と言えるなあと思う。

ノートだけでなく手帳そのものにも時が刻まれていきます。

長く付き合いたい相棒だからこそ、しっかりと手入れはかかせずに。

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。