青春18きっぷの旅3日目。歴史情緒あふれる姫路、京都の旅。

んと行き当たりばったりで旅をした結果、2日目にして宿が見つからずネカフェに泊まるはめに。しかもリクライニングだから体が痛い。。

そんな感じでダルい体を引きずりながら始まった鉄道旅3日目は、昨日香川に行く途中で目にした姫路城、そして人生5度目にして初めて晴れた京都へ。

 

青春18きっぷ今までの旅はこちら。

1日目埼玉から大阪まで600kmの大移動。

2日目人生初四国!香川県に行ってきました。

 

白鷺城と呼ばれる姫路城

城にはそこまで詳しくない僕でも名前くらいは知ってる姫路城。せっかく近くにいるんだから行ったことない場所を覗いてみよう。そう思い行ってみることにした姫路城。

さすが白鷲城と呼ばれるだけあって白く綺麗なお姿!以前行った大阪城を見た時は中が全部展示スペースでちょっとがっかりしたんだけど、姫路城は再建した城でなく、江戸時代からそのまま残っている城ということで見ごたえがありました。

特に面白かったのは敵から城を守るための様々な工夫、それがそのまま見られるというのはすごい!

駅を出ると、姫路城まで一直線。だんだんと近づいてく姫路城にテンションが上がっていきます。

真っすぐ歩くこと10分ほどで姫路城に到着しました。

遠くから見ても美しい白さ。

入場券(1000円)を買って城内へ。

城壁の穴はデザインじゃなくて狭間と呼ばれる攻撃するための穴です。

城内は階段がすこし急だったり、通路が狭いところがあったり。なんでこんなに上に上がりづらい造りなんだろうと思っていたら、

そうか。城は本来敵に攻め込まれづらくするもの。道理で!見学するにはちときついけど、それもまた楽し!

外国人観光客もたくさん。

姫路城は要所要所にARマーカーがあって、それを読み込むとその展示の解説動画や写真が見られるので、分かりやすい上に楽しい!

 

敵の侵入を防ぐための扉がついた階段。

天守閣を一番上まで上ると、そこには神社。そして窓から見える景色が気持ちいい。これが殿様が見ていた景色か。。

つかの間ですが殿様気分を味わえました。

天守閣からの景色。

人生初の晴れた京都を観光

京都タワー。

京都には過去4回来ているけど、残念なことにいつも雨。雨降る京都もそれはそれで味があっていいけど、一度くらい晴れた京都の景色も見てみたい!ということで姫路城を見た後は京都へ!大阪から西に東にと大変でしたが楽しかった!

清水寺

『清水の舞台から飛び降りる』の清水の舞台。今までは雨で景色も見えないし、降りしきる雨が舞台をつたって下に落ち、清水の滝になっていたのでちゃんと晴れているのは初めて!

そして以前来た時にはなかったのが境内に飾られた南部風鈴。これは震災復興の願いを込めて京都清水寺で南部風鈴を愛(め)でる会が実施しているイベントだそう。川越の風鈴回廊とはちがった音色が響いて綺麗でした。

これだけ遠くを見渡せたのは初めて。

京都市内が一望。

二年坂・三年坂

清水寺に繋がる参道として情緒あふれる石畳の坂道が続く二年坂・三年坂。風情あるお店が立ち並ぶこの通りは歩いているだけで楽しくなります。

そして今回は晴れているからか、今まで来た時よりも着物を来て街を歩く人がたくさんいました。色とりどりの着物で華やかに、街の雰囲気も相まって別世界に来た気分でした。

そして二年坂を歩いていると、面白いものを発見。とうふまんじゅう?

豆腐と豆乳を練り込んだ生地に、野菜を刻んで味付けたおからが入っている?どんな味なんだろう?お菓子?それともおかず?気になったので食べてみることに。

ふんわりと柔らかい生地、中からはあんこではなくておからが出てくるのが不思議な感じ。

優しい甘さ。おかずじゃなくておやつでした。美味しいんで清水寺に行ったら是非寄ってみてほしいお店です。

 

千本鳥居

京都駅からJR奈良線で2駅の稲荷駅。その稲荷駅の目の前にある伏見稲荷大社はトリップアドバイザーが選ぶ『外国人に人気の観光スポット』4年連続第1位に選ばれるほどの人気スポット。

中でもたくさんの鳥居がトンネルのように続く千本鳥居が人気。平日だったんですが、それでもたくさんの観光客が。さすが人気ナンバーワン。正直なところ鳥居を観に行ったんだか、人を観に行ったんだか分かりませんでした(笑)しかし、視界が鳥居の朱で埋め尽くされる鳥居のトンネルは圧巻。

なんだか異世界のような神秘的な光景です。

右が入口で、左が出口です。

しかし、赤で埋め尽くされた鳥居のトンネルはやっぱりきれい。神秘的な雰囲気を醸し出してます。

このまま違う世界にいきそう。

今回は時間もあったので、三ツ辻まで上がってみる事に。というのも伏見稲荷大社全体で見ると、千本鳥居は入口付近のわずかな部分だけなのです。

大社マップ

伏見稲荷大社 案内図。

汗かきながら登ること約30分。やっとのことでたどり着いた三ツ辻。いやぁ、しんどかった。。

いい眺め!

かなり登ってきたつもりだったんだけど、なんとここでまだ半分。時間も迫ってきていたので、休憩所でお茶して引き返すことに。

3日目の宿はここ。

西に東に、上に下に歩き回った今日は絶対にちゃんとした場所で休みたかったので、2日目の晩の反省を生かしてこの日は早めに宿を予約しました(笑)

この日の宿は、なんば駅から徒歩5分。なんばグランド花月もあのグリコの看板がある道頓堀も近い好立地のホステル わさび大阪『Bed with Library』

近くにはあの551の本店が!店内で食事が出来ます!

とても清潔だったし、しかもその名の通り、図書館のような読書スペースがついていてとてもいい宿でした!

もし大阪に来ることがあったら、ここのホステルは本当におすすめ!

この3日間泊まった中では一番快適な時間を過ごせました。そして安かった!

3日目の移動距離

3日目 姫路~大阪~京都

  • 総移動距離約260㎞
  • 本来かかる運賃4320円→1950円お得!

今回は京阪神をちょこちょこ行ったり来たりしてたので、移動距離金額も低め。でも、こういうところでこそ乗り降り自由な青春18きっぷが生きてくるね。

面白そうなところをみつけてはちょこちょこ降りてみたりしました。住んでる人にとっては当たり前の風景もよそ者からすると、新鮮だし面白かったりするんだよね。

にしても姫路城は本当に良かったなぁ。これをきっかけに城巡りとか始めようかと思うくらい楽しめました。行けるチャンスがあるなら是非行ってみるべきですよ!

 

次の旅はこちら!

   

スポンサーリンク



シェアしてくれたら喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。 それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。 演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。