本所吾妻橋のラーメン屋『吉法師』で噂の青いラーメンを食べてみた。

スカイツリーのお膝元、本所吾妻橋。

劇団の養成所に通ってた頃はよく来たのだけど、卒業してからは来ることはあまりなくのりました。

来るとしたら沖縄から来た友達をスカイツリーに案内するときぐらい。

そんな場所になんで今日は1人で来たかというと、なんでも本所吾妻橋に青いラーメンを出すラーメン屋があるとのこと。

食べ物で青いものっていったらかき氷のブルーハワイくらいしか思いつかんのだけど。

写真で見る限り、結構な青さだったけど見た目のインパクトはともかく美味いの??

せっかく近くまで来たので行ってみることにしました!

本所吾妻橋の吉法師

都営浅草線の本所吾妻橋駅から徒歩2分のところにあるその名も『吉法師(きっぽうし)』

外観は割とシンプル。

店前のブラックボードからすでにオモシロな雰囲気がぷんぷん。

青いラーメンのフレンズって(笑)

けものフレンズおそるべし。

早速店内に入ってメニューをチェック。

おお、これが噂の青いラーメン。

他のラーメンも美味そうだけど、今日はこれ目当てに来たのでよそ見せず、『鶏清湯 青』を注文。

ラーメンが来るまで、いろいろ見ていたらこんなものを発見。

店名の『吉法師』とは織田信長の幼名だったそう。

時流に乗らず、時流を創り出す姿勢。

かっこいい!尊敬します。

そして、そうこうしているうちにラーメンが目の前に!

青い!青すぎる!

写真でも見ていたけど、実物は想像以上にキレイな青でビックリ。

って食欲減退の色じゃないですか。

だから食欲なくすかと思ったんだけど、それよりもキレイが勝るのと、もういい香りがぷんぷんして食欲を誘われる。すでに脳が大混乱です

ということで、冷めないうちにいただきます!

まずはスープから。

(恐る恐るスープをすする)美味い!

濃厚な鶏の出汁がきいていながら、クドさはなくてサッパリしている!

お次は鶏チャーシュー。

こちらはむちっとした食感と噛めば噛むほど旨味が!濃すぎず、スープにあったいい塩梅。

玉子もしっかりと味がしみてる!

麺はモチモチとして、ほどよくスープが絡むいい感じ。

気づけばあっという間に完食。

いやー美味かった!

青いラーメンという物珍しさで行ってみたものの、普通にラーメンとして美味しかった!

しかし、これは一体何で色をつけてるんだろう?

お会計の時に店員のお兄さんにこっそり聞いてみたけど、企業秘密ということで残念ながら聞き出せず。

ラーメン界の織田信長

気をてらったラーメンが多いのかと思いきや、あとは普通のラーメン屋にもありそうなメニュー。

あくまで青いラーメンはその見た目のインパクトで客を惹きつける罠で、自慢の味で客を討ち取るという作戦ということか?

むむむ、なんたる策士!

横山光輝『三國志』49巻より出典

だとしたらまんまとやられてしまった。

知と武を兼ね備えた見事なお店。参りました。

色は関係なくラーメンとして普通に美味かったので、今度は普通のラーメンも食べに来てみたい。

にしても青いラーメンのインパクトもさることながら、店主の真っピンクの髪もかなりインパクトがあったなぁ。

さすが吉法師。

店舗情報

吉法師

住所   〒130-0001東京都墨田区吾妻橋3丁目1-17

電話    03-6658-8802

営業時間   11:30〜15:00,17:00〜22:00

 

  ――つまらない日常を面白がろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です