自分の身は自分で守ろう。一人暮らしの人は特にしっかりとした防犯対策を。

どうも、こんばんは。よざっちです。

昨日、家に帰ってきたら玄関横の窓の網戸が外れて下に落ちていました。

 

「あれ?なんかの拍子に落ちたのかな?」

 

そう思って、その日は普通に網戸を元の位置に戻して家に入ったんですが、

翌朝どうも気になっていろいろ調べてみたら、その網戸は人が意図的に動かさないと外れないということが分かりました。

 

「誰が?一体何のために?というか、そもそもこの網戸を外す必要がある人なんているの?」

 

気になって家の中をいろいろ調べてみると、印鑑ケースの中から印鑑だけがなくなってました。

あれ?ケースから出したっけ?と思って、部屋の中を探してみたけど見つからない。

通帳とかはあったので、印鑑だけ盗るという事はないと思うけど、

かといってケースから印鑑だけ出して持ち歩くということは基本しないので、やっぱりおかしい。

 

「もしかして家に入られた?」

 

自分以外の誰かが我が家に何かしようとしていると思うと、何だか気味が悪くなって僕はこの件を相談するために近くの交番に行くことにしました。

 

スポンサーリンク




「空き巣に入られたかもしれない」と少しでも違和感を覚えたら警察に相談に行ってみる。

「もしかしたら自分の思い過ごしかもなぁ」とも思ったんですけど、気持ち悪いじゃないですか。

だって、自分のいない間に誰かが自分の家に何かしらしようしてるんですよ?

もし何かあってからでは遅いと思って、とにかく相談だけでもと近くの交番にいきました。

『警察は何かないと動いてくれない』なんていうのをよく聞きますが、それは警察というよりその人の人柄による部分が大きいのかもしれません。

今回対応してくれた方はすごい親身になって話を聞いてくれました。

十分ほどいろいろと事情を話し、警察の方からの質問に答えた後、すぐ家に来て現場検証をすることに。

数人の警察官の方に見てもらった結果、

「窓のサッシやガラスにとくに何かした形跡もないので問題ないです。戸締りには今まで以上に気をつけてください」ということに。

特に問題はなかったので、警察の方には申し訳なかったですが、とりあえず一安心。

男の俺でも結構怖い。

でも油断は禁物。

ネットでいろいろ調べてみると情報が出てくる、出てくる。

よく拝見しているブログ『ももねいろ』の桃音さんは家にいる時に泥棒に入られたそう。

財布からお金やカード類だけごっそり抜かれてて、はじめて気付いたそうなんですが、こちらも警察の方に調べてもらったけど、部屋の床には泥棒が歩いた形跡も、ピッキングされた跡もなかったと。

こんなケースもあるのかと思うと、警察の方から大丈夫と言われても不安になってくる。。

疑惑の段階だけど、自分がそうなってみて初めて分かる怖さ。

実態が分からないだけに「どこからか見られてるかも」とか「寝てる時に入ってきたらどうしよう?」とか不安だけが膨らんでいくんですよね。

男の俺(人よりビビリではありますが)でもこんなに怖えんだから、女性なんてもっと怖いんじゃないだろうか。

なので、特に被害とかなくても何か違和感を覚えたら、とにかく相談だけでも警察にするのはアリだと思います。

 

自分の身は自分で守る。防犯対策は必要だ。

特に家に侵入された形跡がなかったとはいえ、網戸が外されていたのは事実なわけでして、

一度、不信感を抱いてしまうと、落ち着く場所であるはずの家にいても安心できず不安にかられるようになりました。

誰かも分からない奴のせいで、家主の自分が不安で眠れない。

これはマズイ。ということでホームセンターに行って防犯グッズを買うことにしました。

 

調べてみると、空き巣など泥棒は入るのに5分以上かかると見ると、その家に入るのを諦めるそうです。

たくさん家がある中、捕まるリスクが高い家はわざわざ選ばないということ。

空き巣は「侵入5分以上」で諦める。知っておきたい、住まいの防犯/HOMES

 

ということで防犯グッズを選ぶ役割としては、

  • 時間稼ぎ(家に入りにくくする)
  • 威嚇(音や光で周りに知らせる)

あとはもしも遭遇してしまった時の、

  • 撃退(遭遇してしまった時の武器)

のこの3つ。

今回の場合、家にいない時に入られないよう『時間稼ぎ』と『威嚇』の効果のある防犯グッズを探すことにしました。

今まで自分には縁がないと思っていた防犯グッズコーナー。

見てみると意外とリーズナブルな価格で効果抜群なグッズがいろいろあるんですね。

1万円くらいでいろいろ揃いました。

このブログも誰が見ているか分からないので自分が何を買ったのかは伏せますが、見ていてこれは値段の割に効果がありそうなものをいくつかご紹介。

 

空き巣対策に使える一人暮らしにオススメの防犯グッズ

ここにあげたのはほとんどホームセンターで取り扱ってる商品です。

モノによってはAmazonで買った方が高いものもあるので、実際お店に行ってみて値段を見比べて買ってみると良いと思います。

 一万円以下で買える監視カメラ

SD録画式 センサーカメラ SD1000

これは人感センサーで目の前を人が通ると自動で写真撮影、動画録画出来る監視カメラ。

この商品の良い所は5000~6000円とカメラにしてはリーズナブルなのに、高画質ということ。店頭のデモ動画を見たけど5m先までクッキリ見えるし、暗視カメラなので夜でもハッキリ見えました。

重量もそんなにないので、両面テープで貼り付けたり出来るので壁を傷つけられない賃貸でもオススメ。

 

防犯アラーム

どろぼーセンサーⅡ 1160

何でも空き巣の侵入経路の約7割が窓からだそう。

ということは窓からの侵入を防げれば、空き巣に入られる可能性がグンと下がるんですよね。

このセンサーは窓に衝撃があったり、スイッチをオンにしてる時に窓を開けられたりすると90㏈のアラームが鳴ります。

ちなみに90㏈はどれくらいの大きさかというと、

  • 犬の鳴き声(5m)
  • 騒々しい工場の中
  • カラオケ(店内中央)
  • ブルドーザー(5m)

くらいだそう。

いまいちピンと来ないので、お店で実際に聴いた音を頼りに自分なりの感覚で言うと、

ベル式の目覚まし時計を耳のすぐそばで鳴らされたくらいのうるささ。

こんなやつ。

3メートルくらい離れてこのうるささなので、寝ていても目が覚めるし、近所の人への通知にもなります。

大体どのメーカーも作り、値段、音量は似たような感じで1800~2000円くらいなのでオススメ。

 

のぞき見防止金具

のぞき見防止金具 1257

威嚇でも時間稼ぎでもないけど、割と大事なのぞき見防止金具。

玄関ドアにあるのぞき穴って特殊なレンズをつければ、外から簡単に中を覗けるそうですね。

1ルームだと部屋の中が全部丸見え。さらにはのぞき穴を外して、そこから針金を入れて鍵を開けるサムターン回しなるものもあるそう。

そんなのぞき穴をスライド式の金具でふさいでしまいます。

値段は380円と安いですが、穴を隠すだけなら他のものでも代用できそう。

 

ドアノブガード

田辺金属工業所 ドアノブカバー 防犯グッズ TANNER 防犯金具 ドアノブガード PG-10

家のドアノブが丸形ならこれは結構オススメ。

ドアノブそのものにステンレスカバーをかけてダイアル錠をかけて、鍵穴を隠すという原始的な防犯グッズですが、ネットを見るとこれが割と高評価でした。

見た目もごついので防犯してるアピールにもなるし、ちょっとやそっとでは壊せない頑丈さ。

気になるのは女性の一人暮らしの際、家にすぐ入れない難点はありそう。

 

防犯対策をしておいて損はない。やるだけやったら安心できた。

一度感じた不安はすぐに消える事はないけど、ただ思いつく限りの対策をすることで大分安心できるようになりました。

これだけやったらそう簡単に入ってこないだろうし、逆にこれだけやっても入って来ようとするなら引っ越しするまで。

 

もしかしたら、今回の件は自分の妄想だったのかもしれないけど、何かが起こってから後悔するよりかは防犯対策をしていた方が安心です。

今回のことで強く感じた『自分の身は自分で守る』という意識。

今までそんなことを考えたこともなかったので、何もなかった今の段階でこういう意識を持てたのは逆に良かったのかもしれません。

まったく意味の分からない突発的な犯罪がたくさん起きてる世の中、自分の身は自分で守らないといけないと。

それは難しいことじゃなくて、ちょっとした意識。

最悪、命を失う恐れもあるし、それに比べたら10000円くらいの出費は安いかなと(^^;いや、安くはなかったけど。

 

別にここに書かれているもの以外でも何でもいいので、あなたが安心して暮らせるよう何かしらの対策をしてください。

だって身も知らずの誰かのせいで、自分の家で落ち着けないなんて、冷静に考えてみたら腹が立ってきませんか?なんでウチなんだ?って。

そんな空き巣や泥棒に屈したままでは悔しい。しっかりと対策をして安心安全な我が家を勝ち取りましょう。

自分の身は自分で守ろう。

   

スポンサーリンク

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。