どんな時間もいつか必ず終わるから、もっとしっかり愛そうと思った。

ずっと続くと思ってた。

彼女との同棲生活がもう少しで4年目に差し掛かるころ。

僕はもっと1人の時間が欲しいとよく願っていました。

それから数か月後、思ったよりも早くその願いは叶いました。

あんなに欲しかった1人の時間。

それは手に入れた瞬間、要らないものになりました。

 

今度は2人の時間が欲しいと願った。

でもそれはもう叶いませんでした。

 

「あの頃はよかった」

中学生になった時「小学校はよかったなぁ」と思った。

高校生になった時「中学時代はよかったなぁ」と思った。

大学生になった時「高校時代はよかったなぁ」と思った。

大学卒業してから「学生時代はよかったなぁ」と思った。

 

「あの頃はよかったなぁ」

 

気づいてないけど、未来から見たら今は『よかったあの頃』なのかもしれない。

最後だと分かっていたなら

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

最後だとわかっていたなら』ノーマ コーネット マレック・作 / 佐川睦・訳より一部引用

どんな時間もいつか必ず終わる

父親からの口うるさい説教の時間

退屈な学校の授業の時間

彼女と上手くいかない時間

 

どんなに続くと思っていた時間もいつか必ず終わる。当たり前のことだけど、すっかり忘れていました。

 

どんなに退屈な時間も終わる直前には少し寂しくなります。

だから、

もしかしたら「しんどい」と思ってる、今この時間も終わる頃には寂しくなるのかもしれない。

だから、もっと普段から大事にしようと思った。

いつか終わるその時までの、しばしお付き合い。

 

寂しい時間もしんどい時間も愛そう。

退屈な日常も平凡な暮らしも愛そう。

でもって楽しい時間、嬉しい時間はもっと愛そう。

そう思いました。

   

スポンサーリンク



シェアしてくれたら喜びます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

zatty

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。 中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。 それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。 今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。 演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。