移動する本屋「BOOK TRUCK」と出会いたくて南池袋公園まで行ってきました。素敵な出会いに感謝。

以前から気になっていた移動式本屋「BOOK TRUCK」が池袋にくるということで先週のお休みに行ってきました。

 

BOOK TRUCKって?

80年代のシボレーのバンをお店として日本各地のイベントや店舗で出店している移動式の本屋さん。

その場所やイベントに合わせて置いてる本も変えているってのがまた素敵だよね。

 

詳しくは特集されてる記事やSNSをチェック!

BOOK TRUCK|Twitter

BOOK TRUCK|Facebook

 

第7回BOOK TRUCK三田修平さん|POPEYEブログ

コミュニケーションが生まれる空間vol.34三田修平

移動式本屋BOOK TRUCK|haconiwa

 

その日は南池袋公園で出店

いつもtwitterやFacebookで出店情報をお知らせしてるのですが、

ちょっと遠くて中々行けなかったんですよ。

そしたらこの日は、

池袋だったら大宮からも近いじゃん!

ということでこのツイートを見てすぐ池袋へ。

ビルが立ち並ぶ街中をあるいていると、急にあらわれた素敵な公園。

休日という事もあってか家族で来ている人がたくさん!

池袋のシンボル、ふくろうもいました。

公園内にはおしゃれなカフェもありまして、お店の前ではチキンがぐるぐると回りながら焼かれてました。

モンハンのあれみたい(笑)

今度はご飯目的で来ようかな?

そんなカフェのサイトはこちら。

http://racines-park.com/

 

さて、そんなおしゃれなカフェを通り過ぎBOOK TRUCKへ。

おお!ホントに車だ!なんだかわくわくするね。

ちゃんとご丁寧に看板も。

ああ、ダメだ。この店構えだけでワクワクする。

昼下がりの公園で読書とか

周りの雰囲気とも見事にマッチしてました。

素敵な本との出会いをくれるBOOK TRUCK

さて肝心の中ですが、公園での出店ってことで子ども向けの本が多いかと思ったら、そんなことはなく色んな本が。

昔の「暮らしの手帖」を発見した時はテンションが上がりました(笑)

 

外に並んでる本の中には普通の書店ではお目にかかれないような小冊子スタイルの本も。

その中でも安達茉莉子さんという方のイラスト詩集が個人的にクリーンヒット。

どちらも柔らかく、心にスッと染み入ってくる感じがとても心地よくて、ものすごい欲しかったんですけど金欠だったのでなくなく断念。

でも普段は中々読めないようなこんな素敵な本との出会いに感謝。

とても素敵なので気になる方は要チェック。

 

安達茉莉子

安達茉莉子 🍪MARIOBOOKS|Twitter

 

その行く先々に合わせて置く本を変えるという事だけど、店の雰囲気も変わるのかな?

今回、あの公園にすごいマッチしていて、

本屋に行くというより、まるで旅行とか遊びに行ったような感覚。

大満足でした。

 

移動式○○というスタイル

移動する本屋いいですね!

お話聞いてみたかったのだけど、そんな勇気はなく本を物色して終わりました(笑)

次、行ける機会があったら是非買い物をしたい。

 

にしても車という箱ものを使って、

移動式○○っていうのはすごい素敵だな。

場所に根付くのもいいけど、移動できることでその場がエンタメ空間になるってのは素敵。

 

移動式カフェ、

移動式舞台、

移動式映画館などなど。

 

屋台とかで似たような形態はあるけど、

BOOK TRUCKみたいな大きい車でもっとしっかりした形で何か作れないだろうか。

その時々でやること、中身が変わるイベントカー。

やってみたい。

    ――つまらない日常を面白がろう。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です