熱燗に厚削りを入れたら圧倒的に美味しいと聞いたのでやってみた。

このブログ『てみたーず』は、

やっ『てみた』いことをやってみる

をテーマにしてるんですが、最近金銭的な理由で全然やりたいことが出来てませんでした(-_-)

実践できないけどやりたいことは貯まっていくばかり。

ということで今回はちょっとずつ節約してお金を貯めて、そして安く出来るものを試すことに。

今回やってみたのはこちら。

日本酒に厚削りを入れると圧倒的に美味しくなるとのこと。

最近日中は暖かくなってきたけど、日が落ちるとやっぱり寒いじゃないですか。

そんな夜風で冷えた体を熱燗で温めようというわけです。

 

厚削りと日本酒を買ってきた。

近くのマルエツで買ってきた厚削りとカップ酒。

実際にやってみた人のツイートを見ると安い酒も厚削りで美味しくなると書いてあったので日本酒は安いお酒を買ってみました。

  • 厚削り400円
  • まる120円

厚削りが意外と高くてびっくり。

徳利とお猪口とかがあれば味があって良いんだけど、ないので耐熱グラスにカップ酒を移してレンジでチン。

あっという間に熱燗ができました。

そしてここに厚削りを投入。

どれくらい入れて良いかが分からないのでとりあえず3切れ。

透明だったカップ酒が厚削りから出る出汁でだんだん色が変わっていきます。

なんかウイスキーみたいなちょっと琥珀っぽい色に。酒を熟成させているような感覚でちょっと楽しい。

とりあえず厚削りを入れて3分ぐらい待ってから飲むことに。

 

やってみた結果、旨味は強くなるけど好みの味じゃなかった。

一口口にすると、ふわっと香るかつお節の風味と、出汁の効いたお酒の味が。

たった数分でここまで味が変わるのかと驚きましたね。

ただ率直に言うと正直あまり好みじゃなかったかなぁ(^^;;

いや、不味くはないんですよ。美味いは美味いんだけど、なんかこれじゃない感というか。

より出汁感というかうまみ成分というのが強くてそういうのが好きな人は好きな味。

ひれ酒とかああいう感じですね。

 

ただ日本酒の甘みやキリリとした味が好きな僕としては個人的には好みじゃなかった(^^;;

もしかしたら漬ける時間や日本酒選びをミスっただけなのかもしれないけど。

でもたった数分厚削りを入れるだけでこんなにうまみ成分というか出汁が出るのかっていうのは面白い発見でした。

 

最終的に厚削りは出汁醤油用になった。

400円もしたのに熱削りが大量に余っちゃった厚削り。

たくさん厚削りが余っちゃった。

せっかくなので空き瓶に醤油と厚削りを入れて一晩寝かしてだし醤油にしてみました。

これがめちゃめちゃ美味かった!

肉と野菜を炒めて、これをちょろっとかけるだけで十分美味しくなる!

醤油のとがった塩気がまろやかになって、そこにかつお節の香りがふわっと香るからオススメ。

味の素のような人工的なのじゃなくて、天然の旨み調味料。

厚削りを醤油びんに突っ込んだだけでカンタンに出来たし、なんだか料理が上手くなった気がして楽しいです( ̄ー ̄)

 

今度はこれを使って出汁をとって味噌汁でも作ってみようか。

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。