沖縄のラーメン二郎!?久しぶりに波布食堂に肉そばを食べに行ってみた。

沖縄滞在もあと1日!

という事で今日は弟と久しぶりに行ってきました!波布食堂!

メニューの何から何まで大盛りで、その知名度は今や全国クラス。

いろんな方が紹介記事を書いてるので今更僕が細かく紹介する必要もありません(笑)

食堂に入ると大きな垂れ幕が。

イラストはこの食堂の名物『肉そば』(750円)

今回の目的はこの肉そば。

量がえげつないくらい多いから弟と2人で1人前にしようかと言ったら、

初肉そばの弟が、

「せっかくだから1人ずつ注文しよう!」

ということで1人1人前ずつ注文。

 

前に肉そばを食べたのは舞台をガンガンやっていた約5年前。

あの時から体重は10㎏も増え、運動もしなくなり、朝から揚げ物なんて食べられなくなり、

身体に衰えを感じざるを得ない立派なアラサーになってしまった僕に果たして肉そばを制することはできるのか。

約5年ぶりのご対面。

ドンッッ!ってワンピースの効果音がつきそうなくらいド迫力のボリューム。

トレイに汁がこぼれているのはデフォルト。

下から見るとものすごい圧迫感。

まるで山。

これ1人で食べられるのか?

早くも後悔。

サイズ比較のために食堂にあったコミックを隣に並べてみました。

ちょっと分かりづらいけどコミックよりももう少し高くて横幅もかなりあります。

それではいざ。

肉そばの器と一緒に渡される取り皿。

これに乗っかってる肉野菜炒めをある程度移していきます。

普通に上から食べていくと、そばにたどり着くころにはもう伸びていることがしばしば。

 

ということで取り皿に載る分だけ肉野菜炒めを移すことに。

この肉野菜炒めが結構美味くて、B級というかご飯に合いそうな濃い目な味。

ご飯と食べたら最高においしそうなんだけど、

そんな事をしたら完食なんて到底無理なので、

ただひたすら肉野菜炒めをぱくぱくぱく。

 

初めて肉そばを食べる弟と「美味いなー」なんて他愛もない会話しながら

移しては食べ、食べては移してを繰り返すこと5分。

まだ全然そばにたどりつけません。

結構食ったのにそばの「そ」の字も見えない。

あれ?そば入れ忘れてない?と思うくらい見えない。

この頃には会話もなくお互いただ黙々と肉野菜炒めを食べるという肉そば’sサイレンス。

 

それからまた移しては食べ、食べては移しを繰り返すこと5分ほど。

ようやくそばとのご対面。

あ、写真撮ってなくてごめんなさいね。

その頃には肉野菜炒めが相当お腹にきていて写真を撮るということすら頭になかったもので笑

そばは伸びきっていましたがそれでも美味い。

 

余ってしまったら持ち帰りも出来るんですが、

ここまで来たら完食だ!と思い、やっとの思いで完食。

 

食べ終わって正直思った。

ああ、失敗した、と。

1人で食べるもんじゃないと。

 

でも時間が経つとまた不思議と食べたいと思ってしまう肉そば。

この肉そばの持つ不思議な魅力は何なんでしょうかね。

 

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

お店情報

【お食事処 波布】

  • 住所 沖縄県那覇市通堂町4-22
  • 営業時間 11:00~17:30(火~土)
  • 定休日 日・月・祝日・年末年始
  • 電話番号 098‐861‐8343

お昼時はかなり混みあっているので、

開店してすぐか2時半過ぎくらいがオススメです。

肉そばの他にもゴーヤーチャンプルーやポーク玉子などの沖縄ならではのものから、普通の食堂にもあるようなかつ丼やなす味噌炒め、カレーライスなどメニューは豊富です。

波布食堂メニュー

どの料理も基本メガ盛りです。

内地に比べるとコスパがめちゃくちゃいいのでたくさん食べたい人にはオススメ。

あとは残った料理はお持ち帰りも出来るので3食波布食堂で済ませちゃうってのアリですね(笑)

スポンサーリンク

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。