コーヒーで世界を旅をしよう。ベトナムのエッグコーヒーをつくってみた。

知ってました?

1日3杯以上コーヒーを飲む人って飲まない人に比べて脳腫瘍リスクが53%低いらしいですよ。

一方で飲み過ぎるとカフェイン中毒になるなんて話もありますけど(笑)

となると、脳腫瘍リスクは低いけど、カフェイン中毒になるリスクは高い僕です。

 

はい。1日3杯くらいコーヒー飲みます。

カフェで飲むのも、コンビニで買うのも、家で自分で淹れるのも全部好きです。

特に朝は頭と体をシャキッとさせるためにコーヒーが欠かせません。

飲むのはいつもブラック。

shixugang / Pixabay

ただ、今日はいつもと違ったコーヒーの飲み方を試してみることに。

というのも、なんでもベトナムでは日本とは違ったコーヒーの飲み方をするというのを何かのサイトで見まして。

どんな飲み方をするかというとこちら。

ベトナムのエッグコーヒー。

名前の通り、卵の黄身をいれたコーヒーです。

卵黄と練乳をふわふわになるまで混ぜ、それをコーヒーの上に浮かべるんだそう。

所変われば品変わるとはよく言いますが、まさかコーヒーの上に卵とは!?

 

飲む前は味の想像さえつきませんでしたが、飲んでみるとまるでティラミスみたいに濃厚な味。美味しい(^^♪

甘ったるいコーヒーが苦手な人も自分で甘さの調節はできるのでおすすめ!

 

ということで今日は気分を変えてベトナムの「エッグコーヒー」をつくってみました。

作り方

必要な材料はこちら。

  • 卵(黄身だけ)1個
  • 練乳大さじ2杯

これだけ!忙しい朝でも「そこそこ」カンタンに作れます(笑)

(なぜ「そこそこ」なのか?の理由はすぐに説明します!)

 

まずは卵の黄身だけを用意します。

そこに練乳を投入してかき混ぜるだけ。これだけなんです。

なのになんで「そこそこ」なのか?

それは卵がなかなかふわふわにならないから。

今日は電動ミキサーを使いましたが、それでもなかなかふわふわにはならない(;´д`)

結果、ちょっと空気を含んだもったりとした卵液が出来上がりました。

 

よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ!by池乃めだか笑)

 

あとはこれをコーヒーに浮かべるだけ!

スプーンで静かに注ぎますが、まぁ沈む沈む(笑)

あんまり泡立ってない上に砂糖とか入ってるから重いんでしょうね(;´д`)

しかも、卵だからちょっと固まって浮かんでくるんで、かきたま汁みたいになりました(笑)

そして結果、出来たものがこちら。

 

…。

 

まあオーケーとしよう。

 

濃厚なティラミスのような味で美味しい!

本当はこうなる予定だったけど、仕方ない。

飲んでしまえば同じはず。

 

ということで一口ゴクリ。

 

うまい!

 

練乳の甘さに黄身の濃厚さ、それにコーヒーの苦さがくわわってティラミスのようなお味!

美味しい!

温かいティラミス。

個人的にはコーヒーは苦ければ苦いほど、好みの味になりそう。

それと練乳は大さじ2杯だと割と甘いので、1杯でもいいかも!

 

練乳の量とコーヒーの濃さを調節することで自分好みの味が作れる楽しさもあっていい!

ちなみに余った白身はふわふわのメレンゲにした後、卵をもう一個くわえてふわふわの卵焼きにして美味しくいただきました。

なんかもうちょっとオシャレにできればよかったけど(笑)

 

世界を旅するようにコーヒーを楽しむ

世界旅行の気分でコーヒーを。

いつも飲んでるコーヒーも飲み方をちょっと変えるだけで、まったく違う味や雰囲気になるから楽しい(^ー^)

この前飲んだ鴛鴦茶もなかなか美味しかったです。

次はどんな飲み方をしてみよう。

アイリッシュコーヒーかカフェオストが気になる。

奥が深いコーヒーの世界。

 

今日はいい日になりそうだ。

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。