孤独のグルメで紹介されていた餃子に酢コショウが美味しかったので是非やってみて!

タイトルですべて言いたいことは言っちゃった感じですけどね(笑)

餃子をお酢とコショウと、ときどきラー油のタレで食べると美味いんでオススメです!

ちなみにこの食べ方が話題になったのは1年以上前なので知ってる人からしたら、

「何をいまさら。ウチはとっくに餃子には酢コショウがスタンダードだよ!」

って感じですが、知らない人のためにおすそ分け!

きっかけは孤独のグルメ

10日前にkindle fireを買ってからというもの、ドラマや映画鑑賞に、読書と楽しませてもらってます。

そんな中で最近ハマってるのが『孤独のグルメ』

流行ってるのは知ってたけど、今まで一度も観たことがなかったので、これを機会に観てみる事に。

 

これ、ヤバイね。

 

『夜食テロ』の言葉の意味がようやく分かったわ(笑)

出てくる料理がまぁ美味そう!

そして、松重豊さん演じる井之頭五郎がまた美味そうに食べるんだ。

こんなん深夜に見せられたら、そりゃ腹減るよ!

派手な演出もなく、ただ美味そうな店を見つけてはそこで美味しそうにご飯を食べるというだけなのに、なんでこんなに魅力的なのか。

なんか知らんけど次から次へと観てしまう不思議な魅力のドラマです。

そんなドラマ「孤独のグルメ」season5の第10話で紹介されてたのが餃子をお酢とコショウで食べるというもの。

 

北村有起哉さん演じるお医者さんがいい声で言うんですよ。

 

「お酢とコショウとラー油をちょっとたらした餃子はとても美味しいらしいです」

 

なにそれ。

すげー気になる。

五郎さんなんか入院中に言われちゃったもんだから気になって眠れてなかったもんね(笑)

実際に餃子を酢コショウで食べてみた。

刺身には醤油くらいの感覚で、酢醤油(もしくはラー油を入れて)で食べてきた餃子をお酢とコショウだけで食べる。

いったいどんな味がするんだろう。

あの五郎さんに「こんな食べ方があったとは…。餃子道奥深し」と言わしめる美味さらしい。

ということで、

 

実際にやってみました。

 

近くのスーパーでいつも買ってる生餃子。

108円にしては割と美味い。

安いし量があるんで重宝してます。

差し水をして餃子を蒸らしてる間に、今回のポイントの酢コショウたれを用意。

茶色くないのがなんか変な感じ。

見た目はレモン塩っぽいですね^_^

酢は控えめに、コショウは多めがいいらしい。

そうこうしてる間に餃子が焼き上がりました。

若干羽根がついていい感じに焼けたんじゃない?

どんな味がするんだろう。

早速タレにつけていただきます。

 

…!

 

ほほう。こんな味か!

いつものタレだとつけすぎるとタレの味しかしなくなっちゃうけど、これだと餃子そのものの味を楽しめながら、それでいてお酢の酸味でさっぱりと食べられる!

コショウのピリッとした味と風味が効いていて美味い!

これはいい!

酢コショウのタレ、レギュラー入り決定!

いつもだったらお腹いっぱいの10個入り餃子もなんなく完食。

後ろの方には使わなかった餃子のたれが。

確かにコショウはたっぷり入れた方がいいですね!少ないとちょっと物足りないかも。

 

ジューシーで油っこい餃子のくどさを和らげて、さっぱりと食べさせる酢コショウ。

これはたくさん餃子を食べさせてしまうタレだ!要注意!(笑)

 

酢コショウで551蓬莱の餃子を食べたい!

酢コショウたれは普通の餃子でも十分おいしいけど、ジューシーで濃厚な餃子の方がより合いそう!

餃子自体が淡白な味だと、人によっては酢コショウではちょっとパンチが弱いと感じるかも?

となると551蓬莱の餃子を是非この酢コショウで食べてみたい。

この前は餃子は食べられなかったけど、焼売があれだけジューシーだったから餃子もきっとジューシーで美味いにちがいない。

ああ、もう想像しただけでお腹が…

 

餃子の楽しみ方は無限大

ちなみに本場の中国では餃子はお酢だけで食べるそう。

お酢といっても、僕らが普段使ってるような白い米酢じゃなく、香酢という黒酢。

なんでも普通の白いお酢とちがって、じんわりと深みがあり、風味が後まで残る濃厚な酸味なんだとか。

いつものお酢を香醋に変えて美味しく健康になろう。

今度餃子を食べるときはこちらも試してみたい!

焼く、蒸す、茹でるなど調理法の他に、つけるタレを何種類も知っていれば餃子の楽しみ方は無限大!

餃子道奥深し。

他にも餃子に合うタレがあるんだろか。

 

発見した人はぜひご一報を!

 

    ――つまらない日常を面白がろう。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です