センター試験前日にやってほしい!緊張をほぐし合格に役立つ予祝のススメ!

いよいよ明日からセンター試験ですね。

僕が受けた10年前と比べるといろんな事が変わっていると思うんですけど、たった一度の試験に向けてこれまで一生懸命やってきた学生さんの姿は変わらないと思うんですよね。

参考書読むの割と好きだったりします。

だから、まずこの1年、もしくはそれよりもっと長く、この試験に向けて勉強してきた皆さんに一言言わせてください。

 

『お疲れ様でした!』

 

そしてここまでがんばってきた皆さんの為に、試験合格に役立つ面白い話をさせてください!(自分でハードル上げてしまった笑)

ウソのようなホントの話。

 

とある俳優の話

むかしむかし、あるところに売れない俳優がいました。

俳優といっても彼には仕事がありませんでした。

ある日、ショボーンとした顔で実家に帰ると、その顔を見たお母さんが言いました。

「お前の背中には貧乏神がついてる」

その時の彼はそう言われても仕方ない顔をしていたのかもしれません。

そして、そのあとお母さんが驚きの一言。

 

「騙すぞ」

 

え?

どういうこと?

このお母さんまったく意味がわかりません(笑)

お母さんはこう続けます。

 

「『めでたいめでたい』って言ってお祝いしていたら貧乏神が勘違いしてどっかに行くかもしれん」と。

 

こうして母と息子の貧乏神を騙す為のお芝居が始まりました。

2人で「めでたいめでたい」と言って祝杯をあげながら、

お母さんは「映画が大ヒットしましたね〜。その時どうでしたか?」など芸能リポーターばりに彼にいろいろと質問してきます。

 

そんな貧乏神を騙すウソの祝杯を終えた後、彼が東京に戻り所属する事務所に行くと1通の封筒が。

 

なんとそれは映画のオファーでした。

そしてその映画が彼のデビュー作になり、なんとデビュー作でありながら日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞することになっちゃうんです!

 

その映画のタイトルは『幸福の黄色いハンカチ』

 

もしかしたら、もうお分かりの人もいるかもしれません。

 

そう、この売れない俳優というのは金八シリーズでも有名な『武田鉄矢』さん!

画像をクリックするとamazonにとんじゃいます。

貧乏神を騙そうとしたウソのお祝いが本当になってしまったそうです!

ちなみにこの事をお母さんに話したら、

「騙せたな!」

と喜んだそう(笑)

 

お花見の由来

話は変わって、

僕ら日本人が毎年春になったらやっているお花見。

あのお花見の由来って知ってますか?

ええ。ちゃんと由来があるんです。

ただのどんちゃん騒ぎじゃないですよ?

実はお花見というのは、秋にたくさんのお米が収穫出来るようにという想いも込めた前祝いなんだそう。

みんなでワイワイ楽しくお酒を飲んで、これからの収穫を予め祝っておく。

それがお花見の由来です。

 

この前祝いは『予祝』といって日本人が昔からやってきた願い事の叶え方なんだとか。

 

福を先に定しちゃう』から『予祝』

 

そう。武田鉄矢さんとそのお母さんがやっていたのも結果的に予祝になってたんですね!

(お母さんは知ってたのかな?それとも偶然?)

この予祝の効果を体験してる人はたくさんいるようで、ひすいこたろうさんの本でも紹介されてます(^-^)

実はこの予祝という言葉、この本で初めて知りました。(笑)

(他にもいろんな人たちの予祝の効果が書かれてます)

実践! 世界一ふざけた夢の叶え方

 

ミスターこと長嶋茂雄さんは試合の前にスポーツ新聞を買ってきて、自分で、

『長嶋サヨナラ本塁打』

と大きく見出しを書いて、

 

ソフトバンクの孫正義さんは新しいプロジェクトの前に

『プロジェクトが成功した!(ガッツポーズ)』

と喜んでたそう。

 

友達同士で前祝いしちゃおう!

ここまで来たら僕が何を言いたいかもうお分かりですよね(笑)

そう。

試験前の大事な時間だけど、1時間、もしくは30分でもいいんで友達で合格した前提で前祝いしてみませんか?

きっとみんなたくさん頑張って来た。

人事は尽くしたはずです。

あとは神様を味方につければもう合格間違いなし!

今までがんばってきた自分を労う意味でもジュースとお菓子でパーティーしちゃいましょう!

何がいいか迷うね(^^♪

こんな事なんてやってダメだったら恥ずかしいなんて事気にしないでも大丈夫!

 

実際やってみると最初はね、

「うわーバカな事してるなー自分」

ってバカバカしく思えてきて、それだけでもだんだん緊張がほぐれてくるんですよ(笑)

すると何だか楽しくなってきて、本当にそうなるんじゃないかってワクワクしてくるんです。

 

予祝のススメ

先に祝福すると、後から実際に叶ってしまうのが予祝。

みんなだったら、合格祝い。

あった!

「大学合格おめでとう!」

ってな感じでお互いを祝いあうと良いですね(^^♪

あとは夢が叶った前提でインタビューごっことかもいいそう。

 

たとえば、

「満点で合格したってすごいな!なんでそんな頭いいの?その秘訣は?」

みたいな感じで質問してあげます。

その時聞かれた人は、でっちあげでもいいからスグに答えるのがルール。

とっさのひらめきに、思いがけないヒントがあったりするそうですよ!

 

まとめ

もう人事を尽くした!

あとは天命を待ちましょう!

と言う事で今日はみんなでLet’s予祝!

 

今日の1曲

『No.1』/THE HIGH-LOWS

大学受験の時に何度も聞いた曲。

歌詞の中で何度も繰り返される『今度のがNo.1だろ』

僕は直前の模試までずっと合格D判定だったけど、この曲を聴きながら「次が、今度のがNo.1だろ」と思いながら試験に臨んだ結果、今までの最高得点で合格しました!

 

きっと明日のセンター試験が今まででNo.1なはず!

みんなの試験が上手くいくよう願っております!٩( ᐛ )و

 

出典:『実践! 世界一ふざけた夢の叶え方』(フォレスト出版)

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。