朝から幸せになれる贅沢なトースト。『くらしのきほん』のリコッタトーストも悪魔的な美味さ。

昨日の『雪見だいふくチーズトースト』に引き続き悪魔的な美味さのトーストが。

それが松浦弥太郎さんが運営する『くらしのきほん』で紹介されてる『リコッタトースト』

松浦さんがL.Aのカフェ「Sqirl」で食べたリコッタトーストを再現したそうなんですが、これがもう写真を見るからに美味しそう!

引用先クックパッド

さらに松浦さんいわく、

おやつと朝食の中間というか、そのおいしさは、今までいろいろあったいやなことが帳消しになるくらいでした。

だそう。

そこまで言われたら食べないわけには!

ということで今日も昨日に引き続きトーストづくり!

スポンサーリンク



作り方

材料 (2人分)
お好きなパン 1枚
リコッタチーズ 200g
生クリーム 80g
お好きなジャム 60g
バター 30g

『くらしのきほん』より引用

リコッタチーズが見つからなかったのでこちらのレシピを参考に自分で作ってみました。

意外と簡単に作れるもんなんだね。

温めた牛乳が、

こんな風になりました。

リコッタチーズが出来たところで、ようやく本題のリコッタトーストづくりへ。

まずは角がたつまで泡立てた生クリームとリコッタチーズを混ぜ合わせます。

混ぜるとこんな感じ。

そしてお次は、

バターを塗ったパンを両面焼きます。

そして、その焼いたパンにさっき混ぜ合わせたリコッタチーズクリームをこれでもかというくらい載せます。

その上にお好みのジャムをのせて完成!

おおー!これは美味そうだ!

いざ実食!

いざ、実食!

クリームがレアチーズケーキみたいに優しい甘さで、でもサッパリしてて美味しい!

それにブルーベリーの甘酸っぱさとバタートーストの塩っぱさが絶妙なハーモニー。

オシャレなカフェのモーニングみたい!

雪見だいふくチーズトーストに比べて軽いから、朝から食べてもアラサーの胃にも重くないしコーヒーとかと一緒に食べると贅沢な朝が楽しめますね!

作るのはちょっとだけで手間がかかるけど、その分幸せになれる美味しさなので興味ある方はぜひ(^^♪

詳しい作り方はこちらから。

 

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。