大阪の551蓬莱を初めて食べてみた。想像以上に美味すぎて感動!

2016年もあとわずか。

そんな年の瀬にすごいものと出会いました。

 

一体今まで食べてきた焼売はなんだったのか。

 

そう思うくらい美味かった、551蓬莱の焼売。

Photos: 551蓬莱の焼売2

1日目の仕事が終わって、2日目の日中はフリーだったのでホステルでのんびりしてると社長がお昼ご飯にみんなの分を買ってきてくれました!

豚まんと焼売とエビ焼売。

→豚まん

→焼売

→エビ焼売

焼売ってコロコロ小さいイメージだけど、551蓬莱の焼売は割と大きくて肉厚。

エビ焼売がよく見る普通の焼売の大きさくらい。

豚まんも普通のやつより気持ち大き目な感じ。

 

人生初の551蓬莱

いざ実食!

 

エビ焼売はエビがプリッとしてて美味い!

よくあるエビ入りってエビがモソモソしててあんまり美味しくないけど、551蓬莱のエビはプリッとしてみずみずしい!

そんなエビがゴロゴロとたっぷり入ってる!これは美味い。

 

そして焼売。これがビックリ!

むっちりとして、肉厚!

ジューシーで1個でも結構なボリュームです!

友達が「焼売といえば崎陽軒。自分からしたら焼売と言えば551蓬莱だよ」と言ってたけど本当にその通り!

 

そして豚まん。

これも美味かった!

皮は柔らかすぎずもっちりと弾力があって、中の肉餡からは肉汁たっぷり、玉ねぎの甘さ。

これはヤバい。

付いてきたカラシをつけるとなおよし!

大阪の名物と言えば粉もん、串カツ…だけじゃない!

さすが天下の台所、大阪。

大阪の名物といえばたこ焼き、お好み焼きなどの粉もん、串カツが強いイメージ。

551蓬莱の噂は聞いてはいたけど、ここまで美味いとは!

今まで見逃してた!

価格もお手頃なのがいいね。

大阪に行く機会がある人は是非とも551蓬莱の焼売を食べてほしい!

今までの食べてきた焼売は一体何だったんだってくらい美味しいから!

もちろん豚まん、エビ焼売もオススメ!

 

551蓬莱の豚まんが大阪以外でも食べられるらしい!

これだけ美味い551蓬莱の豚まん。

でも実は地元への愛味へのこだわりから関東への出店はないらしい。

この美味しい豚まんを食べるためにはやっぱり大阪まで行かないといけないのね。。(´Д⊂グスン

でも人気になってきたら全国展開しそうなものを地元でしっかりと守ってるのは素敵!

だから関東への出店はないけど、出張販売はあるみたい!

 

2017年関東への出店情報

2017年には、

で実演販売するそうです!

なんでも本場の味を再現するために生地をつくるためのミキサーを持参して全国を旅回るそう。もうその味に対するこだわりには頭が下がります(^^;

通信販売も!

そして近くに551蓬莱のお店がない、実演販売も来ないという人は通信販売でその味が楽しめるそう!

通信販売だけの限定デザートもあるそうなのでそちらも要チェック!

味にはこだわる、けど「食べたいなら大阪来てや!」とふんぞり返ってるわけではなく、全国でも食べれるように通信販売までしてるその人間性にもう惚れました(^^♪

早速チルドも買って帰りました!

蒸し加減はさすがにアレですが、これでも十分美味い!!

家に帰っても551が楽しめる!

なんて幸せ!

一番うまいのは現地で出来立てを!

もちろんオススメは現地で出来立てを食べる事!

これに勝るものはないと思います!

ぜひとも大阪に行くことがあれば551蓬莱の豚まん、そして焼売!食べてみてください!

 

追伸。

すっかりファンになってしまって、帰りに新大阪の駅でも買って行きました!

本当にその場で作ってた!

そりゃ美味いはずだ!

 

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。