午前中に売切!全国で人気No.1の駅弁『牛肉どまん中』はまさしくど真ん中を行く王道のうまさ!

今年も残すところあと2日。

皆さんいかがお過ごしですか?

 

俺は昨日で年内の舞台稽古もバイトも終わって、

いよいよ2016年最後の大仕事のために大阪に来ています!

ホテルの近くにある日本一高いビル、あべのハルカス。初めてみた。

今回、大阪への移動は人生で2回目の新幹線!

なかなか乗る機会ないんで子供のようにワクワクしてしまいました(笑)

帰省ラッシュなのか東京駅には人がたくさん。

いざ大阪へ!

すぐ掃除できるよう清掃員さんが待機してるんですね。カッコイイ。

ほっほーい!

 

東京駅から新大阪駅まで約2時間半の旅。

なかなかない鉄道の旅をせっかくだから楽しみたいなと思って、今回はかねてから気になってた駅弁を食べることに!

テレビでもよく紹介されているその弁当は人気のあまり午前中で完売してしまうんだとか。

その名も新杵屋の『牛肉どまん中』

全国駅弁No.1の牛肉どまん中!

山形新幹線の開業にあわせて作られたというこの「牛肉どまん中」ですが、この弁当、先ほども書いた通り人気過ぎて東京駅での駅弁屋「祭」では午前中で売り切れてしまうんだとか。

まるで「毎日が駅弁祭り」のような華やかで活気溢れる駅弁専門店「祭」

早めに売り切れてしまうということで、

事前に調査したらなんと関東圏では東京駅のほかに上野駅新宿駅とそして我がホームタウン大宮駅でも販売してるとのこと!

新杵屋(しんきねや)の牛肉どまん中。税込み1250円。

ということで東京駅に向かう途中、最寄りの大宮駅で買うことに。

時間は10時でしたが数には全然余裕がありました(^^♪

もしかしたら地方のエキナカの方が競争率は低いのかもしれないですね!

フタを開けると、なんともシンプルな作りのお弁当。

でもそれが逆に高級感を感じるというか洗練された感じがいい!

牛肉の煮込みと牛そぼろがご飯の上にたっぷりと!

付け合わせには里芋、人参の煮物と昆布巻き。

シンプルな見た目だけどおいしそう!

それではいただきます!

う、美味い!

弁当を温められなくて冷たいまま食べたんだけど肉は柔らかいし、

この甘辛く味付けした牛肉がまたご飯とよく合う!

箸がどんどん進みます。

そして、牛肉とそぼろの2種類の食感の違いも楽しめるのもまたいい!

あっという間に完食!

美味い!美味かった!

これは名前の通り、直球どまん中ストライク。

小細工なし、味で勝負の素晴らしい弁当だった!

ただ個人的には温めて食べたかったなぁとも。

そのままでも美味いけど、レンジで1分くらいチンしたら絶対美味そう。

今度は電車の中じゃなく家で食べたいな!

お客さんのためにこだわりぬいた駅弁。

ところで、この「どまん中」という名前の由来は味で勝負の直球どまん中ではなく、「どまんなか」というブランドのお米を使ってるからです。

じゃあ他の山形のお米、たとえばつや姫とかを使ってたら「牛肉つや姫」?

うーん。いまいち(笑)

ちなみに「どまんなか」を選んだのは冷めても美味しく、牛肉と一緒に食べた時の味わいが良かったからだそう。

他にも牛肉を2度煮て余計な脂を減らしたり、牛肉を食べやすいサイズにカットしたりとお客さんのためのこだわりがあちこちに。

 

そう思うと、直球勝負のどまん中というのもあながちハズレではない?

ぜひ一度食べて欲しい!

1200円あれば吉野家の牛丼が3杯は食べられるけど、駅弁には味だけじゃなくてワクワクする何かがあるよね。

この「牛肉どまん中」美味しいんで、もし興味がある人はぜひ!

他にも塩味やみそ味とか、海鮮どまん中、鰻どまん中なんてのもあるらしいけど、関東に売ってるのかなぁ?

あるならぜひ食べてみたい!

 

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。