食パン1斤まるまる使ったカフェ呂久呂の「カレージャンボトースト」をつくってみた。

ラーメンと並んで日本人の国民食といっても過言じゃないくらい人気なカレーライス。

家でも、学校の給食でも、レストランでも食べられるくらい身近な料理だけど、

家には家の、レストランにはレストランのそれぞれ味があってそれもまた魅力ですよね。

ちなみにボクの家は毎週金曜日カレーでした。

そんなカレーだけどカレーそのものにこだわることは多くても、器にこだわることはあまりなくないですか?ということで今回は器にこだわった変わったカレーをつくってみました!

その名も食パン1斤をまるまる器にした『カレージャンボトースト!』

きっかけはこのツイート。

偶然、見つけた東京別視点ガイドのこのツイート。

東京別視点ガイド知らない人はこちら。

めちゃめちゃ美味そうじゃないですか?!

でも場所は千葉。カレーを食べに行くだけにしてはなかなかに遠い距離。

交通費に食費もとなると結構なお値段がするな。。

じゃあ自分で作るしかないでしょう!

それでこそてみたーず。だろう!ということで今回はカフェ呂久呂のカレージャンボトーストをつくってみることに。

スポンサーリンク

食材調達

というわけで仕事の帰り道にエキナカにあるパン屋で今回のポイントである食パン探し!

img_7293

発芽パンと普通の食パンの2種類がありました。発芽パンの方が30円くらい高い…。

img_7294

少しでも安い方がいいんで今回は普通の食パンを1斤購入することに。

人生で初めて食パンを斤単位で買いました(笑)

うちのアメも初めて見る大きい食パンに興味津々。

img_7296

くんくん匂いを嗅いでます。そして下のハレの顔(笑)

作ってみた。

 

今回の主役はあくまで食パンなので、カレーはちゃっちゃと作ります。

img_7297

大好きな金麦を飲みながら、

img_7298

昨日録画したフリースタイルダンジョンを見ながら切った野菜と肉やカレールーを全部鍋に放り込んで、完成。じゃがいもが大好きなんでじゃがいも多めのカレーです。

img_7352

いよいよメインの食パンカット。

カレーが出来たので、いよいよメインイベントの食パンカット。

カレーを入れられるように食パンの中身をくりぬいていきます。

まずはパン切り包丁で切り込みを入れて、
img_7321

底に穴が開かないようにくりぬきます。

img_7331

上手く切り込みを入れられたのか、ごっそりとれました(笑)

これでとりあえずパンの器が完成。

img_7332

くりぬいたパンの中身は後でカレーと一緒に中に入れるので取っておきます。

img_7333

せっかくなんでこんがりと焼いてみました。

img_7334

器の方のパンも焼いた方がパリッとして、カレーが染みないかなと思い焼くことに。

img_7336

その間にテーブルセッティング。

img_7335

その間にレンジに入れたパンが焼きあがりました!周りはこんがり焼けたけど、肝心の底は白いまま。あれ?大丈夫?(笑)

img_7337

これ以上焼くと底よりも前にふちの方が黒焦げになりそうなので、

ここにさっきくりぬいたパンの中身を入れていきます。

img_7340

そしてここにさっきつくったカレーをイン!イン!イン!

img_7343

おー!なんかおいしそう!カレーが漏れてる様子もないし、成功でいいんじゃないでしょうか!

img_7342

カレージャンボトースト、完成です!

いざ実食!

image

まずは本家の説明にもあったフォークでカレーの下に隠れたパン探し。

おー!確かにカレーフォンデュみたい!
img_7344

おー!なんか面白い!そしてパンとカレーの相性もグッド👍

楽しさと美味しさで食がどんどん進みます(^◇^)

そのままどんどん食べ進めていってカレーが半分になった頃にはパンがなくなりました。

img_7345

カレーはまだ半分残ってるのに、主食のパンがなくなってしまった。。

なんて心配は無用。

主食なら目の前にあるではないか!ここからがこのカレーの真骨頂!

img_7347

今まで器だったパンが、今度はごはんに。

器をちぎってカレーにつけて食べることなんて今までないから楽しい(笑)

img_7349

どんどん形が崩れていく食パンの器。

中にまだ残ってるカレーをこぼれないようにバランスよーく食べていかないと。

img_7351

完食!あとには皿とフォークしか残りません。いやー美味しかった!

 

やってみた感想

やってみたら思ったより簡単でした!食パン切って、そこにカレー入れるだけだからすぐ出来る!

食パンにカレーを入れたら染み出るかなと心配だったんだけど、パンがちゃんとした厚みがあるんで全然問題なし!つくってる時から食べ終わるまでずっと楽しかったです。

この写真を知り合いに見せたら、その人はカレーじゃなくてカルボナーラソースでやるそう!

それも美味そう!今度やってみよう( ..)φメモメモ

あと食パン1斤は想像以上に重かった。途中からお腹一杯で「うっぷ」ってなってました…。

冷静に考えて6枚切りとかの食パン1袋まるまる食べるとの一緒なんだから、そりゃそうだ(笑)

食パン1斤924~1188kcalあるそうで、それにカレーもプラスすると相当なカロリーを摂取してしまったので明日は久々に運動をしようと思います(^^;

今回かかった費用

  • 食パン1斤 360円
  • カレー1食分 230円

合計 590円

カレーは大量に作ったので1食あたりの金額で計算しました。

一番かかったのは食パン代ですが、実際に行くのを考えると2500円くらいおトクに出来ました!

それにたまにはいいよね(^^♪

 

今回は自分で作りましたが、本家のカレートーストめちゃめちゃ美味そうなんだよねぇ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-12-18-51

呂久呂サイトよりhttp://rokuro.cafe/menu/

今回作ってみたけど本家のカレージャンボトーストはどうなんだろう?

いろいろ工夫があるのかな?それとも食材を相当吟味してるのかな?

機会あれば行ってみたい。『カフェギャラリー呂久呂』チャンスとお金がある人はぜひ!

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。