おばちゃんと若者の相合傘に朝から心がほっこりしました。

今朝、出勤途中に見た一コマが素敵だったのでお裾分け。

 

バス停でおばちゃんと20代前半の男性の2人がバスを待ってたんですけど、そこに雨がパラパラ降ってきたんです。

イメージ

イメージ

男性は傘を持ってなかったけど、小雨だったからどこか軒下に入ることなく、その場で濡れていました。

そしたらそこに傘を持ってたおばちゃんがその男性に自分の持ってる傘をさしてあげた。

遠慮する男性におばちゃんは「遠慮しないで」と言ったかは分からないけど、そんな素振りで傘を差し続けたんです。

自分より20センチくらい背の高い男性に。

7a15a33359d8f43405b30089e0a13c0b_s

すると、男性はじゃあ「ボクが持ちますよ」と言っておばちゃんの傘を持とうとした。

今度はおばちゃんが遠慮する番。

でも同じように「大丈夫です。持ちますよ」と言って男性が傘を持って2人で一つの傘をさしながらバスを待ってました。

イメージ

朝からこんな光景を見て、すごい心がほっこりしました。

バスが来たあと、あの2人は一体どうなったんだろう?

バスの中でも会話したのかな?それともバスに乗ったら別々になったのかな?

どちらにせよ、あの瞬間はお互いがお互いを気遣ったとても素敵な時間で、通りすがりに見たボクも心温まった光景でした。

 

スポンサーリンク



おばちゃんの軽やかな優しさ

obasan4

本当すごいなぁと思ったのがおばちゃんの軽やかな優しさ。

おばちゃんゆえなのか、相手との間の壁なんてまるでないかのようにひょいと飛び越えるおばちゃん。

すごいなぁとただただ尊敬。見習おうと思いました。

 

多分ボクだとどう思われるかを気にしてアタフタしているうちにバスが来て自己嫌悪に陥りそう(笑)

思ったらスッと行動できるおばちゃんの軽やかさに感動。

多分おばちゃんには自分がどう思われるかなんてどうでもよくて、大切なことしか見えてないんでしょうね。

 

優しさを受けとる姿勢

204898

たいして男性の好意を受け取る姿勢もすごい素敵だなと思ったんですよね。

遠慮をしてお断りするでもなく、ただ受け入れるでもない。

しっかりと相手の好意を受け入れた上で、「じゃあ今度はボクが」という感じで好意のお返しをすぐ出来たのがすごいなと思って。多分彼はモテるでしょうね(ボクの勝手な想像だけど笑)

「遠慮」ってのいうのも素敵なことだけど、相手の差し出してくれた好意を素直に受けとることも同じくらい素敵なことだと思うんですよ。

それに時と場合によっては「遠慮」には自分を卑下する気持ちも混じってそうな気がします。

「そんな自分なんかに…」みたいな。

だから、しっかりと受け取れる人って魅力的だし自分をしっかり持ってる、そんな感じがします。

差し出す優しさもあれば受け取る優しさもある。

 

差し出すのも受け取るのも優しさ

5413a734e612c4325c05b9f5d28291c7_s

みんながこんな風にお互いに接することが出来たらもっと生きやすいのにねぇ、とそんな事を思ったり。

でも、もしボクがあの場にいたとして、おばちゃんのやった事と同じことが出来るかと言われたら出来たんですかねぇ(^^;

出来るように心がけていきましょ。そんな事を思った今日の朝でした。

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。