知ってましたか?1日に使える集中力の量って決まってるらしいですよ。

女子レスリング3階級制覇!そして男子卓球銀メダル!おめでとうございます!

いやー朝から大興奮でした!

そんな今日は脳の働きを上手く使って集中力をアップさせる方法をお裾分けです!

集中力がない人へ朗報。

ブログを書こうと思ってパソコンを開いたのに、

気付いたらネットサーフィンしてて時間だけが過ぎていた…

ということがよくあるボクです。

 

集中力。これを自在に使えるスイッチがあればどんなにいいことか。

やる気スイッチ、キミのはどこにあるんだろう。

今日中に仕上げないといけないのにどうにも仕事に集中できない、

勉強しなきゃいけないのに、どうしてもスマホをいじっちゃうんだよなぁ。

とか集中力がない状態っていうのは日常でもよくあることだと思います。

 

そんな集中力がなくて困っている皆さんに1つ、良いお知らせが。

それ、あなた自身が悪いんじゃなくて脳の使い方が下手なだけみたいですよ?

 

実は人が1日に使える集中力の量は決まっているらしいんです。

それを上手に使えば誰でも集中力をコントロールできるんですよ。

 

集中力の源、ウィルパワー。

正確には集中力を発揮するのに必要なエネルギーの量が決まっているんですが、

このエネルギー、その名を「ウィルパワー」と言います。

 

ドラクエで言うと魔法を使うと減っていく「MP」

パズドラで言えばダンジョンに挑むために必要な「スタミナ」

みたいなもの。

集中力を使うとこのウィルパワーは減って、1日たてば回復します。

肝心な時にMPが足りないと困るんですよね。

 

ウィルパワーの大きな特徴

さっきも例えたドラクエの場合、

ダメージを食らったら減るHP(体力)と魔法を使うと減るMP(魔力)はそれぞれ別モノです。

だけど、集中力の源であるウィルパワーは、出どころが1つしかありません。

ウィルパワーは前頭葉から出ます。

ウィルパワーは前頭葉から出ます。

だから仕事で「企画書をまとめる」のと、趣味の「プラモをつくる」のに使った集中力。

それぞれが同じところから出ているんです。

つまりは仕事、プライベート関係なく集中力は使えば減っていくということ。

 

ウィルパワーは些細なことで減っていく

集中と聞くと、黙々と机で仕事や勉強をしたりと作業に没頭している姿を思い浮かべますが、

このウィルパワーは日常的な生活の中で何かを選んだり、決断するときに消費します

 

たとえば、

  • 今日着る服を何にするか悩む
  • ダイエットで甘いものを我慢する

などなど「なにかをやる」「なにかをやらない」「なにかをのぞむ」という時にウィルパワーをつかっているんです。

今日は何を着ていこうか。

だから、よく言われる「集中力がない」は正しくは、

「集中力を無駄遣いして、いざ使うべき時に残ってない」という状態なんですよ。

 

じゃあどうしたらいいのか?

1日に使える量が決まっているウィルパワーを上手く使っていくしかありません。

気付いたら空っぽなんてことがないようにね。

気付いたら空っぽなんてことがないようにね。

ウィルパワーを鍛える方法

ウィルパワーを鍛える方法は2つあります。

  1. ウィルパワーを節約する。
  2. ウィルパワーの量を増やす。

こう考えると、お金にも似てますね。

節約したり、増やしたり。

1.ウィルパワーを節約する。

「なにかをやる」「なにかをやらない」など選んで決断することで減っていくウィルパワー。

迷う時間が増えると使うウィルパワーもどんどん増えていきます。

だから問題の先送りが一番ウィルパワーを使います。

選択肢が多いと迷っちゃう。

ウィルパワーを節約するためには決断を早くする、これが大切です。

即断即決できる仕組みをつくっておくことです。

 

たとえばfacebookのCEOのマーク・ザッカバーグはいつも同じ服だそう。

というのも仕事で大事なことを決断しなきゃいけないんで、

他のことでウィルパワーを無駄遣いしないようにしてるんですね。

まいにち白シャツ。

服を毎日同じものを着ろとは言わないけど、

これにはこだわるけど、これにはこだわらない。

そんな感じで自分の中である程度の基準を決めておくといいかもしれないですね。

毎日のランチだけにはこだわる!とか

ファッションは曜日によって1アイテムだけ決めておくとか。

食事にこだわる事は大事ですよ。

ちなみにボクも服は決まりきったパターンの服をローテーションで着ています。

べ、別に服が買えないからとかじゃないですよ?笑

 

2.ウィルパワーを増やす。

1日に使えるウィルパワーは決まってますが、その量を増やすことができます。

その方法は、

普段、無意識にやっていることを「やめてみる」もしくは「変えてみる」

ということ。

 

簡単にできることだと、姿勢を正す、足を組むのをやめる、利き手とは逆の手でドアを開ける、とか。

5968ec8c9cca11bc9c33e4ff610f00b8_s

背筋ピーン。

いつも無意識にやっていることを意識的に変えるには結構な集中力を必要とします。

これを繰り返すことでウィルパワーの量が上がっていくんだとか。筋トレと同じ要領ですね。

ちなみにこの姿勢を維持するのにもかなりの集中力を要します。

 

集中力を上手くコントロールできると、

仕事、運動、勉強などの効率が上がって、人生が上手く回りだします。

 

デキる男になるためにボクもできることから始めてみようかな?

まずはウィルパワーの節約ということで、

どう返信しようか困って既読スルーしてたLINEの返信を今からしたいと思います。

 

 

【出典】

『自分を操る超集中力』Daigo著(かんき出版)

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。