毎日が退屈な人はライフログを書くのがオススメ。

ライフログ

知らない人のために説明すると、

LIFE(人生)」と「LOG(記録)」のふたつを合わせた言葉で、

文字通り人生の記録をとることを言います。

このライフログをボクは5年間書き続けているんですが、

毎日の生活が退屈だと感じている人ほどこのライフログを始めてみることをオススメしますよ!

その理由は2つあります。

書くことで記録が目に見えるカタチで残る

 

ライフログを始めると今日という日を紙の上でもう1度楽しめます。

まるで自分がテーマの雑誌の編集長をやっているような気分で、

今日を手帳に残していくのが楽しいんですよ。

 

今日あったこと、思ったことを雑誌のトピックスにして、

こういうレイアウトにしようとか、

人によっては写真やイラストを入れたり、

1日1ページ、人によっては数ページもしくは数行だったり。

誰かに見せるわけでもないので好きなように、

「週刊〇〇(自分の名前)」という雑誌をつくるんです。

image

早起きしてパン屋に行った日のライフログ。

そしてこれがたまってくると、

今度は世界に1つしかない自分だけの本が出来上がるわけですよ。

これがまた楽しいんです。

image
image

トラベラーズノート10周年展にて。 見ているだけで楽しくなってきます。

1年前の今日、自分が何をやっていたのかとか、

何を考え、何で悩んでいたのかとかが分かるんです。

1年前の自分と今の自分を比べて成長を喜んだり、

もっと頑張ろうと昔の自分に喝をいれられたり。

 

これは毎日書いていないと味わえない、お金じゃ買えない楽しみです。

image

5年分のノート。

image

高さを比べてみました。

 

何もない日がなくなる。

もう一つはライフログを書くことが楽しくなると何もない日がなくなります。

というのも手帳を埋めるのが楽しくなるので何も書くことがないというのは困るんですよ。

特に高い手帳を買ったりなんかしたら、使わなきゃもったいない。

だから、書くために自然と何かしたくなる。

何かできなくても書くための面白い「なにか」を日常から探してしまうんです。

 

何もなかったと思う日でも探してみれば、

必ず3つくらいは「良いこと」「面白いこと」ってあるもの。

そんな今まで見逃していた「楽しいこと」に敏感になるのもライフログの魅力です。

 

日常で常にネタを探すあたり、ブログに似ているかもしれませんね!

 

ルールは自由。

日記が続かない人でも大丈夫です。

ルールは自分で決めるんです。ライフログは自由ですから。

好きな事を好きなように残せばいい。

思いついた言葉、感じたことたった1行だけでもいい。

文字じゃなくて絵を書いてもいい。

今日買い物したレシートを貼り付けるだけでもいい。

今日撮ったお気に入りの写真を貼り付けるだけでもいい。

 

極端な話、書かない日があってもいい。

その日の自分がどうだったのか?を残せばそれはライフログです。

1日の終わりにゆったりとライフログを書く、

そんなゆったりとした時間があってもいいと思います!

 

スマホでももちろん書けますが出来ればアナログの方がいいですね。

内容以外に書いた文字にその時のアナタの気持ちが乗っかるんで、

あとから見たときにその時の気持ちも楽しめますよ。

image

5年前のノート。これを開けば5年前の自分に会えます。

もし興味が出てきたら始めてみてください(^^♪

   

スポンサーリンク


シェア・読者登録・コメントいつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。