トラベラーズノートは書きづらい?測量野帳を使ったらその問題は解決しました!

スポンサーリンク

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

トラベラーズノートは立って書くにはちょっと不向き

ボクは何か気になることや感じたことがあったらすぐにメモが取れるように、

パスポートサイズをいつもポケットに入れて持ち歩いてます。

ポケットに入れてもかさばらないし、さっと取り出してすぐ書ける。

image

ホントに大好きなパスポートサイズなんですが、個人的にもっと良ければいいなあと思う点が2つ。

それが手にもって書く時に『カバーが曲がって書きづらい事』『使い終わったリフィルの保管』

革カバーが柔らかいのと、リフィル自体もシンプルなつくりなんで、立って書くにはちょっと使いづらい。

それとレギュラーサイズにはリフィル保管用のバインダーがあるんですけど、パスポートサイズにはそれがないんで使い切ったリフィルの保管に困る。一応こんなことも試してはみたけど、あまり定着せず。

モレスキンのあのハードカバーの安心感に惹かれて挑戦したこともあったんですけど、なんか自分には合わなくてモレスキンを断念。

好きなんだけど、値段を思うと気軽に使えないんですよね。

トラベラーズノートを使いたい、けどこの書きづらさも解消したい。

ということで考えたのが、測量野帳をパスポートサイズにカットしてリフィルとして活用すること。

image

測量野帳をパスポートパスポートサイズにカット

このハードカバーが魅力の測量野帳。

1冊216円ですが、Amazonでまとめ買いすると60円くらい安くで買えます。そうすると純正リフィルよりも約100円安い。

この測量野帳をカットしてトラベラーズノートパスポートサイズにすれば値段は安いしハードカバーで使い勝手がいいんじゃないかと思いまして、

image

パスポートサイズのリフィルのB7サイズに合わせてカットしてみました。

image

カットすると断面が汚くなってしまうので、製本テープ代わりにマステを貼ってみました。

image

ちょっと不格好だけど、とりあえずサイズはバッチリ。

モレスキンとトラベラーズノートの両方のいいとこどり。

早速、他のリフィルと合わせて挟んでみましたが、結構いい感じ。

image

純正リフィルより安いので失敗してもいいやと試してみると、これが結構使いやすい。

純正リフィルと合わせて使っても、測量野帳のハードカバーが下敷き替わりになるので、立って書いても抜群の安定感。

トラベラーズノートとモレスキンの間をいくような使い心地です。

image

ロフト限定の測量野帳もカットしてみました。良い感じ(^^♪

トラベラーズノートを立っても書けるように使いたい方にオススメです。

 

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチブック 40枚 10冊セット セ-Y3

スポンサーリンク

この記事が気にいったらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

よざっち

神奈川生まれ、沖縄育ちの28歳。
中学・高校時代は卓球部で汗を流し、大学時代は演劇サークルでミュージカルに熱中していました。

それがきっかけで大学を卒業後、役者を目指して上京。
今はイベントスタッフと書店員の仕事で生計を立てながら、役者を目指しています。

演劇以外にトラベラーズノートやほぼ日手帳などの手帳も大好きです。